Android端末で使える魚群探知機「Deeper」が登場、スマホで大漁も可能に?

2012-06-14 16:36
記事タイトルとURLをコピーする

リトアニアのスタートアップFriday Labは、AndroidiOSのデバイスに対応した世界初のスマート魚群探知機「Deeper」を開発した。現在、プレオーダーを受け付けている。

android-deeper

Deeperは、耐衝撃性ポリカーボネートシェルに包まれた、直径65ミリとテニスボールサイズのコンパクトなソナーだ。

android-deeper
android-deeper

ライン(釣り糸)にDeeperを結び、魚がいそうなポイントにロッドで投下すると、水面に浮かんで動作。Bluetoothによって水中にいる魚の位置や深さ、地形、水温などの情報を送信し、専用アプリを介してスマートフォンやタブレットの画面上で表示される。

Androidでは2.2以上をサポートし、深さ0.5~40メートル、-10~40℃の水中で動作する。Deeperから半径50メートル以内のデバイスで情報を確認できるとしている。バッテリーは連続約6時間。

現在プレオーダーを受付中で、価格は149ドル(199ドルから値下げ)。早ければ8月ころから利用できるようになるという。本当に探知精度が高いのなら、重さも100gと軽いのでぜひ釣りに携行してみたい。