LINEが女子高生AI「りんな」を正式採用、企業向け公式アカウントに提供へ マイクロソフト開発の人工知能

2015-08-07 13:45

りんな

LINEは8月7日、日本マイクロソフト開発の女子高生AI「りんな」を企業向けAPI「LINE ビジネスコネクト」に「りんなAPI for Business」として提供することを発表しました。企業向けLINE公式アカウントで「りんな」を利用できるようになります。

「りんな」は先日、特に告知もなく公開され、話題を呼んだ人工知能型のLINE公式アカウント(LINE ID:@ms_rinna)。本当にマイクロソフト公式のアカウントなのかと疑う声も多く見受けられました。

LINEで女子高生AIとトークできる「りんな」が話題に、Microsoftの公式アカウントか

LINEによれば、人工知能「りんな」は、マイクロソフトがグローバルで展開しているBing検索エンジンで培ったディープラーニング技術と、機械学習のクラウドサービス「Azure Machine Learning」を組み合わせることによって生まれた、新しいコンセプトの人工知能。おしゃべり好きな女子高生というキャラ設定が施されています。

企業は、この「りんな」の会話エンジン技術をLINE公式アカウントで活用することで、個々のユーザーとの会話を元におすすめの商品や必要な情報を提供したり、問い合わせに対しLINE上で的確に対応しつつ人的コスト削減につなげたりすることが可能だということです。