Skype、新ビデオメッセンジャー「Skype Qik」を公開

Skype Qik

Microsoft傘下のSkypeは、新たにビデオメッセンジャーアプリ「Skype Qik」をリリースしました。Android 4.1以上、iOS 7.0以上、Windows Phone 8.1以上に対応します。

最長42秒までのビデオクリップを送れる

Skype Qikでは、最長42秒までのビデオクリップをやり取りすることができ、2週間後に自動的に消滅するという仕組みを採用(手動削除も可能)。最大12件の5秒ビデオ「Qik Flik」を事前に録画しておき、すぐに返事をする機能なども備えています。

録画や共有がワンタッチでおこなえるシンプルなUIとなっており、携帯電話の連絡先からグループを作成し、それぞれメッセージを送ることもできます。利用にはSkypeアカウントは不要ですが、携帯電話番号をSMSで認証してサインアップします。

Skype Qik

電話番号でのサインアップはLINE、メッセージの自動消去はSnapchat、ビデオの時間制限はVine、ビデオ画面が正方形なのはInstagramといったように、従来のメッセンジャーアプリの特徴を組み合わせたような構成となっています。

Skypeは公式ブログで、メッセージングやセルフィー、アプリ文化が私たちのコミュニケーション方法を変えたことを踏まえ、メッセージングのように自発的で、電話のように親密になれる、モバイルファーストの手軽に使えるアプリを目指したとしています。