「PayPal Here」が本格展開スタート、低コストでスマホがカード決済端末に

2013-03-06 15:33
記事タイトルとURLをコピーする

PayPal Here

ソフトバンクモバイルと米PayPalの合弁会社PayPal Japanは、スマートフォンを用いた新しいカード決済サービス「PayPal Here」をソフトバンクショップやソフトバンクモバイルの法人営業ネットワークなどを通じて本格的に販売開始する。

月額利用料は無料、決済手数料が5%

「PayPal Here」は、小型カードリーダーをスマートフォンに取り付け、専用アプリを用いることでクレジットカードやオンライン決済サービス「ペイパル」のアカウントによる支払いが行える、スマートフォン決済ソリューションサービス。

店舗サイド(支払いを受ける側)は持っているスマートフォンが決済用カードリーダーに変身し、買い手側はクレジットカードをそこへ通すことでスムーズに決済することができるというものだ。

また、買い手がPayPalアプリを利用していればアプリによる支払いにも対応し、おサイフケータイやNFC非対応端末であっても電子決済が可能になる。

PayPal Here
これまで、登録の手続きやコスト面が課題となってクレジットカード決済を導入できなかった中小事業者や個人事業主を主な対象に、各種デリバリーサービス、出張修理サービス、移動式カフェ、セミナー、イベント、フリーマーケット、家庭教師、小規模店舗といった利用シーンが想定されている。

導入コストは、カードリーダー購入費(オープン価格:1,200円程度)と決済手数料1件あたり5%となり、月額利用料は無料となっている。PayPalによって支払われた代金については、即日PayPalのビジネスアカウントに入金される。

対応クレジットカードはVISA、Master card、American Express。対応機種はiPhone、iPad(iOS4.0以降)、SoftBankのAndroidスマートフォン(Android2.3以上の201HW、201M、107SH、104SH、101DL、009SH、003SH)。

PayPal Hereでは、カードリーダーで読み取る決済情報をすべて暗号化し、全取引についてPayPalの世界レベルのセキュリティおよび不正防止システムを提供するとしている。また、リアルタイムのカスタマーサポートも用意される。

契約は、全国のソフトバンクショップ、またはソフトバンク取扱店にて手続きが行える。