国内ドラマがとにかく強い、「Paravi(パラビ)」の魅力と気になる弱点を速攻レビュー

2018-04-08 9:33

国内テレビドラマがとにかく強い、「Paravi(パラビ)」の魅力と気になる点を速攻レビュー

HuludTVAmazonプライム・ビデオなど、すっかりお馴染みになった定額制の動画配信サービス。テレビの前に陣取るだけでなく、スマホやタブレットなどでいつでもどこでもドラマや映画を楽しむユーザーがますます増えています。

そんな中、2018年4月1日に新しく誕生した「Paravi(パラビ)」はTBS、テレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携して提供する動画配信プラットフォームです。ユニークなコンテンツ内容から使い勝手まで、実際に試してわかったParaviの魅力や気になる点をレビューします。

どれがおすすめ? 定額制の動画配信(見放題)サービスの比較と選び方

Paravi(パラビ)とは

ParaviはTBS・日本経済新聞社・テレビ東京・WOWOWのほか、電通・博報堂DYメディアパートナーズの計6社が共同で立ち上げた「株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」が運営する新たな動画配信サービスです。

パラビ paravi レビュー

配信ラインナップをざっくり眺めて感じ取れるのは、「日本のテレビをもっと楽しもう!」というメッセージ。大手メディアの連携で実現した新作・過去の話題作中心の国内ドラマが多数配信されているのが特徴的です。見放題コンテンツはスタート時で約8000程度で、毎週50本増えていくため近く1万本は超えてくる見通しです。

またバラエティ、音楽、アニメのほかスポーツや報道・ドキュメンタリーなど、各局の強みを前面に出した配信ラインナップとなっています。オリジナル作品の「ピンチョス配信」(後述)、地上波と同時の「ライブ配信」のほか、テキストメディアやラジオを通じたテレビ+αの楽しみ方も備えています。

料金は定額で見放題の「Paraviベーシックプラン」が月額925円(税別)。他の動画配信サービスとほぼ同等の価格帯です。登録月は無料で利用できます。2018年5月1日からは都度課金制サービスも導入され、ベーシックプランでは観られない有料コンテンツを1本単位でレンタル購入することができるようになります。

国内テレビドラマはさすがのラインナップ

パラビ paravi レビューパラビ paravi レビュー

「日本最大級の国内ドラマアーカイブ」と謳っているとおり、Paraviの醍醐味はドラマにありと言っても過言ではありません。TBS・テレビ東京・WOWOWの豊富なアーカイブの中から過去の話題作を一挙解禁しています。

『SPEC』『ケイゾク』『MOZU』『コウノドリ』『勇者ヨシヒコ』等のシリーズ作品はもちろん、『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』『アンナチュラル』といったここ最近のヒットドラマが目白押し。もちろん、80年代~90年代の旧作、最新作の見逃し配信もおこなっています。

また『沈まぬ太陽』『空飛ぶタイヤ』『株価暴落』など、圧倒的クオリティと評され人気の高いWOWOWの「連続ドラマW」シリーズが観られるのも魅力です。国内テレビドラマは他の動画配信サービスでは個別課金となりがちですが、パラビでは基本的に見放題として視聴できます。

パラビ paravi レビューパラビ paravi レビュー

WOWOWの連続ドラマWも楽しめる(一部)

また、これまで各局がそれぞれ個別にオンデマンド配信していた作品を1カ所でまとめて楽しむことができるのは、テレビドラマ好きには非常に嬉しいところ。『下町ロケット』がTBS版とWOWOW版をParaviなら同時に視聴できるというように、これまでの動画見放題サービスでは実現できなかった光景が見られるのも、複数メディアの連携が成せる業といえるでしょう。

海外ドラマや映画を主軸とした動画配信サービスとは一味違う、日本のテレビ力を前面に打ち出したラインナップが光ります。

これまでにない独占オリジナルコンテンツ

さらに注目したいのは、ここでしか観ることのできないオリジナルコンテンツの数々です。

パラビ paravi レビュー

独占ピンチョス配信の『SPECサーガ完結篇「SICK'S 恕乃抄」~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~』

開局特番では、『ケイゾク』『SPEC』シリーズの最新作『SPECサーガ完結篇「SICK'S 恕乃抄」~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~』を独占ピンチョス配信しています。ピンチョス配信とは、1~2分ほどの短いシーンが毎日公開され、1話が1カ月で完結する配信方法。月末には完全パッケージが配信されます。

TBS深夜の人気ネタ番組『あらびき団』の全シリーズ配信もファンにはたまりません。「あらびき四天王」の名誉を賭けて出演者たちがしのぎを削る、全13回のオリジナル版『パラビき!パラビき!あらびき団~四天王編~』もParaviで独占配信されます。

パラビ paravi レビュー

『青春高校3年C組』は地上波と同時にライブ配信される

また、秋本康とテレビ東京がタッグを組んだ新バラエティ『青春高校3年C組』は、地上波と同時にライブ配信されています。メイプル超合金、おぎやはぎ、バナナマンといった人気芸人の日替わりMCに加え、毎週放送内のオーディションで生徒が一人ずつ増えていくユニークな企画。Paraviでしか観られないオリジナル拡大版も期待できそうです。

「Plus Paravi」でさらに深く楽しめる

Paraviで配信される各局の番組案内などをわかりやすくまとめ、コンテンツをより深く楽しむための情報を提供するテキストメディアが「PlusParavi(プラスパラビ)」です。番組出演者の活動状況や発表会見の内容、新番組のいち早い詳細情報など、エンターテインメント記事がランキング形式でサクッと読めるようになっています。

パラビ paravi レビュー

今後はTBSラジオやラジオ日経コンテンツの「書き起こし」も予定され、日経・日経BP社との連携を生かしたテキスト系のアプローチにも力が入りそうです。

優待チケットで都度課金のレンタル作品も視聴

Paraviベーシックプラン加入者にはもれなく毎月1枚「Paravi優待チケット」が付与され、毎月300円(税別)以内の有料コンテンツが1話無料で視聴できます。

「レンタル」または「レンタルあり」の表示があるコンテンツが対象で、ウェブブラウザからの購入手続きが必要(アプリでは購入して視聴できません)。どれが有料なのか、作品一覧からはいまいちわかりづらい状態です。サービス開始まもない今はまだ作品の大半が見放題ですが、今後レンタル対象作品の割合が増えてくるのかもしれません。

パラビ paravi レビュー

レンタル対象の作品が見分けにくく、現状はブラウザ版からのみ購入できるようだ

テレビ視聴に対応するもDL再生はできない(更新)

パラビ paravi レビュー

対応デバイスはパソコン(Windows/Mac)、スマートフォン・タブレット(iOS 10.3以降/Android 5.0以降)、テレビ(Amazon Fire TV/Fire TV Stick)。これまで国内テレビ局系の配信サービスでは、テレビでの視聴に対応していないものが多かったのですが、Fire TV(Stick)のみながらテレビ視聴をサポートしています。

7個の視点で「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」の違いを徹底比較

視聴の途中で停止しても次回続きから再生できるレジューム再生や、視聴の途中でデバイスを変更しても続きから再生が可能なシームレス再生に対応しており、マルチデバイスでの視聴環境が整っています。ただし、同時視聴可能なデバイスは1台までにとどまります。

スマホで利用する際には、その場の通信環境に合わせて画質を「自動」「高画質」「標準」「さくさく」モードから選択が可能。通信状況の悪い場合には、「さくさく」モードを選択すればストレスなく視聴できる可能性が高まります。パソコンやテレビで視聴する時には画質選択はできませんが、画質が粗いといった印象は特にありませんでした。

パラビ paravi レビュー

スマホでは4種類の画質モードを選択できる

一つ残念なのは、ダウンロード視聴(オフライン再生)に非対応である点です。スマホやタブレットにドラマなどをダウンロードしておき、通勤・通学時にオフラインで視聴するということができません。

通信量が気になる人は前述の画質モードで調整することはできますが、やはりコンテンツを持ち運べないのはParaviの最大の弱点かもしれません。

(更新)
2018年8月、ParaviのiOS版アプリではダウンロード機能が追加され、オフライン再生が可能になりました。画質モードも選択できます。

Paravi、iOS版アプリでダウンロード機能が追加 オフライン再生が可能に

パラビ paravi レビュー

Fire TVでParaviアプリをインストールする

パラビ paravi レビュー

QRコードをスマホ等で読み取って、Paraviにログイン

パラビ paravi レビュー

テレビに表示されたアクティベーションコードを入力すれば、テレビで視聴できるようになる

まとめ

話題のWOWOWコンテンツを含む、国内ドラマがとにかく充実しているParavi。リアルタイムで見逃してしまった人気作品も、ここなら見つかる可能性も高いでしょう。目指しているのは「毎日来てくれれば、必ず何かがある」サービスとしており、全体の配信作品数はまだ多くはないものの、ジャンルを超えて確実に毎日新しいコンテンツが加わっていくのを実感します。

日経コンテンツも豊富なことからビジネス・報道・ドキュメンタリーにも強く、オリジナルコンテンツ・独占配信にも注力。今後はラジオのライブ配信や、WOWOWコンテンツの拡大も視野に入れているようです。大手メディアが手を組んだ国内配信サービスの旗頭として、さらなるコンテンツの充実と機能面の向上に期待したいところです。

登録月は無料体験ができるので、お目当てのコンテンツが見つかるか、さっそく試してみてはいかがでしょうか。

詳細や無料体験はこちら