Gmailでメールの送信を取り消す方法──送信取り消し時間の変更方法も解説

Gmailでメールの送信を取り消す方法──送信取り消し時間の変更方法も解説

Gmailにはメールの「送信取り消し」機能があります。これはメールの送信ボタンを押した後、一定の時間内であればメールの送信を取りやめることのできる機能です。

初期状態では、メールの送信取り消し可能時間が送信ボタンを押してから5秒で設定されています。現時点でGmailのスマホアプリ(iOS/Android版)では送信取り消し時間の変更はできませんが、パソコン(PC)版のGmailに限っては30秒まで延長が可能です。

本記事では、Gmailでメールの送信取り消しをする方法と、PCから送信取り消しの時間を変更する方法を解説します。

Gmailの送信取り消し機能とは──相手に知られずに送信を取り消せる

Gmailには、メールの送信ボタンを押した後に送信取り消しができる機能が標準で搭載されています。うっかり誤った宛先に送ってしまったときや、ファイルを添付し忘れてしまったときのような、よくあるメールトラブルを未然に防止できます。

送信後の猶予時間内にメールの送信取り消しをすると、相手には一切通知がされないのでバレることはありません。

送信取り消しが可能な時間は、初期状態で5秒に設定されています。現状、PCブラウザのみでスマホアプリには対応していませんが、送信取り消し時間を最大30秒まで変更可能です。具体的な変更方法は後述します。

Gmailでメールの送信を取り消す方法

Gmailでメールの送信を取り消す方法は、送信後に表示されるボタンを選択するだけです。スマホアプリとPCでGmailの送信取り消しをする方法をそれぞれ解説します。

Gmailアプリでメールの送信を取り消す方法

Gmail 送信取り消し スマホアプリ Gmail 送信取り消し スマホアプリ

左:メール送信中のメッセージ。[キャンセル]で送信取り消しが可能右:メール送信後のメッセージ。約5秒間は[元に戻す]で送信取り消しが可能

Gmailアプリでメールを送信すると、画面下部に「送信しています…」、続いて「送信しました」というメッセージが表示されます。メッセージ右横の[キャンセル]または[元に戻す]をタップするだけで、メールの送信は取り消されます。

メールの送信が完了し、「送信しました」のメッセージが表示されてから約5秒の間に送信取り消しが可能です。[キャンセル]や[元に戻す]でメールの送信取り消せば、取り消したメールの作成画面に戻れます。

PC(パソコン)でメールの送信を取り消す方法

PC版のGmailでメールの送信を取り消す場合は、送信後に表示される「メールを送信しました」というメッセージで[取り消し]をクリックします。ウィンドウの左下にメッセージが表示されます。

Gmail 送信取り消し PCブラウザ

PC版でも、メールの送信を取り消した後はメールの作成画面へと戻ります。

Gmailの送信取り消し時間を変更する方法(PC版のみ)

Gmailの送信取り消し時間は、デフォルトで5秒に設定されています。この時間は最大30秒まで延長可能ですが、残念ながら現時点でスマホアプリでは送信取り消し時間の変更が非対応で、PC版でのみで変更可能となっています。

Gmail 送信取り消し PCブラウザ

まず、パソコンのブラウザでGmailにログインしてください。受信トレイ右上にある設定ボタン[]から[設定]をクリックします。

Gmail 送信取り消し PCブラウザ

PCブラウザ上でのみ送信取り消し時間の変更が可能。5秒、10秒、20秒、30秒のいずれかから選択できる

「設定」の全般タブ内の「送信取り消し」項目で、送信取り消しの時間を5秒、10秒、20秒、30秒から選択できます。

Gmail 送信取り消し PCブラウザ

送信取り消し時間を変更する際は、設定画面下部の[変更を保存]をクリックすると変更内容が反映されます。

注意したいのは、PC版Gmailで変更した送信取り消し時間は、スマホアプリ版には適用されない点です。PC版Gmailで30秒に設定しても、スマホアプリでは送信取り消し時間が初期状態の5秒のままとなってしまうのです。

EDITED BY TOKIWA