iOS版Googleアプリで検索履歴を削除する3つの方法

2017-04-18 11:02

Google

iOS版Googleアプリが2017年4月18日、バージョン25.0にアップデートされ、検索時に表示される候補リスト(最近の検索)から過去の検索内容を削除できるようになりました。

この記事では、iOS版Googleアプリでの検索履歴を端末上から削除する3つの方法を紹介します。

iPhoneの履歴の消し方、残さない/表示しない方法まとめ──Safariから電話・アプリ・Google検索・文字変換・YouTube・マップの履歴削除まで

1. 「最近の検索」に表示される検索履歴を1個ずつ削除する(新機能)

iOS版Google:検索履歴の削除

Googleアプリの検索キーワード入力画面では、虫眼鏡アイコン付きの検索候補が「最近の検索」リストに表示されます。各候補を左スワイプすると、赤い[削除]ボタンが現れるのでタップすれば、その候補を削除することができます。

2. 「履歴」画面に表示される検索履歴を1個ずつ削除する

従来どおり、「履歴」画面でも検索履歴を削除できます。

iOS版Google:検索履歴の削除

検索キーワード入力画面の右上にある[すべて表示]をタップすると「履歴」画面に移動します。

iOS版Google:検索履歴の削除

各履歴を左スワイプすると表示される赤い[削除]ボタンをタップすれば、検索履歴を1つずつ削除可能です。

3. 「履歴」画面に表示される検索履歴を一括消去する

まとめて検索履歴をすべて消してしまいたい場合は、一括削除する方法も用意されています。

iOS版Google:検索履歴の削除

まず、「履歴」画面で右上の[すべて消去]をタップします。

iOS版Google:検索履歴の削除

確認アラートが表示されるので、[端末上の履歴を消去]をタップします。

これで検索キーワード入力画面がスッキリしました。

注意点:検索履歴はiPhone/iPad上から削除されるだけ

注意してほしい点がひとつだけあります。今回紹介した方法では、あくまでもiPhoneやiPadといったiOSデバイス上から検索履歴を削除できるだけであるという点です。つまり、たとえデバイス上から履歴を消去したとしても、Googleアカウントにログインした状態で検索した履歴そのものはGoogleのサーバに保存されたまま削除されずに残っている状態となるわけです。

もしも、すべての検索履歴を完全に消去したければ、Googleサービス上の行動を管理できる「マイアクティビティ」で履歴を削除する必要があります(ここでは説明を省略します)。

Google - マイ アクティビティ