LINEで相手に「既読」と知られずにメッセージを確認する方法

2013.04.22 22:31

LINE

LINEのトークには、自分が送ったトークメッセージが相手に読まれたという状態を表示する「既読」表示機能がある。便利な反面、できれば相手に既読と知られたくないケースもあるだろう。今回は、既読表示が付かないようにメッセージを読むワザを紹介する。

iPhone版LINEとAndroid版LINEの両方に対応した記事「LINEアプリで既読をつけない6つの方法【iPhone・Android】」も参考にしてほしい。

イチオシのLINEスタンプ『ブラックの私』

LINE クリエイターズスタンプ

詳しくは→LINEで「使えないアイツにレッドカードを出せる」スタンプが登場


LINEの「既読」とは

LINE

「既読」表示機能は、送った側は「ああ、読まれたんだ」ということがわかり安心できる一方、受け手側にとっては「早く返事を送らなくては」という状況になることもある。「既読」と表示されているのになかなか相手から返事がこない場合、送り手もやきもきすることもあるだろう。

そもそも「既読」と表示されるのは、相手からのトークメッセージが届いた通知を開いた瞬間。メッセージを確認するために相手とのトーク画面が表示されると同時に、「既読」と相手の画面にも付く仕組みだ。

そこで「既読」と相手に知られずにメッセージ読むには、LINEの通知ポップアップを利用する。通知ポップアップ上でメッセージ内容を表示する設定にしておくことで、テキストメッセージとスタンプは「既読」と表示せずに読むことができる。

なお、この方法が使えるのはAndroid版LINEのみ。iPhone版では現状、通知センターまたはトーク一覧で最後のトークの一部を確認する方法しかない。

相手に「既読」と付かないメッセージ確認の方法

LINE

メインメニューの[その他]から、[設定]→[通知設定]と進む。

最上部の通知設定をオンにした状態で、[メッセージ通知の内容表示]をオン、[通知ポップアップの表示]をオン、[スリープモードから表示]をオン、[その他モードでシンプル表示]をオフに設定しよう。

LINE

これで、相手からのトークメッセージの通知はこのようにポップアップで届き、送信相手も内容も確認できる。

ここで[表示]をタップするとトーク画面が開き、「既読」表示が付いてしまうので注意が必要。

LINE

右上の数字は、届いたメッセージ数(吹き出しの数)を表示している。

2つ目、3つ目のメッセージは、メッセージ部分を左右にスワイプすることで確認できる。

LINE

テキストメッセージのほか、スタンプもポップアップで確認可能。

LINE

ただし、写真などはポップアップ上では確認できず、「~が画像を送信しました」といったメッセージが表示されるだけになる。

確認が済み[閉じる]をタップすれば、「既読」と知られずに終了できる。

イチオシのLINEスタンプ『ブラックの私』

LINE クリエイターズスタンプ

詳しくは→LINEで「使えないアイツにレッドカードを出せる」スタンプが登場