LINEの公式アカウント活用法:ニュース・天気予報・通訳(翻訳)botなどの使い方

2013-06-03 22:18

LINE

LINEでは友だちだけでなく、ニュースや天気予報、有名人、企業など「公式アカウント」ともトークが可能。やりとりするというより、役立つ情報をトークを通して提供してくれる。ここでは、ニュースや天気予報から翻訳に至るまで、主にbotと呼ばれる便利な公式アカウントの活用法を紹介する。


ニュースや天気予報などの情報を受け取る

LINEの「公式アカウント」には、トークを通して自動的にこちらに情報を送ってきたり、問いかけなどに自動返信してくれる、便利なbot(ボット)プログラムを備えているアカウントがある。ニュースや天気予報を配信するアカウントのほか、クーポンやシークレットセール、放射能情報など、様々なbotが用意されている。

いずれも「友だち」として追加するだけで利用開始でき、使い方もほぼ同じ。ここでは「LINEお天気」のアカウントを例に、配信開始から自動配信終了までの流れを解説する。

公式アカウントを友だち追加して受信開始する方法

LINE

メインメニューにある[その他]をタップし、[公式アカウント]をタップする。

LINE

ニュースや天気予報、翻訳などの便利アカウントは、公式アカウント一覧画面の最下部「便利/ニュース」というカテゴリにある。

ここでは「LINEお天気」を選び、[追加]ボタンをタップ。

LINE

次に、メインメニューから[トーク]を開く。

「LINEお天気」が話しかけてきているトークが追加されているので、これをタップします。

LINE

「LINE天気」とのトークルームが表示される。

どのアカウントも操作方法を指示してくれるので、基本的にはそれに従えばよい。

ここでは、今日の天気を調べてみる。天気を知りたい地名(例:東京)を入力し[送信]をタップ。

LINE

このような形で、送信した地名の天気を「LINE天気」が知らせてくれる。

公式アカウントの自動配信を終了する方法

必要なくなった公式アカウントはブロックするか、アラート配信を終了すればよい。

LINE

まず「LINEお天気」とのトークルームを表示する。

「取消」と入力して[送信]をタップ。

LINE

LINEお天気のメッセージを確認し、取り消したい配信の番号を入力して[送信]をタップ。

これで、自動配信は終了する。

LINE

公式botの操作方法を覚えるのが面倒な人、または忘れた人は「ヘルプ」と入力・送信しよう。

すると、設定方法などを返信してくるので、メッセージを参考に操作を続けることができる。

「ヘルプ」入力は、多くの公式botの操作に共通して使えるので、覚えておくと便利だ。

もっと知りたい方は、アプリオ編集部執筆のLINE本

通訳アカウントを活用して外国語を翻訳する

トークで日本語を入力すれば外国語に、相手が外国語でメッセージを送ってきたら日本語に訳してくれる――。外国語を話す友だちとやりとりする場合、心強い味方になるのが通訳アカウントだ。海外の友だちがいなくても、語学学習や旅先の会話などに役立てることもできる。

通訳アカウントは、大きく二つのパターンで使える。一つは、通訳アカウントとの1対1のトークの中で、自分の日本語メッセージを通訳アカウントに外国語訳させ、翻訳ソフト代わりに用いるパターン。もう一つは、外国語を使う相手とのトークの中に通訳アカウントを追加し、相手のメッセージは日本語に、自分のメッセージは外国語へとリアルタイム翻訳させて利用するパターンだ。

上手に翻訳させるポイントは、きちんとした日本語でシンプルに入力すること。現在、英語、中国語、韓国語の通訳アカウントが用意されている。

通訳アカウントを追加して日本語を外国語に翻訳させる方法

LINE

メインメニューにある[その他]から、[公式アカウント]と進む。

公式アカウントの一覧の最下部に、通訳アカウントが用意されている。ここでは例として「LINE英語通訳」を利用する。

[追加]ボタンをタップして、まずアカウントを友だちに追加しよう。

LINE

メイン画面のメニューにある[友だち]または[トーク]をタップした画面から、新たに追加されている「LINE英語通訳」を選んでトークルームへ。

LINE

翻訳したい文章を入力し[送信]をタップ。

なるべく主語や述語、目的語を明確に、かつ長文にならないように文章を切るのがうまく訳させるポイント。

LINE

送信した日本語を、「LINE英語通訳」が英訳して返信してくる。

LINE

訳文はロングタップするとコピーでき、他のトークルームやメールなどに貼り付けて使える。

また、英語→日本語の翻訳も同様に行える。

通訳アカウントを加えたトークでリアルタイム翻訳させる方法

LINE

「複数人トーク」の方法と同じ要領で、トークしたい相手と通訳アカウントを含めた複数人トークを作成する。

LINE

通訳アカウントの参加した複数人トークが始まるので、日本語メッセージを入力し[送信]をタップする。

LINE

送信したメッセージが外国語訳(この場合、英訳)される。

反対に、相手が外国語(英語)で送信してきたメッセージも、通訳アカウントが日本語訳してくれる。

LINE

通訳アカウントがいると、当然トークルーム内の投稿量が倍増する。

もし通訳アカウントが邪魔になった時には、「@bye」と送信するとトークから退出させることが可能だ。

もっと知りたい方は、アプリオ編集部執筆のLINE本