1日20万円でAndroid搭載ロボ「すーぱーどろいど君」がレンタル可能

2012-01-24 19:43
記事タイトルとURLをコピーする

android-sony-cmos

ナノコネクトは24日、Android2.2を搭載しスマートフォンで遠隔操作できる多機能ロボット「すーぱーどろいど君」を、自立走行とクラウド連携に対応させたと発表した。すーぱーどろいど君に搭載されているデバイス・機能はすべてAndroidで制御されており、様々なシーンでの利用が期待できるという。

すーぱーどろいど君は、CCDカメラやタッチパネル、Bluetooth、音声入出力といった機能を実装したロボット。今回、自走ができるようになってクラウド環境との連携が可能になった(動画参照)。

これにより、すーぱーどろいど君の見ている映像をスマートフォンで見ながら遠隔操作して留守番や監視をする、会社の受付に設置し来客者への挨拶したり受付業務等を行う、介護現場でゲームコミュニケーション等のアプリを使って高齢者と対話する——といった用途に応用できるとしている。

価格はオープンプライスで、カスタマイズ・ソフトウェア新規追加は応相談とのこと。また、レンタル可能で料金は1日20万円。購入したら一体いくらになるのか、非常に興味深いところだ。