【最新】Google Playギフトカードの使い方──購入から残高チャージ、決済(使い道)、割引/特典キャンペーンまで

2017-04-04 18:15

【最新】Google Playギフトカードの使い方――購入場所から残高チャージ、決済(使い道)、割引/特典キャンペーンまで

コンビニなどで当たり前に見かけるようになったプリペイドカード。iTunesカードLINEプリペイドカードなど様々な種類があります。今回はその中から「Google Playギフトカード」について、Android端末での使い方を中心に解説。少しおトクに購入できる方法も紹介します。

Google Playギフトカードとは

Google Playギフトカードは、プリペイド(前払い方式)のカードの一種です。カードの裏面に記載されたコードを入力することで一定の金額がGoogle Playにチャージされ、Google Playを介して提供される各種コンテンツやサービスの料金(アプリ・マンガ・映画・音楽・ニュースの購入、LINEコインのチャージ、ガチャやアイテムなどアプリ内課金など)に利用できるようになります。

携帯電話会社の利用料金と合わせて支払うキャリア決済や、クレジットカードによる決済手段が使えない場合も課金できるほか、チャージ(購入)した金額分しか使えないので、知らず知らずのうちに使いすぎてしまったということがないのが、こうしたプリペイドカードの大きな利点です。

Google Playギフトカードはどこで買える?種類は?

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

Google Playギフトカードは、多くのコンビニやスーパー、家電量販店、ツタヤやHMV、ゲオ、ドン・キホーテなどで入手できます。販売店はGoogleの公式ページから探せます。

Google Play ギフトカード

金額別に6種類

カードは基本的に1500円・3000円・5000円・1万円・1万5000円・2万円の6種類。非課税なので、額面ぴったりのお金をレジで払えば購入できます。ちなみに、レジを通して決済しなければコードが有効(アクティベーション)にならない仕組みになっています。一部キャンペーンにおいて500円や1000円分のカードもあるようです。

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

現在、auオンラインショップではGoogle Playギフト「コード」を販売していますが、使い方はGoogle Playギフトカードと同じです(ドコモ等でもキャンペーンによるGoogle Playギフトコードの配布がおこなわれるケースがあります)。

Google Playギフトコード | au オンラインショップ

また、ネットオークションやフリマアプリなどでGoogle Playギフトカードが出品されていることがあります。しかし、アクティベーションされていない、あるいは使用済みのカードが出回っている恐れもあるので、割安でも購入は避けたほうがよいでしょう。

バリアブルカードとは

Google Playギフトカードにも、iTunesカードと同様に「バリアブルカード(コード)」という種類があります。これは、1500円~5万円の間で自由に金額を決めて購入できるというものです。

額面の決まったカードでは、たとえば1550円分購入したいと思ってもできず、半端にクレジットが余ってしまうことがありますが、1円単位で指定できるバリアブルなら柔軟に対応できるというわけです。購入時はバリアブルカードをレジに持っていき、チャージしたい金額を店員に伝えて支払います。

Google Playギフトカードでできること(使い道)

Google Playストアでコンテンツを購入・レンタルする

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

Google Playストアには、アプリ、映画、音楽、書籍、ニュースと様々なコンテンツがそろっています。Google Playギフトカードでチャージしておけば、これらのコンテンツの購入やレンタルに利用できます。

定期購入

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

Google Play Musicを月額980円で音楽を聴き放題で楽しめる定期購入プラン。この支払いにもGoogle Playのチャージが利用できます。このほか、Google Playニューススタンドでの定期購入にも使えます。

アプリ内課金・拡張機能

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

「App内課金有り」と表示されているアプリでは、その課金にGoogle Playのチャージを利用できます。ガチャのチケットや魔法石、ポケコインといったゲーム内アイテムの購入、持ち物の上限増加などの機能拡張ができます。

LINEコインを購入する(Androidのみ)

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

LINEストアでスタンプの購入などに利用できるLINEコイン。Androidの場合、このLINEコインの購入にもGoogle Playギフトカードによるチャージ決済が使えます。

Google Playギフトカードから残高チャージする方法

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

まず、カードを台紙からはがして、裏面にある銀色のスクラッチをコインなどで削ります。鋭いものでこすると、コードごと削れてしまう恐れがあるので注意しましょう。

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーンGoogle Playギフトカード 使い方 キャンペーン

続いて、Playストアのアプリを立ち上げます。iPhoneやパソコンからの場合、Google Playストアのウェブサイトにアクセスします。

左上のハンバーガーボタンをタップしてメニューを開き、[コードを利用]を選択します。

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

カードに記された20ケタのコードを正しく入力します。しかし、この「正しく」というのが以外に難しいのです。

というのも、Google Playギフトカードには「O(オー)」と「0(ゼロ)」が使われていたり、「G」と「6」が非常に見分けづらいフォントであったりと、コードの読み間違いが起こりやすくなっています。もし入力しても不正とされてしまう場合は、これらの字を見直してみましょう。なお、入力の際には大文字・小文字の区別はなく、4ケタごとのスペースも不要です。

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーンGoogle Playギフトカード 使い方 キャンペーン

コードが正しく入力されたら、チャージしたいGoogleアカウントが選択されていることを確かめて「確認」をタップ。これでチャージが完了します。

Google Playギフトカードで決済する(コンテンツ購入や定期購入)

チャージできたら早速使ってみましょう。ここでは、Google Playで映画をレンタルしてみます。

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーンGoogle Playギフトカード 使い方 キャンペーン

利用したいコンテンツを選択すると、支払い方法が表示されます。Google Playに残高がある場合は、優先的に選択されるようになっています。レンタルなら[レンタル]ボタンを、購入なら[購入]と表示されたボタンをタップすれば完了です。

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

支払い方法が記載された部分の[V]をタップすると、クレジットカードやキャリア決済に変更もできます。また[コードの利用]を選択して追加チャージもおこなえます。

ちなみに、Google Play Musicといった定期購入のサービスでは、残高が足りなくなった場合、未払いの通知がGmailに届くようです。未払いとなっても即日サービス利用が停止されるわけではないようで、チャージする、もしくは別の支払い方法に切り替えることでサービスの利用を継続できます。

Google Playギフトカードを割引や特典付きで購入(キャンペーンなど)

キャリアやコンビニ、家電量販店などでは、Google Playギフトカードの割引やポイント増量、さらに特定のゲームアプリのアイテムがプレゼントされるキャンペーンなどが不定期でおこなわれています。また、ポイントカードのある店で購入すればポイントが付きますから、ちょっとおトクになります。

Google Playギフトカード 使い方 キャンペーン

ファミリーマートの「パズドラ5周年記特別アイテム付きGoogle Play ギフトカード発売」キャンペーン

これらのキャンペーンは、いつどこで実施されているかわかりづらいのが難点。そんな中、企業によるデジタルギフトのプロモーションサービス「VDPRO」のページでは、Google Playギフトカードに関する各種キャンペーンの情報を発信しています。すべてが網羅されているわけではないものの、効率的にチェックできて便利です。

VDPRO(バリューアディッド・ジャパン株式会社)