Philips、スマホから色や明るさを変更できるLED照明「Philips Hue」を発売

2013-09-26 10:28
記事タイトルとURLをコピーする

Philips hue

Philipsは、スマホ専用アプリを使って明かりをカスタマイズできるスマートLED照明「Philips hue(フィリップス ヒュー)」を発売開始した。全国のApple Store店舗およびオンラインストアにて販売される。

いろいろできるスマートLED照明が登場

「Philips hue」は、無料の専用アプリをインストールしたスマホやタブレット端末を、Wi-Fiでブリッジを介しランプと繋ぐことにより、明るさや色をワイヤレスでコントロールして自分好みの空間を作れるのが特徴。RGBカラーモデルの組み合わせにより、1,600万色以上もの色を光で表現する。

さらに、遠隔操作により外出先から家の照明をコントロールしたり、朝起きる時間に合わせ徐々に明るく照らすようなタイマー設定など、生活の様々なシーンで活用できるという。

Philips hue

無料の専用アプリには、照明が人体に与える生物学的影響を研究して作った独自の「ライトレシピ(Light Recipe)」機能を搭載し、“くつろぐ”“本を読む”“集中する”“やる気を出す”の4種類から、好みのシーンに合わせて明かりを選ぶことができる。

専用アプリはiOS 4.0以上またはAndroid 2.3以上を搭載したデバイスに対応するため、iPhoneやiPadをはじめ、Android端末でも利用できる。なお、「Philips hue」をコントロールするアプリ開発のためのAPIが公開されており、海外ではすでに30種類以上のサードパーティのアプリが開発されているという。

Philips hueは単品(電球1個)では6,980円、Philips hueが3個+ブリッジ+ブリッジ用電源+LANケーブルのスターターキットは26,000円で発売中。