【LINE】既読のタイミング・時間に関する基本知識 注意点と疑問を徹底解説

2017-07-16 6:40

【LINE】既読のタイミング・時間に関する基本知識 注意点と疑問を徹底解説

LINEのトークルームで送信したメッセージに付く既読マークは、相手がメッセージを読んでくれたかどうかを判断する材料となります。既読機能の有用性は誰しも理解できるところですが、メッセージを読んだことを送信者に知られる点に息苦しさを感じるユーザーがいるのもまた事実です。

いずれにせよ、既読機能の基本知識を頭に入れておくことはLINEを活用していく大前提となります。とくに、送信メッセージが既読になるタイミング・条件を理解するとともに、既読マーク下に表示されている時間(時刻)の意味を把握しておかなければ、既読機能のメリットがほとんど無に帰します。

そこで本記事では、既読になるタイミング・条件と既読マーク下に表示されている時刻の意味について解説します。

検証したLINEのバージョン:iOS版7.7.0、Android版7.7.0

既読になるタイミング・条件

メッセージの横に付く既読マークは、自分が送信したメッセージを相手が(1)受信し、(2)トークルームを開いていることを意味しています。

LINE:既読マーク

時刻表示の上に「既読」が付く

もう少し具体的に既読になるタイミング・条件を確認してみましょう。

まず(1)相手が受信しただけの段階で既読マークが付くことはありません。

LINE:受信しただけの段階LINE:既読が付かない

左:相手がメッセージを受信しただけの段階右:自分側では既読マークが付いていない

既読マークが付くのは、(2)相手がメッセージを受信したトークルームを表示して当該メッセージを読める状況になっている時点となります。相手が通知を受け取っただけであれば既読は付きません(注1)。

LINE:トークルームを開いた段階LINE:既読が付いた

左:相手がトークルームを開いた段階右:自分側で既読が付いた

逆に相手側の立場から言えば、たとえLINEアプリを起動していたとしても、トークルームを開いたり、トークルームを開いたままで放置したりしてさえいなければ、受信したメッセージを既読にせずに済むというわけです。

未読スルー? LINEで既読にならない6つの理由

ただし以下で紹介する2つのケースのように、既読マークが付いたとしても相手がメッセージを実際に閲覧したことまでは保証されません。そのほか、未読メッセージが残されたままで相手のトークルームが削除された場合、未読メッセージは読まれることなく既読が付いてしまう特殊事例も存在します。

注1:公式ヘルプによれば、端末によっては通知を受け取った時点で既読と判定される場合もあるとのことです。

注意1:読んでいなくても既読になる?「ここから未読メッセージ」が表示されるようなケース

トークルームを開いてさえいれば既読が付く仕様は、時と場合によっては行き違いを発生させてしまうおそれがあります。その一例が多数の未読メッセージがあるトークルームを開いた場合です。

未読メッセージを溜めた状態でトークルームを開くと、「ここから未読メッセージ」と表示されます。

LINE:ここから未読メッセージ

ここから未読メッセージ

このメッセージは未読メッセージが10個以上あると表示されるもので、一種の栞(しおり)のような役割を果たします。ということは、「ここから未読メッセージ」が現れるようなケースだと、すべての未読メッセージを読むためにはトークルームを下にスクロールしなければいけない状況となっているはずです。

ここで注意が必要なのは、スクロールしなければ読めないほど下の方に表示されている未読メッセージを実際に視界に入れていなくても、そのメッセージに既読マークが付くということ。すでにトークルームを開いている状態だからです。

LINE:ここから未読メッセージLINE:トークルーム上で視界に入らなくても既読が付く

左:トークルームの上部に「ここから未読メッセージ」、下部に最新メッセージ(タップすれば最新メッセージまでスクロール)が表示される右:相手のトークルームで視界に入っていないメッセージも既読になっている

注意2:知らない間に既読になる? トークルームを開きっぱなしのケース

iPhoneやAndroidスマホでトークルームを表示したまま放置している時に届いたメッセージには、漏れなく既読マークが付きます。その後で受信者がメッセージに目を通したのであれば問題ありませんが、気づかずに既読のままスルー(放置)してしまう可能性もあります。既読になっているのであれば、トークリスト上で未読を示す緑の数字が表示されない点も、故意ではない既読スルーに拍車をかけるでしょう。

また、パソコン向けLINEでトークを表示しているウィンドウがアクティブな状態のままだと、スマホでトークルームを表示しているのと同じ状態となります。つまり、PCをスリープさせずに放置していると、メッセージが次々と既読になることもありえるのです。

LINEの返信が遅いと思われるのは何分後?

既読マーク下に表示されている時刻の意味

メッセージの横にはメッセージを「送信時刻」注2)が表示されます。LINE初心者の中には、この時間表示が「既読にした時刻」なのではないかと勘違いする人もいるようです。

LINE:自分が送信したメッセージの送信時刻

送信メッセージの左横に送信時刻「16:12」が表示されている

たしかに、メッセージ横の時刻は既読マークの下に表示されているので、「既読にした時刻」を意味してもおかしくない気もします。

しかし、メッセージ横の時刻は、既読が付いていない未読メッセージにも表示されるので、メッセージの「送信時刻」を意味すると考えるのが妥当なところです。実際、未読の時点で表示された時刻は、既読になっても一切変化しません。つまり、既読になった時点で「送信時刻」から「既読にした時刻」に切り替わることはないということです。以下、3枚の画像で解説しているので確認してみましょう。

LINE:自分側では未読の状態

1. 自分が16時12分に送信したメッセージを相手が16時12分に受信した

LINE:自分側では未読の状態

2. 相手は16時38分時点で未読のままにしている(ステータスバーの表示が「16:38」)。1分後、トークルームを開いて既読にした

LINE:自分側でトークルームを開いて既読にした状態

3. 自分が16時12分に送信したメッセージが16時39分に既読となった。時刻は送信時刻の「16:12」のままだ

16時12分に送信したメッセージが16時39分に読まれても、メッセージ横の時間は16時12分のままで変わらなかったことから、常に「送信時刻」が表示されていることがわかりました。

注2:メッセージ横の表示時刻は、受信時刻ではなく送信時刻です。送信とほぼ同時に受信できなかったメッセージの場合、受信できた時点で送信時刻が表示されます。

疑問1:相手が既読にした正確な時間を調べられるのか?

既読が付く瞬間にトークルームを見ていれば、既読にした時間がわかります。その瞬間の時刻を時計で確認するだけです。

それ以外に既読にした正確な時間を調べる方法はありません。

疑問2:既読が時間差で表示される設定はあるのか?

LINEでは、実際にトークルーム上でメッセージを読んだ時刻と既読マークが付く時刻をずらして表示するための設定項目は存在しません。ただ、これらの時刻が大幅にずれてしまう場合があります。通信環境の悪さやLINEサーバーの不具合などによって、遅れて既読マークが付くこともあるためです。

どうしても既読マークをすぐに付けることなくメッセージ内容を確認したければ、下記記事で既読を付けないでメッセージを読む方法を確かめてください。

LINEで「既読」をつけない8つの方法