Android 4.4(KitKat)のベースカラーはブルーからグレーに変更か

Google Korean IME

先日公表された最新のAndroid 4.4(KitKat)だが、ステータスバーなどに用いられるベースカラーについてブルーからホワイトグレーに変更されるのではないかとみられる。Phandroidが伝えている。

Google公式アプリ「Google Korean IME」のGoogle Playのページに掲載された、紹介用スクリーンショットから判明した。上の画像のように、ステータスバー上のアイコンや文字表示が白っぽいグレーになっているのがわかる。

左端のUSBデバッグアイコンはKitKat発表前に伝えられていたAndroid 4.4の愛称“Key Lime Pie”を想起させるデザインになっており、これは正式発表時にはKitKat風のものに修正されるものとみられる。

Android 4.4およびNexus 5の発表は来月にも行われると伝えられているが、どのような進化がみられるか楽しみに待ちたい。