Google、「Googleカメラ」をリリース 一眼レフのようなボケ効果

Googleカメラ

Googleは16日(現地時間)、新たなカメラアプリ「Googleカメラ」を既存のカメラアプリをアップデートする形でリリースした。対象OSはAndroid 4.4 KitKat以上。

ボケ効果をかけられるように

今回のアップデートの最大の特徴は、一眼レフカメラのように「ボケ効果」をかけられるようになったこと。

メニューから「レンズぼかし」を選択すると、ボケ効果をかけられるカメラモードに移行する。初めて使う場合、チュートリアルがあるので使い方はすぐに分かるだろう。

Googleカメラ

被写体は1.5m以内に置いて撮影する。

Googleカメラ

撮影ボタンをタップすると、端末をゆっくり上に持ち上げるように指示が出る。この時、被写体が中央に配置されるようにしたまま、端末をぐるっと回り込むような形で少しだけ移動させる。

Googleカメラ

すぐに画像レンダリングが始まり、数秒後にボケ効果が入った画像が出来上がる。この後、ボケ効果の強弱を調整できる。

パノラマ、フォトスフィアの改善

パノラマ撮影の解像度が向上した。

また、全天球を撮影するフォトスフィア機能の解像度も大幅にアップし、最大で50メガピクセルまで撮影できるようになった。Nexus端末以外にも対応したとのこと。

デザインの変更など

メニューは左からスワイプで引き出す。デザインが変更されており、ここ最近ウワサされているGoogleアプリのデザイン一新を予感させるものになっている。

撮影ボタンも大きくなり押しやすくなった。