「服が透けるカメラアプリ」に注意、スケベ野郎!と罵倒され2万9,000円の請求

服が透けるカメラアプリ

シマンテックは公式ブログで、友人からのSMSメッセージで「服が透けるカメラアプリ」のダウンロードリンクが届く、悪質なAndroidマルウェアが出回っていると注意を呼びかけた。

知人からSMSで誘導され、ワンクリ詐欺まで実装

このマルウェアの危険な点は、端末の連絡先に保存されている電話番号に宛ててSMSでスパムメッセージを送信するところだ。

右のように、「服が透けるカメラ」アプリのダウンロードを誘う言葉が他人ではなく知人から届くため、こうしたスパムを信じ込んでしまう可能性がある。

リンクをタップすると、「Infrared X-Ray」という名前のアプリに誘導される。

端末のカメラから衣服越しに透視することができ、その写真も撮影できると謳われている。

アプリを実行すると、端末の連絡先に保存されている情報が所定のサーバーにアップロードされてしまうという。

服が透けるカメラアプリ

当然、透視撮影などできるわけもなく、中指を立ててユーザーをスケベ呼ばわりする男の写真に侮辱されるだけだ。

このマルウェアには亜種がいくつか存在し、最新の亜種ではSMSメッセージを送信するのではなく、ワンクリック詐欺の手口でユーザーを欺こうとするという。

具体的には、「お母さんとエッチ」というアダルトサイトを1、2秒間だけスプラッシュ表示した後、次の瞬間には登録が完了したというメッセージとともに、利用料金の2万9,000円を請求する。

支払いがなければ連絡先にある友人や知人に連絡するという脅しも書かれており、アンインストールしない限り登録情報を表示し続ける。

アンインストールしにくくするために、起動後はランチャーから姿を消し、端末の[設定]の[アプリケーション]から削除しなければならない。

シマンテックでは、不明な送信者からだけでなく既知の送信者からであっても、疑わしい電子メールや SMSメッセージなどに記載されているリンクをクリックすることは避けるよう注意喚起している。