iPhoneシェア大幅減、キャッシュバック見直しや需要の一巡で

2014-09-02 23:34
記事タイトルとURLをコピーする

IDC Japan

IDC Japanは、国内の携帯電話およびスマートフォンの2014年第2四半期(4~6月)の出荷台数やメーカー別シェアを発表しました。

それによると、携帯電話出荷台数(スマホ+フィーチャーフォン)は前年同期比12.7%減の737万台、国内スマホ出荷台数は同24.6%減の492万台と2四半期連続のマイナス成長となりました。主な要因として、総務省の指導により通信キャリアの販売奨励金戦略(キャッシュバック施策)が大幅に見直されたことが挙げられています。

携帯電話総出荷台数におけるベンダー別シェアでは、Appleが首位の座を維持したものの、前四半期の48.0%から29.1%へとシェアが大きく低下。この要因も、キャッシュバックの見直しや、iPhone需要の一巡化が考えられるとしています。

IDC Japan

スマホにおいても、Appleが市場占有率43.6%でトップを守りましたが、前四半期の67.4%から20ポイント以上もシェアを低下させています。なお、Xperiaシリーズの販売が好調なソニーが18.3%で2位に、大手キャリア3社に対してAQUOSシリーズを安定供給しているシャープが3位にランクインしました。

次期iPhone発売前の買い控えもありそうですが、iPhoneもそろそろ行き渡ってきたことに加え、人気の背景にはやはり価格面での優位性が大きかったことが示唆されています。