YouTubeをバックグラウンドで再生する方法【iPhone/Android】

2018-05-26 12:47
記事タイトルとURLをコピーする

YouTubeをバックグラウンドで再生する方法【iPhone/Android】

さまざまな動画を楽しめるYouTube(ユーチューブ)。アーティストの公式動画なども豊富で、そうした音声(音楽)をBGMに使いたいという人も多いのではないでしょうか。ところが、iPhoneやAndroidスマホでYouTubeを見ていると、他のアプリを立ち上げた時に動画の再生が止まってしまい、BGMになってくれません。

そこで本記事では、YouTubeをバックグラウンドで再生し続ける方法について紹介します。

YouTubeのバックグラウンド再生の現状

YouTubeで音楽を聴きながら別の作業をしたい時に役立つのが、バックグラウンド再生です。しかし、YouTubeアプリで動画を見ている際に、ホーム画面に戻ったり他のアプリを立ち上げたりすると、動画の再生がストップしてしまうのが現状です。

YouTube バックグラウンド再生

実は、公式にバックグラウンド再生や広告の非表示化ができる手段として、米国などでは有料版サービス「YouTube Red」があります。残念ながらYouTube Redの日本上陸は未定ですが、国内サービスが開始されるまではちょっとした工夫でバックグラウンド再生をおこなうことが可能です。

「YouTube Premium」が国内サービス開始

2018年11月14日、「YouTube Premium」(旧称:YouTube Red)が日本国内でのサービスを開始しました。YouTube Premiumでは、本記事で紹介している方法を利用することなく、公式アプリの機能としてバックグラウンド再生やオフライン再生が可能となるほか、定額制音楽配信サービス「Google Play Music」も使えます。有料サービスではありますが、YouTubeのヘビーユーザーであればコストパフォーマンスに優れるおすすめのサービスだと言えるでしょう。

広告なしの「YouTube Premium」が日本でサービス開始、月額1180円から バックグラウンド再生・オフライン再生対応で音楽も聴き放題

AndroidスマホでYouTubeをバックグラウンド再生する方法

Androidデバイスでは、(1)Chromeブラウザ、(2)Android 7.0以降のマルチウインドウ機能を利用する方法が挙げられます。

Chromeブラウザを利用する

YouTube バックグラウンド再生YouTube バックグラウンド再生

まず、ChromeブラウザでYouTubeを検索。そのままタップするとアプリが立ち上がってしまう場合、長押しして[新しいタブで開く]を選択。右上の数字をタップして、タブを切り替えます。

YouTube バックグラウンド再生YouTube バックグラウンド再生

続いて、右上の三点マークをタップして[PC版サイト版を見る]をチェックします。

YouTube バックグラウンド再生

あとは通常どおり見たい動画を探して再生します。再生中は左上にスピーカーのアイコンが表示されます。

ただし、ホームに戻ったり他のアプリを立ち上げたりすると再生が中断され、スピーカーアイコンも消えてしまいます。

YouTube バックグラウンド再生

ここで、画面上部から下にスワイプして通知エリア上に再生中の動画情報を表示させます。再生ボタンをタップすると、動画の再生が再開されます。

他のアプリを立ち上げたり画面オフにしても再生は止まらず、バックグラウンド再生が実現します。

マルチウインドウ機能を利用する

Android 7.0から搭載されたマルチウインドウ機能。一つの画面の中で複数のアプリを同時に表示できるもので、メールをしながらスケジュールを確認するなど、様々なマルチタスクを可能にしてくれます。厳密にはバックグラウンド再生とはいえませんが、この機能を活用すればYouTubeの再生を止めることなく他のアプリを使えます。

YouTube バックグラウンド再生

まず、YouTubeアプリを立ち上げた後、同時利用したいアプリを立ち上げます。その上で、マルチタスクボタンを長押しします。

YouTube バックグラウンド再生

すると画面が2分割されて、下部でYouTubeアプリが使えるようになります。画面下部(スモールアプリ)に複数の候補が表示されることもありますが、その場合はYouTubeを選択すればOKです。

中央のバーを上下に動かすと、画面の比率を変えられます。マルチウインドウを終了したい場合は、上下どちらかの端まで移動させましょう。

iPhoneでYouTubeをバックグラウンド再生する方法

iPhoneでは、Chromeブラウザを利用する方法が標準的です。iPhoneではプリインストールされていないアプリなので、持っていない人は下記App Storeからインストールしてください。

Chromeブラウザを利用する

YouTube バックグラウンド再生YouTube バックグラウンド再生

まず、ChromeブラウザでYouTubeを検索します。

検索結果をタップするとYouTubeアプリが起動してしまう場合は、検索結果を長押しして[新しいタブで開く]を選択。右上の数字をタップして、タブを切り替えましょう。

YouTube バックグラウンド再生YouTube バックグラウンド再生

続いて、画面右上の三点マークをタップして[PC版サイトをリクエスト]をタップします。

YouTube バックグラウンド再生YouTube バックグラウンド再生

あとは、いつもどおり見たい動画を探して再生します。

YouTube バックグラウンド再生

ホーム画面に戻ったり、他のアプリを立ち上げたりすると、再生が中断されてしまいます。ここで、画面下部を上にスワイプ(iPhone Xでは右上から下にスワイプ)して、コントロールセンターを開くと画面右のパネルにURLが表示されています。

この再生ボタンをタップすると、先ほどまで見ていた動画(音声)の再生がスタート。これで、他のアプリを使ったり画面オフしたりしてもバックグラウンド再生を楽しめます。

LINEの動画ポップアップを利用する

LINEには、動画をポップアップで再生できる機能が搭載されています。厳密にはバックグラウンド再生ではありませんが、YouTube動画の再生を止めずに、LINEを使うことができます。

YouTube バックグラウンド再生YouTube バックグラウンド再生

YouTubeアプリを起動し、見たいYouTube動画の共有ボタンから動画のリンクをLINEで送ります。自分1人だけのグループトークや公式アカウントあてに送れば、友だちを煩わせることはありません。

YouTube バックグラウンド再生YouTube バックグラウンド再生

LINEで動画を再生してみましょう。上掲のような画面が表示されます。ここで、右上の四角いアイコンをタップします。

YouTube バックグラウンド再生

すると、動画がポップアップで表示されます。この状態なら、LINEで他の画面に遷移しても再生が止まることはありません。

全画面表示にしたい場合は矢印を、ポップアップを消したい場合は[×]をタップします。