「Hulu」レビュー:海外ドラマ好きは外せない、テレビの見逃し配信や高画質も魅力の動画配信サービス

2017-02-19 11:12

「Hulu」レビュー:海外ドラマ好きは外せない、テレビの見逃し配信や高画質も魅力の動画配信サービス

映画やドラマ、アニメなどを見放題で、また高画質な映像で楽しみたいという人におすすめしたいのが、動画配信サービスの「Hulu(フール―)」です。筆者の家では約2年ほどHuluを視聴してきました。今回はHuluに加入してよかった点や、気になった点などを中心にレビューしてみました。

どれがいい? 定額制の動画配信(見放題)サービスの比較と選び方

話題の海外ドラマをほぼカバー

Huluに加入したきっかけは、無料体験で満足したというありきたりな理由です。しかし、映画好き、海外ドラマ好きだった我が家が、「WOWOW」+「スカパー!」ときどきレンタルビデオというライフスタイルから、見放題の動画配信サービスの利用へと切り替わるのは当然の流れだったと思います。映画やドラマを見るのに、毎月4000円近くかかっていたのが、たった933円(税別)で済んでしまうという割安感に強く惹かれたのを覚えています。

とはいえ、Huluは最安値のサービスではありません。国内にはもっと安いサービスも高いサービスもあり、月額933円というのは定額制の動画配信サービスの月額料金としては標準的な価格帯です。それでもほかのサービスに乗り換えなかったのは、配信されているコンテンツに魅力を感じていたからにほかなりません。

Huluといえば海外ドラマ、海外ドラマを見るならHuluというイメージの通り、最新のドラマから過去のタイトルまで幅広いラインナップ。何年も継続して制作されているドラマはシーズン1から見始めることができ、終了しているドラマなら最終話まで見ることもできます。レンタルしなかったものの、Huluで見始めてファンになったという作品にも多く出会うことができました。

Hulu フールー

Huluのみで独占配信されるコンテンツもたくさんあります。アメリカで圧倒的な人気を持つ放送局のHBOが制作したドラマを見ることができるのはHuluだけです。また「FOXチャンネル」のリアルタイム配信では、本国での放送とあまり変わらないタイミングで「ウォーキング・デッド シーズン7」の最新話が配信されています。話題になっている海外ドラマを見たいなら、Huluでほぼカバーできるはずです。

詳しいラインナップ:Hulu(フールー)

テレビ番組の見逃し配信やアニメも充実

海外ドラマ以外の作品もたくさんあります。親会社の日本テレビのコンテンツをはじめ、在京6局すべてのコンテンツが視聴できます。見逃し配信では、放送中のドラマやアニメがオンエアから1週間ずらして配信されていますので、1話目を見逃しても(よくあることですが)、Huluで見逃した分の放送をチェックできるのが便利です。またドキュメンタリーをはじめとする自然科学ものも数多く配信されていて、好きな人は楽しみが尽きません。

「キッズ」というカテゴリが用意されていることからも分かるように、子ども向けの番組もとても充実しています。アニメや特撮番組、知育番組などが集められており、かつて子どもだった大人も喜ぶラインアップです。当時親しんだ名作をお子さんと一緒に楽しんでもよいし、子どもの頃に見られなかった番組を存分に楽しむこともできるでしょう。

Hulu フールー

キッズカテゴリ。初期のウルトラマンシリーズをはじめ、アニメや特撮ものが揃っている

新作か旧作か、それが問題だ

ドラマやアニメに強いHuluですが、映画は好みが分かれるかもしれません。映画タイトルそのものはジャンルに偏りがなく、本数も多いのですが、新作映画はほとんど配信されません。Huluにはレンタル(ペイパービュー:PPV)がないので、新作が見たければレンタルビデオや他の配信サービスでPPVを利用するしかありません。

もっとも、新作ではなく旧作が見たいなら評価は180度変わるでしょう。黒澤明や小津安二郎、ヒッチコックといった古典作品をはじめ、昭和から平成にかけて放送された特撮物やアニメなど幅広いラインアップです。いわゆる名作ものが多いので、過去の作品を見返したい人は小躍りしたくなるかもしれません。

また映画に関しては、月2回、全部で50本以上の作品が入れ替わりで配信されます。「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」「オーシャンズ13」のように、シリーズがまとめて追加されることも多く、見逃していた作品を見るよい機会になります。

Hulu フールー

リアルタイム配信では「FOXチャンネル」「ナショジオ チャンネル」「Baby TV」などもある

残念ながら、スポーツ番組や音楽番組は少ない印象です。Huluのリアルタイム配信には「スポーツ & ミュージック」というカテゴリが用意されていますが、配信は不定期です。直近では12月8日から開催される「Alibaba E-Auto プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ2016」の全試合がリアルタイムで配信されましたが、スポーツや音楽に関しては常に配信されているのではなく、特別なイベントの時に配信されるイメージととらえてよいでしょう。

テレビでもDVD以上の高画質で楽しめる印象

Huluが便利だと感じるのは、様々な機器に対応している点です。PCやスマホ、タブレットのほか、Apple TVやChromecast、Amazon Fire TV Stick、そしてPlaystation 4などのゲーム機に対応しています。セットトップボックスやゲーム機を経由して大画面のテレビで楽しめるのは、Huluの大きな特徴です。

Hulu フールー

対応デバイスも多くをサポート(2017年2月に一部デバイスのサポートが終了します)

ところで、大画面のテレビで見る時に重要なのは画質です。この点、HuluではすべてのコンテンツがHD(720p)の画質で見られます。古い作品もHD画質にコンバートされていますので、YouTubeなどで見るより断然きれい。テレビで見た時は、DVDで見るより高画質に感じることが多いです。古い作品をテレビで見返したい人には重要なポイントでしょう。

Hulu フールー

アプリ(iOS/Android)からスマホ単体でコンテンツを見たり、Chromecastでキャストするのに利用

英語字幕付きで見られる作品も

このほか地味に便利なのが、英語字幕で見られる点です。すべてのコンテンツが対応しているわけではありませんが、「英語字幕」で英語字幕を表示できるコンテンツを探すことができます。語学の学習に役立ちそうです。

Hulu フールー

「英語字幕」というメニューを選択すると、字幕表示に対応するコンテンツを表示できる

またお子さんがいる家庭向けに、キッズロック機能が用意されています。Huluを利用することで、暴力的な映像を目にする機会が増えるのではと不安に思う時は、キッズロック機能をオンにするとキッズカテゴリ以外表示されなくなります(現在iPadシリーズでのみ利用できます)。

Hulu フールー

iPadを利用する場合はキッズロック機能が利用できる

最後に敢えてHuluの弱点を挙げるなら、コンテンツの詳細情報が少ない点でしょうか。検索機能では監督や俳優を入力して作品を検索することはできます。しかし、作品の詳細情報はあらすじのみで、監督や出演者の情報がほとんどありません。作品の世界をより楽しむために、詳細情報はもっと充実してほしいと感じます。

まとめ

Huluは、レンタルビデオ3~4本の値段で、3万を超えるコンテンツが見放題です。追加料金は一切かかりません。レンタルビデオなら、たまたま借りた映画がつまらなかったりするとショックを受けますが、Huluならまったく気にならないでしょう。返却の手間や延滞の心配もありませんから、自分のペースで見ることができるのも、動画配信サービスならではです。

動画配信サービスを選ぶ最終的なポイントは、見たいコンテンツがあるかどうかという点に尽きます。上述のとおり、海外ドラマやテレビ番組の見逃し配信、名作系のラインナップは充実しています。Huluには2週間の無料試用期間がありますので、迷っている人はまずは自分好みのコンテンツがあるかお試しで検討してみましょう。

詳しくはこちら:Hulu(フールー)