Google Reader 終了後にユーザーが急増しそうなRSSリーダー「Feedly」 #Android #iPhone

2013-04-25 17:56
記事タイトルとURLをコピーする
Feedly-Android-iPhone

おすすめのポイント

  • Google Reader に登録したサイトを Feedly に簡単に移行できる
  • 主要ブラウザ向けのプラグインを利用することで、PC等からも利用可能
  • 登録したカテゴリ・項目ごとに最新情報が届く仕組み

Android・iPhoneアプリ レビュー

必要な情報を効率よく収集する手段としてRSSリーダーを活用する人は少なくない。なかでも、他サービスとの連携のしやすさを特徴に打ち出す「Google Reader」を愛用する人は多いはず。

Google Reader はRSSリーダーの「デファクトスタンダード」。しかし残念なことに、Google Reader は2013年7月にサービスを終了する予定となっているのだ。

そこで、今から代替アプリを探しておきたい。Google Reader ユーザーならば、操作や機能ができるだけ近いものを選びたいだろう。そこでおすすめなのが「Feedly」だ。

登録済みのサイト情報を引き継ぎ可能

Feedly トップ

最大の売りは、Google Reader との親和性。Google Reader に登録したサイトを Feedly に簡単に移行できる。Feedly から Google のアカウントを使ってログインすれば、登録済みのサイト情報をそのまま引き継ぎ可能だ。Feedly を使い始める際、サイトを一つずつ登録し直す手間はかからない。

ブラウザと連携する点も Google Reader に似て映る。Firefox や Chrome、Safari といった主要ブラウザ向けのプラグインを用意。これらを適用すれば、PCやタブレット等のブラウザからサイトを Feedly に直接登録できる。ブラウザを使って気になるニュースサイトを Feedly に登録し、後でスマートデバイスを使って収集したニュースをチェックするといった使い方が可能になる。

Feedly 一覧

使い方はシンプル。登録したカテゴリ・項目ごとに最新情報が届く仕組みだ。メニューをフリックすれば、記事を参照可能。未読ニュースを識別する機能を備え、最新記事の読み忘れを防ぐよう配慮する。

多言語対応のため、初回起動時には日本語以外の記事が表示されてしまうが、日本語サイトや関心の高いテーマを登録するなどしてカスタマイズすれば、気になる記事だけを集約できるようになるはずだ。

そのほか、TwitterやFacebookといったSNSにサイト情報を投稿したり、Webサイトに「しおり」を付けたりする機能なども備える。