【iPhone】好きな音楽で電話を受ける、着信音にiTunes内の曲を設定する方法

2018-03-12 9:38
記事タイトルとURLをコピーする

【iPhone】好きな音楽で電話を受ける、着信音にiTunes内の曲を設定する方法

iPhoneには個性的な着信音がいくつも用意されています。またiTunes Storeを使えば、さまざまな着信音を購入することもできます。とは言え、好きな音楽のお気に入りの部分を自由に着信音に設定できるに越したことはありません。そんなときは着信音を自作するとよいでしょう。

iTunes内に楽曲があれば、着信音を自作するのは難しくありません。しかも自作の費用は無料です。少し手間はかかりますが、自分の好きな曲を着信音に使えるので、ほかの人と被りたくない人にもおすすめです。

そこで本記事では、iPhoneで電話を受ける際の着信音にiTunes内にある好きな曲を設定する方法を解説します。

検証:iPhone 7(iOS 11.1)/iTunes 12.7.3.46

iPhoneの着信音にiTunes内にある好きな曲を設定する方法

好きな音楽を着信音に設定するには、iTunesで楽曲をiPhoneに転送し、着信音を設定します。

着信音を設定するまでの手順は次のようになります。1から4まではPCで操作し、5のみiPhone上で操作します。すでにある楽曲を利用する場合、所要時間は5分程度です。

  1. 【PC】音楽の再生範囲を設定する
  2. 【PC】AACバージョンの曲ファイルを作成する
  3. 【PC】曲ファイルの拡張子を変更する
  4. 【PC】作成した曲ファイルをiPhoneに転送する
  5. 【iPhone】着信音を設定する

1. 【PC】音楽の再生範囲を設定する

最初に着信音に使う楽曲を用意します。iTunes Storeで購入したものでもよいですし、自分で取り込んだものでも構いません。ただしプロテクトのかかっていないものが必要です。

MacまたはWindows PCでiTunesを起動してください。以下、Macでの操作を中心に説明していきます(Windowsでの操作方法は括弧内で補足)。

iTunes:曲の情報

メニューボタンから[曲の情報](Win:[プロパティ])を選択

iTunesのミュージックライブラリで楽曲を探し、曲名の横にあるメニューボタンをクリックして[曲の情報](Windowsは[プロパティ])を選択します。

iTunes:曲の開始時間・停止時間

曲の長さを40秒以内に設定する。コロンのあとに秒数を指定する

曲情報のウィンドウが表示されたら「オプション」タブを開き、曲の再生が30秒~40秒程度で終了するように設定します。基本的に着信音は40秒以内に収める必要があります。曲の頭から再生したいときは、[停止]にチェックを入れて、「0:30」や「0:40」と入力すればOKです。

サビの部分を着信音にするために曲の途中から再生させたいときは、[開始]にチェックを入れて、再生の開始位置を指定します。たとえば曲の開始を1分20秒のところにしたいときは[開始]に「1:20」と入力。30秒間再生するとして、[停止]には「1:50」と設定します。

[OK]ボタンをクリックして曲の情報画面を閉じると、曲の長さが指定した時間に変更されます。曲を再生して確認しましょう。

2. 【PC】AACバージョンの曲ファイルを作成する

iTunes:AACバージョンを作成

AACバージョンを作成する

不具合がなければ、ツールメニューから[ファイル]→[変換]→[AACバージョンを作成]を選択すると、効果音が鳴り、AACバージョンの同名の曲が新しく追加されます。

iTunes:AACバージョンを作成

同じ名前の曲が追加される

曲の長さが設定した再生時間(「0:30」など)になっているのが分かるでしょう。この曲を着信音に設定することになります。

忘れないうちに、元の曲の再生情報を戻しておきましょう。先ほどと同様に曲情報のウィンドウを表示して、[停止]や[開始]に付けたチェックマークを外します。この作業を怠ると、元の曲の再生時間が短いままになってしまうので要注意です。

3. 【PC】曲ファイルの拡張子を変更する

着信音として使うため、いま作成したばかりの曲ファイル(AACバージョン)の拡張子を変更します。

iTunes:曲ファイルをFinderで表示

[Finderで表示](Win:[Windowsエクスプローラで表示])を選択

作成した曲のメニューボタンをクリックして[Finderで表示](Windowsは[Windowsエクスプローラで表示])を選択すると、作成した曲ファイルが選択された状態で表示されます。

iTunes:曲ファイルの拡張子を変更

「.m4a」→「.m4r」に変更

ファイルの拡張子は「.m4a」になっているはずです。これを「.m4r」に変更します。

iTunes:曲ファイルの拡張子を変更iTunes:曲ファイルの拡張子を変更

左:【Mac】[”.m4r”を使用]をクリック右:【Windows】[はい]をクリック

拡張子を変更してよいかの確認を求められるので許可しておきましょう。

Windowsで拡張子が表示されていない場合

iTunes:曲ファイルの拡張子を表示

エクスプローラーで[表示]をクリックし、[ファイル名拡張子]にチェックを入れます。

4. 【PC】作成した曲ファイルをiPhoneに転送する

作成した着信音をiPhoneに転送します。PCとiPhoneをケーブルで接続して、iTunesでiPhoneのボタンをクリックし、iPhoneの情報画面を表示します。

iTunes:曲ファイルを着信音フォルダにドラッグ・アンド・ドロップ

「.m4r」に変更した曲ファイルを「着信音」にドラッグ&ドロップする

「自分のデバイス上」の項目内にある[着信音]をクリックし、Finderやエクスプローラから作成した曲ファイルをiTunesにドラッグ&ドロップしましょう。転送が完了すると、着信音に曲が登録されます。

5. 【iPhone】着信音を設定する

最後はiPhoneで操作します。

iPhone:着信音を設定

「設定」アプリ→[サウンドと触覚]→[着信音]

「設定」アプリ→[サウンドと触覚]→[着信音]で電話の着信音を設定します。着信音のセクションの一番上に、追加した着信音が表示されているので、これをタップして選択します。

以上で着信音の設定は完了です。ちなみに着信音は「時計」アプリのタイマーなどでも設定できます。

iPhone:タイマーのサウンドを設定

着信音は「時計」アプリのタイマーなどでも使える

転送した着信音をiPhoneから削除するには

着信音を端末から削除することもできます。

iTunes:着信音をライブラリから削除

iTunes経由でiPhone内の着信音を削除

まず、PCとiPhoneをケーブルで接続して、iTunesでiPhoneのボタンをクリックし、iPhoneの情報画面を表示します。あとは「自分のデバイス上」の項目内にある[着信音]で、着信音のメニューボタンをクリックし、[ライブラリから削除]をクリックするだけです。許可を求められたら[削除]をクリックします。