「改行」できない? LINEのPC版で改行する方法まとめ【Windows・Win8/10・Mac・Chrome】

2017-01-14 18:56

LINE PC 改行 win8

PC(パソコン)版のLINEを使うと戸惑うのが、トークでの「改行」かもしれません。Enterキーを押したら、中途半端なままメッセージを送信してしまったという声もよく耳にします。本稿では、これら仕様とメッセージを改行する方法についてまとめてみました。

LINEのPC版で「改行」する方法

PC版LINE(Windows版、Windows8/10版、Mac版、Chrome版含む)のトークでは、デフォルト設定のままだと「Enter」キーを打った時点でメッセージが投稿される仕様となっています。このため、単に改行しようとした時などに意図しないタイミングでメッセージを誤送信してしまう可能性があり、長文が入力しやすいというPC版のメリットも損なわれがちです。

LINE PC 改行 win8

これを避けるには、二つの方法があります。

一つは、PCの「Shift」キーを押しながら「Enter」キーを打てば、一つの吹き出しの中で改行してメッセージを入力することが可能になります(ここではWindows版で解説、手順はWinでもMacでもほぼ同一)。

LINE PC 改行 win8

もう一つは、「設定」からメッセージの送信方法を変更する方法です。

メイン画面の左上にある歯車アイコンをクリックすると、メニューが表示されるので、ここで[設定]を選択します。

LINE PC 改行 win8

設定のポップアップが表示されたら[トーク]タブを開きます。「送信方法」の項目で[Alt+Enter]を選択しましょう。

この設定をおこなえば、AltキーとEnterキーを同時に打った時だけメッセージが送信されるようになるので、メッセージ入力中に改行したいタイミングでいちいちShift+Enterを押さなくてもよくなります。つまりEnterキー単体で改行できるようになるというわけです。

これらの方法や設定は、Windows版LINE、Windows8/10版LINEのWindows 10環境、Mac版LINE、Chrome版LINEにおいて有効です。

Windows 8環境だけが改行できない

Microsoftストアで提供されているLINEアプリはWindows 10、Windows 8.1、Windows 10 Mobile、Windows Phone 8.1、Windows Phone 8に対応しますが、Windows 8環境において前述のような方法で改行できなくなっています。

LINE PC 改行 win8

仕様上の問題のようですが、対処法としてはWindows 8環境においても互換性のある「Windows版LINE」をインストールし、そのまま利用するのが最も手軽だと考えられます。

また、何らかの事情があってWindows 8/10版LINEを使わざるを得ない場合、メモ帳などでいったん改行した文章を作成してコピーし、LINEのトーク入力窓にペーストしてEnter(送信)するなどの方法が挙げられます。

ただし、Windows8/10版のLINEは、Windows版LINEやChrome版LINEに比べると全体的に機能が乏しく、使い勝手も微妙なためかMicrosoftストアでの評価も芳しくありません。あまりおすすめできないアプリです。

PC(パソコン)版LINEの登録と使い方──ログインから通話、アルバム作成、改行、同期、キープ、既読をつけない裏ワザまで