機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法【iPhone/Android/PC対応】

2017-06-02 17:24

機種変更時にLINEのトーク履歴を引き継ぎ、元通りに復元する方法【iPhone/Android対応】

スマホを機種変更した際、LINEのアカウント(友だちや購入スタンプなど)は比較的簡単に引き継いで移行できますが、トーク履歴の引き継ぎにはちょっとコツが必要です。旧端末においてトーク履歴をバックアップした後、新端末でアカウント引き継ぎとトークの復元を正しくおこなわないと失敗してしまいます。

そこでiPhoneおよびAndroidスマホそれぞれで、最新のLINEトーク履歴データの移行方法を詳しく解説します。なお、機種変更時のLINEアカウント引き継ぎ方法がわからない場合、まずは特集記事「失敗しない、機種変更時にLINEアカウントを引き継ぎする方法」で一連の手順を把握した上で、トーク履歴のバックアップ・復元作業に臨まれることをおすすめします。

1. AndroidからAndroidへの機種変更(引き継ぎ)の場合

本記事で紹介する手順ではスマホのほかに、パソコン(Windows PCまたはMac)が必要となります。現在Android版LINEには、Googleドライブへのトーク履歴のバックアップ・復元機能が追加され、Androidスマホだけで比較的手軽にトーク履歴を引き継げるようになりました。PCを使うより便利なので、まずは後述の章「【PC不要】GoogleドライブやKeepを使ってトーク履歴を引き継ぐには【スマホのみ】」、または下記の記事をチェックしてみてください。

【Android】LINEでトーク履歴をGoogleドライブ/Keepにバックアップして引き継ぎ・復元する方法【PC不要】

PCによるLINEトーク履歴の引き継ぎの手順は、おおまかに以下の通りです。

  1. 旧端末でトーク履歴のバックアップをとる(アカウント引き継ぎ前)
  2. バックアップしたトーク履歴ファイルをPC上へ一時的に保存(アカウント引き継ぎ前)
  3. LINEのアカウントを新端末に引き継ぐ
  4. バックアップしたトーク履歴ファイルをPCから新しい端末内に設置する
  5. 新端末でトーク履歴をインポートする

注意したいのは、通信の暗号化機能「Letter Sealing」が適用されたトーク(鍵マークが付いたトーク)に未読メッセージがある場合、引き継ぎ後に一部が復元できなくなることがある点。予防策としては、機種変更前に大事なトークには未読メッセージを残さないことが重要です。このほか、LINEアプリのバージョンも最新版へアップデートしておくと安心です。

LINEのメッセージ暗号化機能「Letter Sealing」とは、鍵マーク設定や本人確認の方法まとめ

1-1. 旧端末でトーク履歴のバックアップをとる

バックアップは、各トーク(友だち)ごと1トークずつ手動でおこないます。一括バックアップはできず、バックアップしたいトークの分だけ作業が必要となるため、すべてのトークというより、大事なトークに絞って引き継ぐのが現実的かもしれません。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

まず、バックアップしたい(引き継いで復元したい)トークの画面を開きます。バックアップして復元できるのは、1対1トークまたはグループトークのみ。グループとして作成されていない「複数人トーク」は対象外となるので要注意です。

トーク画面右上の[V]ボタンをタップして表示されたメニューから、[トーク設定]をタップします。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

次の画面で[トーク履歴をバックアップ]をタップします。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

ここでは[すべてバックアップ]を選択する必要があります。

バックアップがスタートし、読み込みが始まります。ちなみに、このバックアップにアルバムの写真データやノートの内容は含まれませんが、アカウント引き継ぎ後に相手とのトークからアルバム(写真)やノートを呼び出せるので、気にする必要はありません。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

バックアップが完了すると、上掲のようなメッセージが表示されます。これは、旧端末の「LINE_Backup」というフォルダ内に、「LINE_Android-backup-chat1549002377ab.zip」というファイル名のトーク履歴データ(ファイル)がバックアップ保存されたことを示しています。

[はい]をタップすると、バックアップファイルをメールに添付して送信(自分用)できますが、ファイルが大きすぎて保存に失敗することもあるため、ここでは[いいえ]にしておきましょう。

ここまでの作業を、引き継ぎたいトークの分だけ繰り返します。

1-2. バックアップファイルをPC上へ移す

バックアップしたファイルは、基本的にスマホのSDカード内に保存されるものの、端末によっては本体の内部ストレージに保存されるケースもあります。そのため、ここではPCにいったんファイルを移すことにより、PC上に一時保存→新端末へ移行する手順をとります。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

まず、USBケーブルで旧端末(これまで使っていたスマホ)とPCを接続しましょう。

スマホ内の各フォルダが表示されるので、先ほどの「LINE_Backup」という名前のフォルダを探します(検索しても可)。

フォルダを開くと、「LINE_Android-backup-chat1549002377ab.zip」といった名前のzipファイルが保存されているはずです。これが、先ほどバックアップをとったトークの履歴データです。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

このzipファイルをPC上にコピー(ドラッグ)して、一時的にデータを保存(ここではデスクトップに設置)しておきましょう。ファイルが複数(バックアップしたトークの数)ある場合には、すべてのファイルをPCにコピーします。

先にLINEのアカウントを新しい端末に引き継いだ後(下記の特集参照)、PCと新端末を接続し、このトーク履歴ファイルを再び新端末のしかるべきフォルダへ移行することになります。

失敗しない、機種変更時にLINEを引き継ぎする方法【iPhone・Android対応】

1-3. バックアップしたファイルを新端末に設置する

LINE トーク履歴 引き継ぎ

新端末にLINEアカウントが引き継げたら、LINEアプリを開きましょう。

バックアップをとったトークの相手(友だち)をリストから誰か1人選んで、[トーク]をタップ。まず、その友だちとの空トークを作成します。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

トーク画面の右上[V]ボタンからメニューを開き、[トーク設定]→[トーク履歴をバックアップ]→[すべてバックアップ]→[いいえ]とタップします。

この操作により、バックアップしたトーク履歴ファイルを移行して設置すべき「LINE_Backup」フォルダが、初めて新端末の中に作成されるというわけです。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

続いて、新端末とPCを接続します。先ほど作成した「LINE_Backup」フォルダを探しましょう。

「LINE_Backup」フォルダには、空トークで作成したバックアップファイル(zip)が保存されているので、最初にこれを削除してください。

その後、PC上に一時保存しておいたトーク履歴のバックアップファイルを、このフォルダ内にすべてコピーして転送します。完了後、USBケーブルを取り外します。

1-4. 新端末でトーク履歴をインポート(復元)する

LINE トーク履歴 引き継ぎ

新端末でLINEアプリを起動します。

復元したい友だちとのトーク画面の右上[V]ボタンを押し、[トーク設定]と進みます。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

[トーク履歴をインポート]をタップします。「トーク履歴をインポートしますか?」と尋ねられるので、[はい]をタップ。

インポートが開始され、バックアップデータが読み込まれます。インポート完了後、[確認]をタップしましょう。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

これでトークが元通りに復元されるはずです。ただし「既読」表示や、アルバムなどに保存していない写真や動画については元に戻りません(サムネイルは復元されます)。

あとは、バックアップをとった友だちのトーク履歴の分だけ、上記と同じインポートの操作を繰り返すことになります。

【PC不要】GoogleドライブやKeepを使ってトーク履歴を引き継ぐには【スマホのみ】

引き継ぎに失敗した時のためにトーク履歴をバックアップしておきたい、あるいはPCを持っておらずスマホだけでトークの引き継ぎをおこないたい場合は、Googleドライブにトーク履歴をバックアップして移行・復元する方法があります。なお、LINEのクラウドストレージ「Keep」へのバックアップは、あくまで予備的な手段となります。

【Android】LINEでトーク履歴をGoogleドライブ/Keepにバックアップして引き継ぎ・復元する方法【PC不要】

  1. 旧端末でGoogleドライブにトーク履歴をバックアップ
  2. 新端末でLINEのアカウントの引き継ぎをおこなう
  3. Googleドライブに保存したトーク履歴を復元する

手順は上記のとおりですが、ここではダイジェストで流れを紹介します。※最初にLINEアプリを最新版にアップデートしてください。

LINE トーク履歴 引き継ぎLINE トーク履歴 引き継ぎ

旧端末のLINEの[その他(…)]タブで[設定(歯車マーク)]→[トーク・通話]と進んだら、[トーク履歴のバックアップ・復元]を選択。

[Googleドライブにバックアップする]を選択します。Androidスマホ(旧端末)に登録してあるGoogleアカウント(@gmail.com)が表示されるので、これを選択(新端末でも利用するGoogleアカウント)して[OK]をタップ。

LINE トーク履歴 引き継ぎLINE トーク履歴 引き継ぎ

Googleアカウントが設定されるとすぐにバックアップが始まり、すべてのトーク履歴データが一括でGoogleドライブにバックアップされます。

LINE トーク履歴 引き継ぎLINE トーク履歴 引き継ぎ

新端末に機種変更したら、LINEにログインし、アカウントの引き継ぎをおこないます(バックアップしたトーク履歴はその後に復元します)。

LINE トーク履歴 引き継ぎLINE トーク履歴 引き継ぎ

アカウント引き継ぎ完了後、LINEの[その他(…)]タブから[設定(歯車マーク)]→[トーク・通話]→[トーク履歴のバックアップ・復元]と進み、[復元する]をタップします。バックアップした時と同じGoogleアカウントを選んで[OK]をタップすれば、トーク履歴がGoogleドライブから復元されます。

より詳細な手順については、下記の特集を参照してください。

【Android】LINEでトーク履歴をGoogleドライブ/Keepにバックアップして引き継ぎ・復元する方法【PC不要】

トーク履歴の復元に失敗した(消えた)場合

失敗の原因は大きく3パターンあると考えられます。(1)バックアップしたデータが移行途中で壊れた、(2)トーク履歴ファイルを格納すべきフォルダにきちんとファイルが移行できていない、(3)LINEアプリやOSが最新バージョンになっていない(旧端末・新端末とも)の3つです。

LINE トーク履歴 引き継ぎ エラー 失敗 Android

バックアップしたデータが移行途中で壊れた

(1)はバックアップ時の通信環境が悪かった、あるいはトーク履歴のファイルサイズが大きすぎる時などによくみられます。

最新版のLINEアプリにアップデートしてから再度バックアップする、またトーク履歴ファイルのダウンロードを(通信環境のよいところで)やり直すことで上手くいく場合があります。バックアップが正常におこなえておらず、すでにアカウントも引き継ぎ済みで旧端末のLINEが起動できない時は、残念ながらトーク履歴の復元は厳しい状況です。

トーク履歴ファイルを格納すべきフォルダに正しく移行できていない

(2)では、アカウント引き継ぎ済みの新端末において、トーク履歴ファイルを入れるべきフォルダを間違えているケースが多いです。

LINEアプリで復元時に[トーク履歴をインポート]のメニューをタップしてもバックアップファイルが見つからない、といった症状が代表的。正しいフォルダにトーク履歴ファイルが入っているか、再度確認してみましょう。

LINEアプリやOSが最新バージョンになっていない

(3)が最も多いエラーかもしれません。旧端末のLINEをアップデートして再度トーク履歴のバックアップを取得できれば、作業をやり直すことで復元が可能になる見込みがあります。

しかし通常は、すでに旧端末のLINEが使えなくなっている(初期化されている)場合が多いため、現実的には難しいといえそうです。

2. iPhoneからiPhoneへの機種変更(引き継ぎ)の場合

iPhone版LINEは、iTunesで暗号化バックアップ・復元をおこなうことにより、LINEのトーク履歴の引き継ぎ(復元)をすることができます(作業にはPCが必要です)。同時にアカウントの引き継ぎもおこなえますが、機種変更後の新iPhoneでiTunesから復元後にLINEアプリを起動すると、「本人確認」が求められるようになっています。

LINE トーク履歴 引き継ぎ パソコン

iTunes

この本人確認ステップでは、メールアドレスとパスワードの入力、2段階認証(アカウント引き継ぎ設定)、電話番号認証(またはFacebookログイン)が求められるため、旧端末で事前にこれらの設定を済ませておかねばなりません。その上で、iTunesによる暗号化バックアップを始めますが、この方法でLINEを引き継ぐことについては、過去LINE公式ブログでも自己責任でおこなうよう注意喚起されていました。

つまり、iTunesを介したPCでの引き継ぎは、LINEだけでなくiPhoneのすべてのデータを移行できる便利な方法である反面、基本的にはメインの方法ではないという位置付け。もしものトーク履歴の消失に備えるためにも、後述する「iCloudへのトーク履歴バックアップ」をあらかじめおこなっておくと安心です。これはパソコンがなく、iPhoneのみでトーク履歴を引き継ぎたい人にも有用な方法です。

※引き継ぎ作業の前に、必ず旧iPhoneのiOSを最新版にアップデートし、さらにLINEアプリを最新バージョンにアップデートておいてください(トークを復元できなくなる可能性あり)。

2-1. 旧iPhoneでメールアドレス登録をする

まず、LINEでのメールアドレス(およびパスワード)登録が必須の準備になります。未設定の人は、下記の特集を参照してメールアドレス登録をしてください。

LINEでメールアドレスを新規登録・確認・変更・登録解除(削除)する方法

LINE 機種変更 引き継ぎLINE 機種変更 引き継ぎ

さらに、機種変更前の旧iPhoneのLINEアプリで[その他(…)]タブから[設定(歯車マーク)]→[アカウント引き継ぎ設定]と進み、「アカウントを引き継ぐ」の項目をオンにします。また、iCloudにトーク履歴をバックアップしておくと安心です(手順は下記の特集を参照)。

【iPhone】LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップして引き継ぎ/復元する方法と注意点【PC不要】

もう一つ注意したいのは、通信の暗号化機能「Letter Sealing」が適用されたトーク(鍵マークが付いたトーク)に未読メッセージがある場合、引き継ぎ後に一部が復元できなくなることがある点。予防策としては、機種変更前に大事なトークには未読メッセージを残さないことが重要です。

LINEのメッセージ暗号化機能「Letter Sealing」とは、鍵マーク設定や本人確認の方法まとめ

2-2. iTunesを最新バージョンにする

LINE トーク履歴 引き継ぎ

この方法では、パソコン(Windows PCまたはMac)においてiTunesの導入が必要となります。iTunesは下記より入手できます。

iTunes - iTunesを今すぐダウンロード - Apple(日本)

すでにiTunesを導入している場合は、最初に「ヘルプ」から[更新プログラムを確認]をクリックし、iTunesのバージョンが最新かどうかをチェック。古いバージョンなら更新します。これをおこなわないと、トーク履歴の復元に失敗する可能性があります。

2-3. 旧iPhoneとPCを接続する

LINE トーク履歴 引き継ぎ

iPhone(旧端末)とPCをLightningケーブルで接続し、上部にある端末アイコン、または右メニューの[~のiPhone]をクリックすると、iPhoneの概要画面が表示されます。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

右上のほうで、現在のiOSバージョンが確認できます。最新版でない場合は[更新プログラムの確認]をクリックし(または画面の指示に従って)、最新バージョンのiOSに更新してください(バージョンが古いと失敗する原因になります)。

2-4. iTunesで暗号化バックアップを開始する

LINE トーク履歴 引き継ぎ

続いて、「自動的にバックアップ」の項目において、[このコンピュータ]を選択します(iCloudでは無料で使える容量が5GBしかないため、バックアップに必要な容量を確保できない可能性があります)。

さらに[iPhoneのバックアップを暗号化]に必ずチェックを入れます。暗号化パスワードを設定するよう求められるので、任意のパスワードを決めて2回入力し、[パスワードを設定]をクリック。このパスワードは絶対に忘れないよう、メモをとるなどしておきましょう(復元時に必要です)。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

パスワード設定後、LINEのトーク履歴を含めたiPhone内の各データの暗号化バックアップが開始されます。自動でバックアップが始まらない場合、「手動でバックアップ/復元」の項目にある[今すぐバックアップ]をクリックしましょう。

容量にもよりますが、所要時間は30~90分程度をみておきましょう。バックアップ完了まで、絶対にLightningケーブルを抜かないようにします。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

途中このような画面が表示されたら、[Appのバックアップを作成]をクリック。

アプリを復元するのに必要なバックアップを作成します。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

バックアップが完了したら、iTunesのメニューにある[編集]から[設定]を開いて、[デバイス]をクリックします。

「デバイスのバックアップ」の欄にバックアップした端末と日時が表示され、きちんと完了しているかどうかが確認できます。確認後、旧iPhoneをPCから取り外しましょう。

2-5. 新しいiPhoneにバックアップデータを復元する

新しいiPhoneを起動したら、iOS設定アシスタントに従って言語やパスコードの設定、SIMの挿入などをおこない、iPhoneをアクティベーションします。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

「iPhoneを設定」という画面が表示されたら、[iTunesバックアップから復元]を選択します。iPhoneの画面にiTunesに接続するよう指示が出るので、LightningケーブルでiPhoneをPCに接続しましょう。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

自動的にiTunesが起動します(起動しない場合は手動で立ち上げてください)。

新しいiPhoneが認識されて表示されるので、[このバックアップから復元]を選択した上で、項目の中から先ほどバックアップしたデータを選んで[続ける]をクリック。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

「iPhoneソフトウェア使用許諾契約」の画面が表示されます。契約を読んで、同意欄にチェックを入れて[続ける]をクリックすると、バックアップ時に設定した暗号化パスワードを尋ねられます。

パスワードを入力して、[OK]をクリックします。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

データの転送(復元)が開始されます。

復元が完了するまで待ちましょう(完了後、iPhoneに「アップデートが完了しました」という画面が表示されます)。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

まれに、上の画面のようなパスコードエラーが表示されることがありますが、iPhone側でパスコードを入力すれば問題ないケースがほとんどです。

[キャンセル]を選択し、iPhoneの設定に進みましょう。

LINE トーク履歴 引き継ぎLINE トーク履歴 引き継ぎ

iPhoneでiOS設定アシスタントに従ってApple IDなどを設定します。「ようこそiPhoneへ」の画面で[さあ、はじめよう!]をタップすると、ホーム画面が表示されます。

写真や動画、アプリなどがiTunesから順次転送されます。ファイルの転送サイズによりますが、転送が完了するまで20~30分程度かかることがあります。

2-6. 新しいiPhoneのLINEで本人確認、2段階認証、電話番号認証をおこなう

LINE トーク履歴 引き継ぎLINE トーク履歴 引き継ぎ

転送完了後にLINEアプリを起動すると、本人確認をおこなう画面が表示されます。[本人確認する]をタップ。

本人確認のため、登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

LINE トーク履歴 引き継ぎLINE トーク履歴 引き継ぎ

左:新iPhoneの画面右:旧iPhoneのLINEで[アカウントを引き継ぐ]をオンに

続いて、2段階認証の画面に遷移します。

事前にアカウント引き継ぎ設定を済ませている場合は、そのまま[続行]をタップ。設定していなければ、旧iPhoneのLINEで[その他(…)]タブから[設定(歯車マーク)]→[2段階認証]と進んで[アカウントを引き継ぐ]をオンにしてから、新iPhoneのLINEで[続行]をタップして進みましょう。

旧iPhoneが使えず、[続行]タップ後も先に進めない場合は、新iPhoneで[認証コードを受け取る]をタップします。電話番号宛てのSMSで4ケタの認証コードを受け取り、それを入力することでも通過できます。

LINE トーク履歴 引き継ぎLINE トーク履歴 引き継ぎ

2段階認証ステップを通過すると、今度は電話番号による認証が求められます。[番号認証]をタップ後、新iPhoneの電話番号を入力して、SMS等で認証番号を取得します。

※Facebook連携のみでアカウントを引き継ぐ場合は、[Facebookログイン]をタップし、LINEに紐付いているFacebookアカウントでログインしてください。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

受け取った4ケタの認証番号を入力し、[次へ]をタップします。

SMSが受け取れない場合は、通話による認証も可能です。

LINE トーク履歴 引き継ぎLINE トーク履歴 引き継ぎ

旧iPhoneにおけるLINEの画面

この時点で、旧iPhoneのLINEが使えなくなります。

[確認]をタップすると、旧iPhoneのLINEが初期化されます。

LINE トーク履歴 引き継ぎ

新iPhoneでは、トーク履歴を含めてほぼ同じ状態のLINEが復元されるはずです。ただし、スタンプや着せかえは、[その他(…)]タブの[設定(歯車マーク)]→[スタンプ]→[マイスタンプ]などから再ダウンロードしてください。

トーク履歴の引き継ぎに失敗してしまった場合は、後述の章も参照してください。

LINE無料スタンプまとめ

トーク履歴の復元に失敗した場合

筆者が経験した失敗パターンでは、LINEを起動した際にログイン画面が表示されました。メールアドレスとパスワードを入力し、アカウント引き継ぎには成功したものの、トーク履歴は復元されなかったのです。

実際、このように復元がうまくいかないケースは結構あるようです(おそらく、これが自己責任たる所以でしょう)。ただ、トーク履歴の復元に失敗してもiCloudバックアップさえ残っていれば、いったんLINEをアンインストール後、ログインし直すことで、トーク履歴をiCloudから復元できる可能性があります(iCloudバックアップの詳細は後述します)。

LINEの機種変更で「失敗」「引き継ぎできない」時の対処法まとめ──パスワード・メールアドレス忘れ、電話番号エラー、2段階認証、トーク履歴など

旧iPhoneは使わないのなら初期化するか管理を徹底しよう

LINE トーク履歴 引き継ぎ

ご存知のように、タレント・ベッキーと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音のLINEトーク画面が流出したとされる問題。ほぼ同じように使えてしまうよう複製したiPhoneが原因という説が有力で、「クローンiPhone」「LINE監視」などがバズワードになりました。

これは、古いiPhoneの暗号化バックアップを元に新しいiPhoneを復元した状態を指しており、本稿で紹介している手順で引き継ぎをおこなえば、旧iPhoneはまさに「クローンiPhone」と呼ばれる状態になります。以前はそれら複数端末から、同一アカウントでLINEを利用できてしまっていたのです。

ヤバい、「クローンiPhoneでLINE監視」の現実──あなたはプライバシーを守れるか?

機種変更後、放置した旧iPhoneを第三者に使われれば、まさに「LINE監視」も実現されてしまう危険性があったのですが、LINEのバージョンアップによってiPhone複数台による同時アクセスはできなくなりました。

ただLINEで対策が講じられたとはいえ、こうした事態を避けるには、少なくとも旧iPhoneにパスコードをかけておく、あるいは旧iPhoneは初期化するといった作業は必要でしょう。

iPhoneを初期化する方法、譲渡や下取り・売るときに知っておきたい手順

iPhoneでパスコードを設定する方法

【PC不要】iCloud経由でトーク履歴を引き継ぐには【スマホのみ】

PCがない(スマホしか持っていない)けれどトーク履歴を引き継ぎたい、あるいはiTunesでの引き継ぎに失敗した時に備えてトーク履歴をバックアップしておきたいという場合は、iCloud経由でLINEのトーク履歴を引き継いで復元する機能を利用しましょう。

【iPhone】LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップして引き継ぎ/復元する方法と注意点【PC不要】

大前提として、事前に新旧ともiPhoneのiOSを最新版にアップデートしておきましょう(トークを復元できなくなる可能性あり)。ここでは、ダイジェストで流れを紹介しますが、具体的な手順は以下のとおり。

  1. 旧iPhoneでiCloud Driveをオンにする
  2. LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップする
  3. 新iPhoneでLINEにログイン後、iCloudからトーク履歴を復元する

LINE トーク履歴 引き継ぎ iCloud

iCloudと接続されている状態で旧端末のLINEアプリを開いて、[その他(…)]から[設定(歯車マーク)]→[トーク・通話]→[トークのバックアップ]と進みます。

[今すぐバックアップ]をタップし、iCloudへのトーク履歴バックアップを開始。自動的にトーク履歴データの圧縮・アップロードがおこなわれます。

LINE トーク履歴 引き継ぎ iCloud

表示が「バックアップ完了」となればOKで、すべてのトーク履歴を一括でバックアップ可能です。

あとは新端末において、LINEログイン(アカウント引き継ぎ)の作業を進めます(この時、新iPhoneで先にiCloudに接続しておきます)。

LINE トーク履歴 引き継ぎ iCloud

LINEのアカウント引き継ぎ時の認証番号入力(本人確認)を済ませた段階で、トーク履歴の復元をおこなう画面が表示されるはずです(このステップでしかトーク履歴の復元はできません)。

[トーク履歴をバックアップから復元]をタップすれば、ほどなくトーク履歴の復元が完了します。詳しい手順は下記の特集を参照。

【iPhone】LINEのトーク履歴をiCloudにバックアップして引き継ぎ/復元する方法と注意点【PC不要】

3. iPhoneからAndroidへ、AndroidからiPhoneへの機種変更(引き継ぎ)の場合

iOSとAndroidの間の異なるOSをまたぐ機種変更では、残念ながらLINEのトーク履歴をそのまま引き継いで復元することはできません。

そのため、トーク履歴を残す手段は、旧端末でテキスト形式のファイルとして保存するほか、そのファイルをメールに添付して転送したり、EvernoteやDropbox等に保存しておくといった方法に限られます。

3-1. テキストベースのトーク履歴をメールに添付

LINE トーク履歴 引き継ぎ 機種変更

ここでは、iPhone版LINEを例に手順を紹介します。まず、履歴を保存したいトークを選んで開きます。

トーク画面右上にある[V]ボタンからメニューを表示させ、[設定]をタップしましょう。

LINE トーク履歴 引き継ぎ 機種変更LINE トーク履歴 引き継ぎ 機種変更

[トーク履歴を送信]をタップすると、iOSの共有メニューが表示されます。

ここでは[メールで送信]を選んでみます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

すると、iPhoneのメール作成画面に移行します。トーク履歴のテキストファイルが添付された状態です。

ファイルを送りたいメールアドレスを入力して送信(または下書き保存)すれば、トーク履歴の保存は完了します。

3-2. Evernote等にテキストベースのトーク履歴を保存する

また、Evernoteのようなアプリにトーク履歴を保存するのも便利です。ここでは、Android版LINEを例に紹介します。

LINE トーク履歴 引き継ぎ 機種変更LINE トーク履歴 引き継ぎ 機種変更

トーク画面右上にある[V]ボタンからメニューを表示させ、[トーク設定]をタップ。

[トーク履歴をバックアップ]→[テキストでバックアップ]の順にタップします。

LINE トーク履歴 引き継ぎ 機種変更

ここでは、表示される共有アプリとして、[Evernoteに追加]を選んでみます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

すると、Evernoteのノートにテキストファイルが添付される形で保存されます。

添付ファイルの[:]ボタンをタップし、[表示]を選択してトーク履歴を閲覧できます。

LINE 機種変更 引き継ぎ

トーク履歴は、テキストビューアを通じて確認することになります(ここではHTMLビューアを利用しています)。

LINE 機種変更 引き継ぎ

このように、テキストベースのトーク履歴が保存できます。スタンプや写真などの保存や閲覧はおこなえません。

3-3. LINEのキープ機能を使って、大事なメッセージだけバックアップ

トーク履歴をまるごと残すという方法には向きませんが、LINEのKeep(キープ)機能を活用して、大事なメッセージを単体でLINEのクラウド上にバックアップ保存することもできます。

この方法のメリットは、機種変更してLINEを引き継いだ後もすぐに新端末のLINEからそのデータを参照できること。また、手順も非常に簡単であること。反対にデメリットは、テキスト形式でしか保存できず、誰からのメッセージであるかがデフォルトで明示されない点です。

手順

LINE トーク履歴 引き継ぎ Keep

友達とのトークで、保存したいメッセージを長押しして表示されるメニューから、[Keep](Androidでは[Keepに保存])をタップするだけ。メッセージの複数選択も可能です。

LINE トーク履歴 引き継ぎ Keep

保存したメッセージは、新端末のLINEからも簡単に確認できます。友だちリストから自分のプロフィールのポップアップを開き、[Keep]をタップしてアクセスします。

LINE トーク履歴 引き継ぎ Keep

メッセージは上掲のような形式でバックアップされています。メッセージ自体は編集可能なので、誰からのメッセージなのかを加筆しておくなどすると、わかりやすいかもしれません。

LINEのKeep(キープ)機能の使い方:写真や動画、ファイルなどをLINE内に保存できるストレージ

このほか、古典的ではありますが、大事なトーク部分のスクリーンショットを撮影し、端末やクラウドストレージへ保存しておく手もあります。

iPhoneでスクリーンショットを撮る方法まとめ──無音撮影、ページ全体が撮れるアプリ、できない時の対処法まで

Androidスマホでスクリーンショットを撮る方法──ページ全体をキャプチャできるアプリやNow on Tapによる撮影も