【インスタグラム】オンライン(ログイン)時間がバレる緑の丸とは? 非表示にする消し方を解説

【インスタグラム】自分のオンライン(ログイン)時間がバレる緑の丸とは? 非表示にするオフ設定を解説

Instagramのダイレクト(DM)には、過去やりとりをしたフォロワー(相手)とのメッセージスレッド一覧部分に、相手が最後にオンラインだった(インスタグラムを使っていた)日時を表示する機能があります。

それに加えて、DMのユーザー名付近に緑色の丸(ドット)を目にしたことはないでしょうか。これは、リアルタイムでアクティブなユーザーにつく印。DMを見れば、やり取りをしたフォロワーが現在インスタを見ているかどうかがわかります。

インスタのDMでオンラインがバレる? 緑の丸の仕組み

インスタグラム オンライン時間 バレる 非表示 オフ

アクティブユーザーには緑の丸(ドット)がつく。それ以外のユーザーは、最後にオンラインだった日時が表示される

ダイレクトの画面を開くと、ダイレクトメッセージを交わした相手のユーザーネームの下に「○○時間(分)前にオンライン」といったように表示されます。リアルタイムでインスタグラムを利用している時には「オンライン中」の表示と緑の丸(ドット)が出現するため、いつインスタを使っていたのか(アクティビティのステータス)が一目でわかってしまう仕様です。

相手のオンライン時間がわかるということは、裏を返せば自分がいつオンラインだったのかも知られることになります。自分のアクティビティステータスは、過去にダイレクトメッセージを送ったことのある相手(かつ自分がフォローしている相手)にしか表示されないものの、デフォルトでオンになっています。自分のオンライン状況がバレたくない場合は、設定から表示をオフにする方法があります。

インスタでオンライン状況を非表示にする方法(消し方)

オンラインがバレてしまう緑のドットなど、オンライン状況を相手に知られないよう非表示にするには、アクティビティステータスをオフにする必要があります。

オンラインをバレない(非表示)ようにする方法 オンラインをバレない(非表示)ようにする方法

手順は、[プロフィール(人型)]タブで右上のメニューボタン[]を開き、下に表示された設定ボタン[]から[プライバシー設定]へ進みます。プライバシー画面の[アクティビティのステータス]をオフにするだけです。

オンラインをバレない(非表示)ようにする方法

相手の画面。設定をオフにすると自分(sayu3123sayu)のオンライン状況は表示されなくなる。

これにより、自分のオンライン状況が知られることはなくなりますが、同時に相手のアクティビティのステータスも非表示化され、知ることができなくなります。

EDITED BY BOTAN