ドコモ、「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」を10月25日に発売

2012-10-22 16:41
記事タイトルとURLをコピーする

ドコモは、同社の2012年秋モデルのタブレット「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」を10月25日より発売する。これに先立ち、販売開始前日まで事前予約を受け付けている。

世界最大の有機ELディスプレイ搭載のタブレットが発売

GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E
「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」は、スマホ・タブレットにおいて世界最大となる約7.7インチ(800×1280ピクセル)の有機ELディスプレイが特長のSamsung製タブレット端末。鮮やかな大画面で動画やインターネットを楽しめる。

Android4.0を採用し、チップセットはQualcomm Snapdragon S3 APQ8060 デュアルコア 1.5GHzを搭載。Xi、ワンセグ、NOTTV、テザリングなどに対応。防水、おサイフケータイ、赤外線通信には非対応となる。バッテリーは、7インチクラスでは最大級の5100mAhを備える。カラーはLight Silverのみ。

事前予約は10月19日よりスタートしており、全国のドコモショップ、または「ドコモマイショップ」会員向けにWEBから受け付ける。