要注意、「Twitter足跡解析ツール」スパムが流行 怪しい連携アプリを見分けるコツとは?

2017-04-21 12:05

要注意、「Twitter足跡解析ツール」スパムが流行 怪しい連携アプリを見分けるコツとは?

Twitterの連携アプリによるスパムツイートが消える日はやってくるのでしょうか?

2017年4月20日ごろから増えているのが「Twitter足跡解析ツール Ver.2.01」なる連携アプリによるスパムツイートです。

Twitter足跡解析ツール Ver.2.01

リアルタイム検索の結果(Yahoo! Japan)

この連携アプリを認証したユーザーは、連携アプリによって「フォロワー意外の人にけっこう自分のツイッター見られてるのなかなかこわくない? Twitter足跡解析ツール Ver.2.01」と短縮URL付きのツイートを勝手に投稿されてしまい、連携アプリ認証に誘導する短縮URLからさらに被害が拡大する図式となっています。

連携してしまった心当たりのある人は、下記記事を参考に連携を解除することをオススメします。

【最新】Twitter乗っ取りの対処法、スパムを勝手にツイートする不審なアプリを確認して連携解除する方法【iPhone/Android/PC】

怪しい連携アプリを見分けるコツ

まず確認しておきたいのは、スパム行為をおこなう悪質な連携アプリとその他の普通の連携アプリを”確実に”見分けるのは困難であるということ。というのも、連携アプリを認証する画面には、スパムか否かを判断できる要素が少ないためです。

Twitter足跡解析ツール Ver.2.01

Twitter足跡解析ツール Ver.2.01

しかし、ユーザー側で対策できる部分もあります。対策のひとつとして重要なのは、Twitterの連携アプリが利用できる機能を確認し、その機能によって連携アプリの名称や説明に書いてある効果を得られるかどうかを考えてみることです。

今回の「Twitter足跡解析ツール Ver.2.01」の場合、この連携アプリは「Twitter訪問者を解析できます」と主張していますが、連携アプリの認証画面において「このアプリケーションは次のことができます。」として挙げられている機能は以下の4つだけです。

  • タイムラインのツイートを見る。
  • フォローしている人を見る、新しくフォローする
  • プロフィールを更新する。
  • ツイートする。

冷静に考えてみると、Twitterが第三者のサービスに提供している上記機能によって、フォロワー以外のユーザーによる閲覧履歴(足跡)を解析できるようには思えないでしょう。このように「(認証画面に書いてある)連携アプリができること」と「連携アプリができると主張していること」の差を比べてみると、明らかなスパムには引っかかりづらくなるでしょう。

ちなみに、よく「スパムを止めるためにパスワードを変更しなければならない」という誤解が見受けられますが、パスワード変更はスパム対策には効き目がありません。そもそもTwitterの連携アプリには、ユーザーのメールアドレスやパスワードを見る権限を与えられないからです。

最近では「あなたのLINEをブロックしている人を調べられます」というTwitter連携アプリも

このようにスパムを見分けるコツを会得しておけば、次のような連携アプリに騙されることはなくなるでしょう。

LINEブロックチェックβ

LINEブロックチェックβ

この連携アプリの何がおかしいのか、前述の解説を読んだ人であれば判断できるはずです。

LINEで「ブロック」したら/されたらどうなるか、確認方法の最新まとめ