インディーズにも開放、DeNA「マンガボックス」に誰でも自作マンガを公開できる機能

2014-03-28 16:04
記事タイトルとURLをコピーする

マンガボックス インディーズ

DeNAは28日、300万ダウンロードを超えるマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」において、誰でも自身のマンガを投稿し公開できるサービス「マンガボックス インディーズ」の運用を開始した。iPhone、iPad用アプリのみに対応する。

賞金付きランキングイベントも

「マンガボックス インディーズ」は、作者がオリジナルマンガを投稿し、マンガボックスを経由して公開できるというもの。3月28日から作品の投稿を受け付け、4月上旬からマンガボックス内に設置される[マンガボックス インディーズ]のページに順次掲載される。

マンガボックス インディーズ

投稿はオリジナル作品に限るが、発表済み作品でも著作権が作者に帰属する場合は可能。ジャンルやページ数も問わないが、R18描写、二次創作の作品は禁止となっている。投稿方法は、PC向け専用サイトから行う。

サービス開始と同時に、投稿作品を読者からの評価をもとにランキングし上位3作品に賞金を授与する「マンガボックス インディーズリーグ」も開催。賞金は1位100万円、2位50万円、3位30万円となるほか、上位30作品の作者については「マンガボックス」に連載を依頼する候補者として検討するという。