みずほ銀、ロボット「Pepper」で接客 銀行として世界初

2015-03-19 15:00
記事タイトルとURLをコピーする

Pepper

みずほ銀行は3月19日、銀行として世界で初めてロボット「Pepper」を導入すると発表しました。

Pepperは、ソフトバンクロボティクスと仏アルデバランが共同開発している感情認識パーソナルロボット。2015年2月27日にデベロッパー向けに販売を開始しています。

みずほ銀行によれば、次世代チャネル構築のためPepperを銀行店舗で積極的に活用していく予定で、今年7月から一部店舗にて試験的に導入。その後、全国展開を視野に入れ、導入店舗を順次拡大していくとしています。導入するPepperには、みずほ銀行専用アプリケーションを搭載。革新的なおもてなしとして金融関連情報の紹介や待ち時間に楽しめるエンターテイメントを提供し、接客に活用されるとのことです。