Google、情報まとめサービス「スペース」を開始 小グループ向け共有ツール

Spaces

Googleは5月16日、小グループ向け情報共有サービス「Spaces(スペース)」を開始しました。

「より良いグループ共有体験を構築したい」とGoogleが言うように、「スペース」は複数人の会話の中で散逸しがちな話題やリンク、写真、動画などの情報をトピックごとに整理することを手助けするツールです。情報はスペースと呼ばれるトピックごとにまとめられ、スペースを表示できるのはリンクを知っているユーザーのみ。比較的小規模なグループ向けの情報まとめサービスといった印象を受けます。

スペースにはGoogle検索と写真、YouTube動画、テキストの共有機能が備わっており、アプリを離れることなく情報をまとめられます。

Spaces

スペース内の各情報には個別にコメントを付けることが可能です。スペースがグループごとの共有空間で、その中にリンクや写真、動画、テキストなどの情報を個別に追加していき、その情報ごとにコメントできる仕組み。つまり、スペース(グループ)>共有した情報>各ユーザーのコメント、という階層構造になっているわけです。したがって、LINEやFacebook Messengerのような良くも悪くも情報がバラバラに流れていくメッセンジャーツールではないため、ユーザー同士のコミュニケーションよりも情報の共有に重心が置かれている設計になっているといえるでしょう。また、ユーザーのアクティビティが発生するとスペース参加者に通知され、トピックごとに会話をフォローしていく形式になっていくことも、その設計思想の現れでしょう。

Spaces

スペース内のコンテンツはキーワードで一括検索できるようになっています。Googleの説明によれば、(Googleフォトのように)画像をテキストで検索できるようですが、今のところ日本語では動作しませんでした。

サービスを利用するのに必要なのはGmailアカウントのみ。本日よりウェブとAndroid、iOSで利用できるようになっています。

Spaces(ウェブ版)