Android版「Chrome Beta」がアップデート、マテリアルデザイン採用

2014-07-25 6:58
記事タイトルとURLをコピーする

Chrome Beta 37

Googleは24日、Android版「Chrome Beta」をバージョン37にアップデートした。

変更点は以下のとおり。

  • マテリアルデザインの部分的サポート
  • ムーンシャインスタイルのアイコンに変更
  • サインインの簡素化
  • シークレットモードがダークデザインに
  • バグフィックスとパフォーマンス改善

大きな変化は、マテリアルデザインの部分的なサポートだろう。マテリアルデザインは、Googleがクロスプラットフォームで推し進める新しいデザイン手法。レイヤー構造と影の描写、アニメーションによって直感的なUIを実現する。

一部デザインがよりフラットになっており、アプリアイコンもムーンシャインスタイルに変更されている。もっとも現段階では、Android Lで動作するデバイスで確認した限り、いかにもマテリアルデザインといった要素はほとんど見当たらない。

Chrome Beta 37

Googleアカウントのサインインも簡素化された。Chrome Betaでサインインすれば、GoogleのウェブサイトやGmail、Googleマップなどで改めてサインインする必要がなく、デバイス間でも同期される。