インスタグラムで投稿を非表示にできる「アーカイブ」機能の意味と使い方を徹底解説

2017-08-24 11:02

インスタグラムのアーカイブ機能

Instagramに「アーカイブ」機能が追加されました。

Instagramで投稿をアーカイブすると「もしかしたら投稿が削除されてしまうかもしれない」と不安になるユーザーがいるかもしれません。この記事では、そんなユーザーに向けて、アーカイブ機能の意味と使い方を徹底解説します。

インスタグラムの使い方 超入門──登録からフォロー、投稿、タグ付け、いいね、ストーリーまで

アーカイブ機能とは

プロフィール画面を表示した際に、右上に見慣れない時計型アイコンが現れました。これが「アーカイブ」のアイコンです。タップするとアーカイブした投稿写真を一覧できます。

Instagram:アーカイブ

「アーカイブ」画面の初期画面

アーカイブ(archive)とは、一般的に文書などを記録・保管・保存することを意味します。では、Instagram内での「アーカイブ」機能とは、どのようなものなのでしょうか?

フィードやプロフィールから自分の投稿を非表示にできる

まず重要なのは、アーカイブした投稿はフィード(タイムライン)やプロフィールに表示されなくなるということです。いわば、インスタグラムで投稿(公開)した写真や動画などを非表示にする機能です。

しかし、アーカイブした投稿は削除されてしまったわけではありません。「アーカイブ」画面に保存され、いつでも確認したり、再表示させたりすることが可能です。

アーカイブした投稿は自分だけが確認できる

アーカイブした投稿がフィードやプロフィールに表示されなくなるということは、自分以外のユーザーが投稿を閲覧できなくなることを意味します。

他のユーザーが自分のことをフォローしていても、アーカイブ済み投稿は他のユーザーのフィードから消えてしまいます。また、他のユーザーはアーカイブ済み投稿をプロフィール画面で確認できません。いったんアーカイブすると、自分だけが確認できる「アーカイブ」画面のみでアーカイブ済み投稿を閲覧できるようになります。

インスタ上で他ユーザーの気になった投稿(写真・動画)をブックマーク保存しておき、自分だけで一覧表示できる「コレクション」機能にも似ているといえそうです。

インスタグラムに「コレクション」機能が追加、保存した投稿を分類してアルバム化できるように

投稿をアーカイブして非表示にする方法

Instagram:アーカイブInstagram:アーカイブ

左:フィード上の投稿右:プロフィールから開いた投稿

投稿をアーカイブするには、投稿の右上にある[…]をタップし、[アーカイブ]を選択します。

Instagram:プロフィールInstagram:プロフィール

左:アーカイブ前右:アーカイブ後

これでプロフィールとフィードから投稿が消えました。

Instagram:アーカイブ画面

「アーカイブ」画面

アーカイブした投稿は「アーカイブ」画面に移動し、保存されています。

Instagram:アーカイブ

3D Touchでメニュー表示可能

ちなみにプロフィール画面では、投稿を強押し(プレス)して上方向にスワイプすることでアーカイブのメニューを表示できます(3D Touch対応機種)。

アーカイブした投稿を元に戻す方法

アーカイブした投稿を元に戻すのは簡単です。

Instagram:プロフィール

アーカイブのアイコン

まず、プロフィール画面の右上にある時計型アイコンをタップして「アーカイブ」画面に移動します。

Instagram:アーカイブ済み投稿を選択

先ほどアーカイブした投稿を選択

次に、元に戻したいアーカイブ済み投稿を選択します。

Instagram:プロフィールに表示Instagram:プロフィールに表示

左:[プロフィールに表示]をタップ右:3D Touch対応機種では強押しでもメニューを表示できる

最後に、投稿の右上にある[…]をタップし、[プロフィールに表示]を選択してください。投稿の強押し(3D Touch対応機種)または長押し(3D Touch非対応機種)でもメニューを表示できます。

これでアーカイブの解除が完了です。

なお、メニュー名が[プロフィールに表示]となっているので誤解してしまいそうですが、プロフィールだけでなくフィード上でも再表示されます。

インスタグラムの写真・動画を保存する方法──通知で相手にバレないアプリ(iPhone/Android)やPC向けサービスによる端末へのダウンロード