UQが超高速「WiMAX 2+」サービスを10月より開始

2013-07-29 22:11
記事タイトルとURLをコピーする

WiMAX 2+

UQコミュニケーションズは、同社に2.5GHz帯の新規周波数が追加割り当てされたことに伴い、50MHz幅による高速化されたモバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」を2013年10月に開始する。

「WiMAX 2+」では、新規割当てを受けた20MHzと現在使用中の30MHzを合わせた連続50MHzの周波数を用いる。2013年10月末に110Mbpsでサービスを開始し、2017年には下り1Gbpsを超える超高速モバイルブロードバンドサービス提供を目指すという。

エリアについては、既存WiMAXサービスのエリアにWiMAX 2+のエリアを重ねる方式で拡大し、既存WiMAXとWiMAX 2+の両方が利用可能な端末を提供することにより、両サービスのシームレスな切り替えを実現する予定だ。