iPhoneでアラーム(目覚まし時計)を設定/オフ/編集/削除する方法

2017-09-12 6:50

iPhoneでアラーム(目覚まし時計)を設定/編集/削除する方法

iPhoneでは複数のアラームを使い分けることができます。平日は6時半に目を覚まし、休日は9時までしっかり睡眠を取る。生活リズムに合わせて、このような使い分けが可能です。またアラームは、一時的にオン・オフを切り替えることができ、外泊などのイレギュラーな都合にもかんたんに対応できます。

今回は、iPhoneのアラーム機能の基本的な使い方を解説します。

検証端末:iPhone 7(iOS 10.3.3)

アラームを設定する

iPhoneのアラームは「時計」アプリで設定します。

1「時計」アプリを起動する

iPhone:時計アプリ

ホーム画面の「時計」アプリをタップして起動します。

2「アラーム」タブで[+]をタップする

iPhone:時計アプリ(アラーム)

「アラーム」タブを表示し、画面右上にある[+]をタップします。新しいアラームを追加できます。

3アラームを追加する

iPhone:時計アプリ(アラーム時刻設定)

「アラームを追加」画面に移動したら、日付ピッカーをアラームを鳴らしたい時間にセットして、[保存]します。ここで「繰り返し」などのオプションも設定できます。

4アラームを保存する

iPhone:時計アプリ(アラーム追加)

アラームが新規保存されました。複数のアラームをセットしたいときは、手順2からの操作を繰り返します。

アラームのオプションを設定する(繰り返し/ラベル/サウンド/スヌーズ)

アラーム機能には、「繰り返し」や「ラベル」、「サウンド」、「スヌーズ」といったオプションが用意されています。アラームを鳴らす曜日を指定したり、アラームの音を好きな音楽に変更したりしたいときは、アラームの追加・編集画面でオプションを設定します。

繰り返し:アラームを鳴らす曜日を指定する

毎日同じ時間にアラームをセットしたいときは、「繰り返し」のオプションを使います。アラームを鳴らす日を曜日で指定できます。

iPhone:時計アプリ(アラーム繰り返し設定)

アラームを鳴らしたい日を曜日で指定する

ちなみに、月曜日から金曜日までの5日間を指定すると「平日」、土曜日と日曜日の2日間を指定すると「週末」と表示されます。

ラベル:アラームに好きな名前を付ける

アラームに好きな名前を付けることができます。複数のアラームを作成するとき、それぞれを区別するのに役立ちます。

iPhone:時計アプリ(アラームラベル設定)

アラームに好きな名前を付けられる

サウンド:好きな音楽や通知音、バイブレーションで目を覚ます

アラームのサウンドを選ぶことができます。用意されている通知音のほか、「Music」アプリから音楽を選択してアラーム音に設定可能。通知音(着信音)はiTunes Storeで購入することもできます。

iPhone:時計アプリ(アラームサウンド設定)

サウンドをタップすると試聴できる

また、サウンドの項目では、アラーム鳴動時のバイブレーションを変更できます。

iOS 10で追加された[同期]というバイブレーション設定を選択すると、アラーム音のメロディーと同期した振動がバイブとTaptic Engineによって発生します。ただし、アラーム音として曲を選択した場合は振動が同期しないようです。

スヌーズ:寝坊を防止する

完全停止するまで、一定の間隔でアラームを鳴らし続ける機能がスヌーズです。たとえ二度寝をしてしまっても、そのまま眠り続けて寝坊してしまうのを防げます。

iPhone:時計アプリ(アラームスヌーズ設定)iPhone:時計アプリ(アラームスヌーズ設定)

左:アラーム再生中に「スヌーズ」をタップすると、9分後に再びアラームが鳴る右:スヌーズ中のアラームは通知などから確認できる

iPhoneでは、スヌーズ機能がデフォルトでオンになっています。スヌーズを使わないのであればオフにしておきましょう。

なお、スヌーズの間隔は9分に固定されており、ユーザーが変更することはできない仕様です。

アラームをオフ/編集/削除する

アラームをオフにする

各アラームの右端にあるスイッチをオフにすれば、当該アラームが無効になります。今後も使う予定があるアラームを削除することなく、一時的にオフにしたいときに使います。

iPhone:時計アプリ(アラームオフ)

使わないアラームはオフにできる

アラームを編集する

アラームを鳴らす時間やオプションは、いつでも編集できます。

iPhone:時計アプリ(アラーム編集)

「アラーム」タブで左上の[編集]をタップすると、アラーム編集画面に遷移します。

iPhone:時計アプリ(アラーム編集)

編集したいアラームをタップします。

iPhone:時計アプリ(アラーム編集の保存)

「アラームを編集」画面に移動し、アラームを編集できます。編集が終わったら[保存]をタップして設定を保存します。

アラームを削除する

誤って設定したアラームや使わなくなったアラームは無効化しておくだけでも構いませんが、数が多くなりすぎるとアラームのリストの一覧性が低下します。そんなときは、不要なアラームを削除して、アラームのリストを整理するとよいでしょう。

アラームを削除する方法は、以下の3つのやり方が用意されています。

  1. アイテムを左にスワイプして赤い[削除]ボタンをタップする
    iPhone:時計アプリ(アラーム削除)
  2. 「アラーム」タブで左上の[編集]をタップし、各アラームの左側にある赤い[ー]をタップする
    iPhone:時計アプリ(アラーム削除)
  3. アラームの編集画面の最下部にある[アラームを削除]をタップする
    iPhone:時計アプリ(アラーム削除)

Siriを使えばかんたんにアラームをセットできる

Siriを使ってアラームを設定することもできます。Siriを呼び出して「朝7時に起こして」などと話しかければ、Siriがアラームを設定してくれます。外泊中などにさっとアラームをセットしたいときに便利です。

iPhone:時計アプリ(Siriにアラームを設定してもらう)

Siriを呼び出してアラームをセットする

また「毎日、朝○時に起こして」「平日の朝○時に起こして」と頼むことで、繰り返しのアラームを設定することもできます。

【iPhone】Siriのオススメ機能 10選──はじめての設定から基本的な使い方、オフにする方法まで徹底解説

アプリ「ヒント」をダウンロード
ヒント