Androidスマホの画面をカンタン録画、アプリだけで動画を撮影(キャプチャ)する方法 PCやroot化は不要

2017-04-10 18:51

Androidスマホの画面をカンタン録画、アプリだけで動画を撮影(キャプチャ)する方法【root化不要】

Androidスマホで画面を録画した経験がありますか?

かつてAndroidスマホ界隈ではスクリーンショット(静止画)を撮影することすら難しかった時代がありました。しかし、今ではiPhoneと同じような感覚で誰でも簡単にスクショを撮れるようになっています。

そしてスクリーンショットの平易化と同様、スマホの画面を録画することに対する敷居も下がってきています。専門知識やPCがなくても、root化していない手元のスマホとアプリだけで手軽に動画をキャプチャできるようになってきているのです。

この記事では、主に無料アプリ「AZ スクリーン レコーダー」を使ってスマホ画面を録画する方法を解説します。また、最近のアップデートで利用できるようになったGoogle製アプリ「Google Play ゲーム」による録画方法についても簡単に触れています。

iPhoneのスクリーンショットを動画で撮影する方法まとめ──アプリ・PCによるスクリーンレコード

「AZ スクリーン レコーダー」を使って録画する

「AZ スクリーン レコーダー」はその名の通り、画面を録画することに特化した無料サードパーティ製アプリです。動画キャプチャアプリのなかではトップクラスの評価を受けています。今では日本語化されており、より誰でも親しみやすい録画アプリになっています。Android 5.0 Lollipop以降が要件であることに注意してください。

アプリ「AZ スクリーン レコーダー」をダウンロード
AZ スクリーン レコーダー

使い方の基本

初期設定のままで録画開始から終了までの手順を解説します。

まず、アプリをインストールして起動すると、画面上にメニューがオーバーレイ表示されます。左から順に、赤い録画ボタン、歯車の設定ボタン、保存フォルダボタン、アプリ終了ボタンが並んでいます。

AZ スクリーン レコーダー オーバーレイ

録画ボタンをタップすると「AZ Screen Recorderで、画面に表示されているコンテンツのキャプチャを開始します。」と確認を求められるので、右下の「今すぐ開始」を選択。すると、3秒間のカウントダウン後に録画がスタートする流れです。カウントダウンの秒数以内に録画したい画面を表示できるようにしておく必要があります。

AZ スクリーン レコーダー カウントダウン

録画を一時停止もしくは停止したくなったら、ステータスバーから通知領域を引き下げて、「録画コントロール」メニューで[一時停止]/[停止]をタップするだけ。録画中に線を描くこともできるので、自由に文字入れなどをおこなえます(太さ、色を変更可。Pro機能)。

AZ スクリーン レコーダー 録画コントロール&線描画

停止すると出力先フォルダ(変更可能)に動画がmp4形式で保存されます。撮影された動画はビューアアプリですぐに再生可能。保存された動画は、アプリ内で共有・削除・トリミング(Pro機能)・GIF画像への変換(Pro機能)をおこなえます。

AZ スクリーン レコーダー 出力先フォルダで削除・トリミング・GIF変換

録画した動画を再生してみると、マイクから拾った音声も録音されていることに気がつくはず。ただしAndroid OSの仕様上、外部の音を拾わずにゲームのBGMや効果音だけを録音することはできません。

とりあえずここまで試してみれば、スマホ画面を非常に簡単に録画できることが分かるでしょう。

もっとも、「AZ スクリーン レコーダー」の素晴らしさはそれだけに留まりません。アプリが高く評価されている要因は、録画の手軽さだけでなく、その設定項目の多彩さにあるからです。

AZ スクリーン レコーダー プレミアム機能

以下、Pro機能(アップグレード料金は3ドル)を利用できることを前提に機能を紹介していきます。

豊富なコントロールオプション

動画の停止、一時停止・再開、線の描画などをコントロールする方法が6種類も提供されています。

マジックボタン

AZ スクリーン レコーダー マジックボタン

動画の録画中、画面の右上端(ステータスバーの時計やバッテリー表示の部分)を見えないボタンにしてしまうのがマジックボタン機能です。機能を有効化しておけば、シングルタップで一時停止・再開、ダブルタップで停止、長押しで線を描くモードに移行できるようになります。コントロールメニューを引き下げずに一時停止・再開や線描きをおこなえるので、邪魔な要素を録画したくない場合に有効です。

その他、5種類の停止オプション

AZ スクリーン レコーダー 停止オプション

マジックボタン以外にも録画を停止させる方法が5種類(通知バーをタップして停止、赤い点滅ボタンを表示、画面オフで停止、シェイクして停止、タイマーを使う)も用意されています。

詳細な動画設定

動画設定も以下のように細かく変更できます。また、画面の向きはデフォルトで自動ですが、横向きか縦向きに固定することも可能です。

解像度

  • 1920×1080
  • 1280×720
  • 854×480
  • 640×360
  • 426×240

フレームレート

  • 60FPS
  • 50FPS
  • 48FPS
  • 30FPS
  • 25FPS
  • 24FPS

ビットレート

  • Auto
  • 12Mbps
  • 8Mbps
  • 7.5Mbps
  • 5Mbps
  • 4Mbps
  • 2.5Mbps
  • 1.5Mbps
  • 1Mbps

動画速度

  • ×3
  • ×2
  • ×1.5
  • Disable
  • 2/3
  • 1/2
  • 1/3

音声設定

音声の録音を無効化できます。音が不要な場合は無効に設定しておきましょう。余計な雑音を拾わずに済みます。

オーバーレイ情報

テキストとロゴ

テキストやロゴ画像を動画の上にオーバーレイ表示させられます。テキストはフォントや文字色、背景色、文字の大きさを調整でき、ロゴ画像は好きな画像を利用できサイズ変更も可能。

タップ表示

アプリの解説動画などで有用なのがタップ表示の有効化。タップしている場所が白っぽく光るようになります。

カメラ表示

AZ スクリーン レコーダー カメラ映像のオーバーレイ表示

前面カメラもしくは背面カメラで撮っている映像をリアルタイムで動画にオーバーレイ表示できます。アスペクト比やサイズ、不透明度を変更でき、オーバーレイしているカメラ映像は自由にドラッグで移動可能です。

タイマーによるカウントダウン設定

録画開始前のカウントダウンの有無を選ぶことができ、有効化してある場合はカウントダウンの秒数を自由に設定できます。

「Google Play ゲーム」を使って録画する

2015年11月、Googleが提供しているアプリ「Google Play ゲーム」でもゲーム実況動画などを簡単に録画できるようになりました(要Android 5.0以降)。多くのAndroidスマートフォンでプリインストールされているアプリなので、インストール済みのアプリ一覧から探してみてください。

アプリ「Google Play ゲーム」をダウンロード
Google Play ゲーム

以下、録画方法を簡単に説明します。

使い方の基本

まず、「Google Play ゲーム」を起動してアカウントにログインし、「マイゲーム」から録画したいゲームをタップします。

Google Play ゲーム

ゲームのページに移動すると、赤丸の録画ボタンが表示されているはずです。録画ボタンが表示されていない場合は、「Google Play ゲーム」を最新バージョンにアップデートしてください。

Google Play ゲーム 録画ボタン

次に、録画ボタンをタップして画質を設定します。「720p HD」か「480P SD」のいずれかを選択し、[次へ]をタップします。注意事項が表示されるので確認した上で[開始]をタップ。

Google Play ゲーム 画質設定

ゲームが起動し、インカメラの丸い映像の周りに音声設定ボタン(録音のオン/オフ)とインカメラ設定ボタン(インカメラ撮影のオン/オフ)、録画ボタン(録画の開始/停止)が扇形にオーバーレイ表示されます。丸いインカメラ映像は他のボタンを引き連れてドラッグ移動できるので、適当に配置しましょう。

Google Play ゲームで録画

あとは録画ボタンをタップすれば、録画が開始されます。拍子抜けするほど簡単にゲームプレイ動画を撮影できてしまいます。

なお、本記事中で録画の題材としたのは懐かしのFlashゲーム「ナナカクラッシュ」。オススメです。

禁断のFlashゲーム「ナナカクラッシュ」が公式化、Android・iOSアプリもリリース

ゲーム以外でも録画できる

ちなみに「Google Play ゲーム」はAndroid向けゲームアプリのプラットフォームとして利用されるアプリですが、その録画機能は一度起ち上げてしまえばゲーム以外でも利用できてしまいます。ホームボタンやマルチタスクボタンから他の画面に移動しても、録画コントロールツールは表示されたままだからです。

Google製アプリで録画したければ、このアプリを利用すればよいでしょう。