Siri「4候補ありますよ」 殺人犯にiPhone音声アシスタントが教えた遺体の隠し場所とは

2014-08-13 19:18
記事タイトルとURLをコピーする

Pedro Bravo asked Siri "I need to hide my roommate" on the day that Christian Aguilar went missing

iPhoneの音声アシスタントSiriは、ルームメイトの隠し場所を教えてくれたようです。

ペドロ・ブラボ被告は、2012年9月に米フロリダ州で高校の同級生であるアギラールさんを殺害し、森に遺体を遺棄したとして、逮捕・起訴されています。

裁判で明らかにされたところによると、被告は友人を殺した後、Siriにルームメイトの遺体を隠す場所を尋ねていたということです。また、遺体を遺棄する際に、被告はiPhoneのLEDライトを9回使用したことも判明しています。

「僕のルームメイトを隠す必要がある」と尋ねた結果、Siriから得られたのは4つの隠し場所候補でした。

  • 沼地
  • 給水槽
  • 金属の鋳物工場
  • ゴミ捨て場

Siri、クラスメートの隠し場所を答える

なお、被告は「遺体を隠す場所」を尋ねたわけではなく、あくまでも「ルームメートを隠す場所」を尋ねたに過ぎません。