LINEで「既読」が付かないようにメッセージを確認する方法

2017-01-12 22:31

LINEで「既読」を付かないようにメッセージを確認する方法

LINEのトークには、自分が送ったトークメッセージが相手に読まれたという状態を表示する「既読」機能があります。便利な反面、できれば相手に既読と知られたくないケースもあるでしょう。そこで今回は、既読表示が付かないようにメッセージを読むための小ワザを紹介します(iPhone版とAndroid版に対応)。

未読スルー? LINEで既読にならない6つの理由

なお、本稿は下記特集の内容のうち、より簡単におこなえる方法をピックアップしたダイジェスト版になります。

LINEで「既読」をつけない8つの方法

LINEの「既読」とは

「既読」表示の機能は、メッセージを送った側は「ああ、読まれたんだ」ということがわかって安心できる一方、受信した側にとっては「早く返事を送らなくては」という状況になることが多々あります。「既読」と表示されているのになかなか相手から返事がこない場合、送信した側としてもやきもきすることがあるでしょう。

LINE 既読 つけない つかない

そもそも「既読」と表示されるのは、相手からのメッセージが届いたトークルームを開いた瞬間。メッセージを確認するために相手とのトーク画面が表示されると同時に、「既読」と相手の画面にも付く仕組みになっています。

「既読」と相手に知られずにメッセージを読むには、Android版ではLINEアプリの通知ポップアップを利用するのが便利です。通知ポップアップ上でメッセージ内容を表示する設定にしておくことで、テキストメッセージやスタンプは「既読」と表示させずに読むことができます。

またiPhone版では、機内モードや3Dタッチ(iPhone 6s以降の機種)の機能を利用することで、既読を付けずにメッセージを確認することが可能です。

通知メッセージで「既読」を付けずに読む方法(Android)

LINE 既読 つけない つかないLINE 既読 つけない つかない

LINEアプリの[その他(…)]タブから、[設定(歯車マーク)]→[通知設定]と進みます。

最上部の[通知設定]をオンにした状態で、続けて[メッセージ通知の内容表示]をオン、[画面オン時のポップアップ表示]をオン、[画面オフ時のポップアップ表示]をオンに設定してください。

LINE 既読 つけない つかないLINE 既読 つけない つかない

これで、相手からのトークメッセージの通知はこのようにポップアップで届き、送信相手も内容も確認できます。誤って[表示]をタップするとトーク画面が開き、「既読」表示が付いてしまうので注意が必要です。

右上の数字は、届いたメッセージ数(吹き出しの数)を示しています。2つ目、3つ目のメッセージは、メッセージ部分を左右にスワイプすることで確認できます。

LINE 既読 つけない つかないLINE 既読 つけない つかない

テキストメッセージのほか、スタンプもポップアップで確認可能です。あとは[閉じる]をタップすれば、相手のトーク画面に「既読」表示を付けずに終了することができます。

なお、写真や動画などについては通知ポップアップ上では確認できず、「~が写真を送信しました」といったメッセージが表示されるだけになります。

機内モードで「既読」と表示させずに読む方法(iPhone)

iPhoneの場合、機内モード(インターネット接続をすべて遮断する設定)を活用することで、既読の表示を付けずに通常のトーク画面でメッセージや写真などを確認することができます。これは、LINEアプリの起動・メッセージの確認・LINEアプリの終了の操作をすべて機内モードにておこなうことにより、既読表示が付くのを防ぎます。

注意したいのは、メッセージが届いたら、通知ダイアログや通知センターのバナーからLINEを起動しないようにすること。また、LINEアプリを起動させた時に、既読を付けたくないトーク画面が最初に表示されることを防止するため、次のような手順で操作します。

LINE 既読 つけない つかない

ホームボタンを2回素早く押してマルチタスク画面を表示させ、LINEアプリが起動していないか確認してください。

起動していたら、上にスワイプ(フリック)して終了させます。

LINE 既読 つけない つかない

続いてLINEアプリを起動します(この時点でメッセージの受信が完了します)。

ここで、画面下部からコントロールセンターを引っ張りあげ、機内モードをオンにします。

LINE 既読 つけない つかないLINE 既読 つけない つかない

普段通り、トーク画面でメッセージを読みます。読み終わったら、ホームボタンを素早く2回押してマルチタスク画面を表示し、LINEアプリを終了させてください。最後に、コントロールセンターから機内モードをオフにします。LINEアプリが起動した状態で機内モードをオフにすると、既読が付いてしまうので細心の注意が必要です。

機内モードで読む方法の最大の魅力は、通常のトークルームでメッセージを確認できることでしょう。ただし、自分が通信をおこなえないことで相手側には既読が知らされない仕組みを利用したテクニックであるゆえ、機内モードをオフにした後、最初にLINEアプリを起動した時点で相手のトーク画面に既読が付く点には留意が必要です。

※このほか、iPhone 6sシリーズおよびiPhone 7シリーズでは、3Dタッチ機能で一部のメッセージを既読にすることなく確認できるようになっています。詳しくは下記記事を参照してください。

LINE、新たな「既読」回避法がiPhoneアプリで利用可能に 4つの注意点