Samsung、クアッドコア搭載タブレットサイズのノート端末「GALAXY Note 10.1」を発表

2012-08-16 20:10
記事タイトルとURLをコピーする

android-GALAXY-Note-10-1

Samsungは16日、「GALAXY Note 10.1」を発表した。人気シリーズGALAXY Noteの最新機種で、新たに10.1インチサイズとしてラインナップに加わった。

GALAXY Noteシリーズは、スタイラスペンによる入力に対応したAndroidスマートフォンとして、世界的にヒットしている。現時点では、5.3インチサイズのGALAXY Noteのみが発売されているが、全世界で1000万台を超える大ヒットとなっている。

今回発表された「GALAXY Note 10.1」は、その名の通り10.1インチサイズのディスプレイを搭載しているノート型端末。
Samsungは「GALAXY Note 10.1はあくまでノートであり、タブレットではない」としているが、同型のタブレット端末も多く発売されているお馴染みのサイズになる。

「GALAXY Note 10.1」は「創造性」を重視した端末で、通常9.99ドルで販売されているグラフィッカー御用達アプリ「Adobe Photoshop Touch」がプリインストールされてる。そして、Photoshopの精度や動作制御(ペン圧など)において、端末に付属するSペンに最適化されているという点からも、力の入れ具合が伝わってくる。

また、マルチスクリーン機能を搭載しており、画面を分割して異なるアプリケーションを同時に利用するといったことが可能。
つまり、画面左にWeb画面を表示しながら、画面右側でテキストメモを作成するといったことができる。この機能には、ブラウザ、動画プレイヤー、メール、ギャラリー、Polaris Officeなどが対応する。

当初は米国、韓国、ドイツ、英国での販売で、Wi-Fiモデルのみが発売される。他のグローバル市場でも徐々に発売が開始される予定だ。日本でもGALAXY Noteがヒットしていることから、発売される可能性は十分にある。
Wi-Fi版の価格は16GB版が499ドル、32GB版が549ドルとなっており、ホワイトかダークグレーから色を選択できる。
Wi-Fi + 3Gモデル、Wi-FI + LTEバージョンも今年後半には登場予定となっている。

GALAXY Note 10.1スペック

  • OS:Android4.0(Ice Cream Sandwich)
  • ディスプレイ:10.1インチWXGA(1280×800)
  • SoC:Samsung Exynos 4412 クアッドコア1.4GHz
  • メモリ:RAM 2GB、ROM 16/32/64GB
  • ストレージ:microSD 64GB
  • ネットワーク:Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n、Wi-Fi Direct、Wi-Fi Channel Bonding、Bluetooth 4.0
  • バッテリー:7000 mAh
  • メインカメラ:500万画素 AF・LEDフラッシュ対応
  • サブカメラ:130万画素
  • その他:USB 2.0、mHL、3.5mm AJ、IR LED
  • サイズ:262 x 180 x 9.0 mm
  • 重量:600g(3Gモデル)、597g(Wi-Fiモデル)

android-GALAXY-Note-10-1