写真の見開き印刷と文字ページが魅力、フォトブック作成アプリ「TOLOT(トロット)」を試してみた

2018-03-01 9:03
記事タイトルとURLをコピーする

写真の見開き印刷と文字ページが魅力、フォトブック作成アプリ「TOLOT(トロット)」を試してみた

「TOLOT(トロット)」は、送料無料・税込み1冊500円でフォトブックを作れるサービス。 高品質でリーズナブルなフォトブックサービスを国内で早くから提供したのがTOLOTなので、「初めて作ったフォトブックがTOLOTだった」という人も多いはずです。

今回、TOLOTで実際にフォトブックを作成して注文してみたので、その特長と出来映えを紹介します。

【無料あり】おすすめフォトブック作成アプリ6個をざっくり比較 自分だけのオシャレな写真集で思い出を残す

A6・B6の2サイズが選べる

TOLOTで作れるフォトブックは、A6文庫本サイズと、より大きなB6サイズの2種類。ページ数はA6文庫本サイズが64ページのみ、B6サイズが24ページと64ページを選択できます。

TOLOT

フォトブックは3パターン。今回は「B6 24ページ」を選んだ

64ページのフォトブックは、たくさんの写真を入れられるので日々の記録などに向いています。一方、24ページのフォトブックなら最大22枚の写真が入り、1日から数日程度のイベントや旅行の記念として、あるいは厳選した写真を残したいときなどに最適です。

フォトブックの価格はA6文庫本サイズ・64ページとB6サイズ・24ページが税込み500円、B6サイズ・64ページも税込み1000円という分かりやすい価格になっています。送料は無料です。

見開き印刷と文字ページの存在が嬉しい

TOLOTTOLOT

左:「フォトブック」をタップ右:会員登録の前に「とりあえず使う」こともできる

アプリを起動したら、商品を選択します。TOLOTでは、フォトブック以外にもシールやカード、カレンダーなどさまざまなサービスを提供していますが、今回は「フォトブック」を選んで会員登録をおこないます。

TOLOTTOLOT

左:作り方の順番を決める右:表紙デザインやテンプレートが表示されるので、好みのものを選びます。

フォトブックを作るときは最初に作り方の順番を決めます。作り方は、人気の表紙やデザインテンプレートを利用できる「新着・オススメから選ぶ」(表紙・テンプレート選択→写真選択)か「写真を先に選ぶ」(写真選択→表紙・テンプレート選択)の2つ。「写真を先に選ぶ」だと一部のテンプレートを選べなくなるので、初めて利用するときは「新着・オススメから選ぶ」がよいでしょう。200種類以上の表紙やデザインテンプレートから好みのものを選ぶことができます。

TOLOTTOLOT

左:写真は端末だけでなくFacebookのアルバムからも取り込める右:写真を選択。タップした順に配置される。ダブルタップすると拡大し、撮影日などをチェックできる

写真は端末内に保存されている画像だけでなく、Facebookのアルバムからも取り込んでフォトブックの素材にできます。写真はタップした順にフォトブック上に配置されていきます。写真の選び方は難しくありませんが、読み込みに時間がかかる点がちょっとしたストレスになりました。

TOLOTTOLOT

表紙やフォトブックのタイトル、サブタイトル、配置する写真などを変更できる

フォトブックは基本的に1ページに1枚で、写真はそのままの比率で表示されます。そのためトリミング位置などを変更する必要はありません。写真をタップすれば写真の変更や回転、削除、説明文(コメント)の入力などが可能です。

TOLOTTOLOT

左:見開き写真や文字ページへの変更もOK右:アイテムとしてカレンダーやメモ、イラストなどを挿入可能

ユニークなのが「見開き」設定と「文字ページへの変更」です。見開きに設定すると、1枚の写真を2ページに渡って表示します。横長になりますが、写真をめいっぱい表示できるので、インパクトのあるフォトブックに仕上がります。

TOLOT

見開き写真の迫力は圧巻。ここぞという写真に使いたい

また、文字ページに変更すると、文字だけを印刷できます。写真が足りないときに文字だけのページを挿入したり、少し長めの説明文(140文字)を入力したいときに便利です。

TOLOTTOLOT

左:プレビューで実際の仕上がりを確認右:注文者情報や配送先情報を入力

一通りの編集作業が完了したら、プレビューを確認します。出来映えに問題なければ[注文]をタップします。注文画面では、注文者や届け先、支払い方法などを入力するだけです。

TOLOTTOLOT

左:明るさや色味を自動補正する「おまかせ補正」あり右:支払いはクレジットカードのほか、キャリア決済、WebMoney、楽天ペイが利用できる

手に馴染む表紙が心地いい

TOLOT

ビニールの中に紙のパッケージが収まってた。クロネコDM便で配送

12月12日の夜に注文し、21日に届きました。紙のパッケージでビニールで包まれた状態です。フォトブック自体も、ビニールのブックカバーに入っており、きれいに保存できそうです。

TOLOT

フォトブックにはビニール製ブックカバーが付属

表紙はアラモードという紙が使われています。厚手のしっかりした紙には、汚れに強いニス加工がされています。ざらざらしたラフ肌の手触りが心地よく、他社のフォトブックでは見られないとても落ち着いた感じの表紙です。

TOLOT

中表紙にはタイトルが印刷される。奥付には編集後記を掲載可能

TOLOTでは写真はすべて裁ち落としです。コメントのない縦写真や見開きに設定したページは全画面で印刷されます。横の写真や正方形の写真は、左右2辺が裁ち落としで、元の比率のまま印刷されます。コメントがあってもなくても、写真の大きさは不変です。3:2の比率ならL版写真とほぼ同じ大きさになります。

TOLOT

縦写真は全画面で印刷される。日付はコメントを入力したときのみ表示

まとめ:写真の見せ方やストーリーを考えながら配置していくのが楽しい

見開きで写真を使ったり、文字ページを作ったり、TOLOTのフォトブックには、写真を贅沢に見せる仕掛けがあります。写真の見せ方やストーリーを考えながら配置していくのは楽しい作業でした。

今回は24ページのB6サイズを注文しましたが、見開きページを増やすとすぐにページが足りなくなりました。あれもこれもと選びたいときは、64ページも使いやすそうです。似たような写真でも選ぶことなく全部印刷できますし、見開きページもたくさん作れます。A6文庫本サイズなら同じワンコインで作成できるので、写真の枚数に応じて選ぶとよいでしょう。