旧バージョンOperaブラウザ「Opera Mobile Classic」がGoogle Playに復活

2013-05-28 13:27

Opera Mobile Classic

つい先日、正式に公開されたWebkit搭載の最新版「Opera ブラウザ」。旧バージョン「Opera Mobile」をアップデートする形でリリースされたものの、従来の機能が削除されたことに失望する声も少なくなかった。そうした状況を受けてか、「Opera Mobile Classic」としてGoogle Playに旧版Operaが復活した。

旧バージョンOperaの愛用者に配慮か

Opera Mobile Classic

最新版「Opera ブラウザ」では、これまで搭載してきた独自開発のレンダリングエンジンではなく、Google Chromeなどと同じWebKitエンジンに変更。UIも刷新され、大幅に生まれ変わった。

しかし、Google Playのレビュー欄などでは、従来の高度な機能が失われたことに関して最新版にアップデートしたユーザーから、「微妙なブラウザになった」「改悪された」といった不満も多く出ていた。

そこで今回、最新アプリとは独立した形で旧版を「Opera Mobile Classic」として公開。使い慣れたインターフェイスを好む人や、旧版のレンダリングのほうが優れていると感じるユーザーは、こちらに戻ってみてはいかがだろう。