これって正確? Twitterに取得されている自分の「興味関心」がわかる新機能

2017-05-19 12:07

Twitterから取得した興味関心

Twitterユーザーは普段、何気なくTwitterを使いつつ、さまざまなサイトを閲覧したり、他のウェブサービスを利用したりしています。その一方で、Twitter社はユーザーの興味関心をどの程度把握しているのでしょうか。

Twitter:Twitterから取得した興味関心

Twitterから取得した興味関心

色々と論点があるところではありますが、本記事ではTwitter社が割り出したユーザーの興味・関心を確認する方法に絞って概要を解説します。自分がどのようなユーザーだと思われているのかが分かって面白いかもしれません。

前提:プライバシーポリシー改訂とデータコントロール機能の刷新

Twitterは2017年5月18日、プライバシーポリシーを改訂するとともに、ユーザーのプロフィールや行動履歴などに関するデータをユーザー自身でコントロールできる機能を刷新しました(2017年6月18日以降にTwitterを利用すると、新プライバシーポリシーに同意したものとみなされます)。

新しいデータコントロールとプライバシーポリシー | Twitter Blogs

ざっくり言えば、今回の施策の目的は、Twitter社の利益を広告収入によって最大化することと、ユーザーのプライバシーを保護することのバランスを調整するためのものです。しかし、Twitterアプリを起動すると、突然「Twitterのプライバシーポリシーを更新します」といった画面が表示され、パーソナライズされた広告を表示するための各種設定がデフォルトで有効化されているため、困惑するユーザーが少なくないようです。

Twitter:カスタマイズとデータ

過去に設定を変更したことがないユーザーの「カスタマイズとデータ」画面

もし自分の行動履歴などによって広告表示が最適化されることを可能な限り拒否したければ、公式アプリ(iOS/Android)では[設定とプライバシー]→[プライバシーとセキュリティ]→[カスタマイズとデータ(Personalization and data)]で「カスタマイズとデータ」画面に移動し、気になる設定をオフにできます。

Twitter:設定とプライバシーTwitter:プライバシーとセキュリティTwitter:カスタマイズとデータ

ウェブ版では[設定とプライバシー]→[プライバシーとセキュリティ]と移動し、「カスタマイズとデータ」の項目で[編集]をクリックすれば「カスタマイズとデータ」画面に移動できます。

Twitterに取得されている自分の興味・関心を確認する方法

では、Twitterに取得されている自分の興味・関心を確認してみましょう。ここではiOS版アプリで解説しますが、Android版でもほぼ同じです。ウェブ版も同じ要領で確認できます。

まず、前述の方法で「カスタマイズとデータ」画面に移動してください。

Twitter:Twitterデータを見る

すると、画面最下部に[Twitterデータを見る]というメニューがあるので、これをタップします。

ウェブ版では設定画面の左側にあるメニューに[Twitterデータ]があるのでクリックすればOKです。

Twitter:Twitterデータ

「Twitterデータ」画面に移動すると、最初に[プロフィール]タブが表示されているはずです。続けて[データ]タブに移動。[データ]タブでは、セキュリティやプライバシーを守る上で非常に重要な情報が集約されています。ここで「Twitterから取得した興味関心」の[編集]をタップします。

Twitter:Twitterから取得した興味関心

これで「Twitterから取得した興味関心」画面に移動できました。

興味・関心がないジャンルが表示されている場合、チェックを外しておくとよいでしょう。広告表示の最適化に役立てられるはずです。