Googleでツイートのリアルタイム検索が今年前半に再び可能になる

2015-02-05 13:02

Twitter

今年前半、Googleの検索結果にリアルタイムでツイートが反映されるようになります。GoogleとTwitterとが合意したと米Bloombergが報じています。

今でもGoogleは、ツイートをクロールしてインデックスし検索結果に表示しています。しかし、ツイートの全データに直接アクセスできるわけではなく、検索結果に表示するまでのタイムラグや精度に多少の難点がありました。今回の合意によって、ユーザーがツイートした直後から、Googleはツイートを検索結果に表示できるようになります。

とは言うものの、これは初めての試みではありません。Googleはツイートのリアルタイム検索を2009年に開始し、2011年にデータ提供に関する契約が更新されずサービスを終了させています。また現在、ツイートのリアルタイム検索機能は他にも存在しています(マイクロソフトのbingやヤフー・ジャパンのリアルタイム検索など)。

今回の提携によって、以前と同じような形でリアルタイム検索が復活するのか、それとも新たに別タイプのサービスがロンチされるのかは不明です。

なお、Bloombergによれば、TwitterはGoogleからデータライセンス料を得ることになる模様。今年第3四半期に前年同期1600万ドルから大幅増となる4100万ドルの収益を得たデータライセンス料が、Googleとの提携によってさらに増えることになりそうです。