どれがおトク? DAZN(ダゾーン)の料金プランと注意点【for ドコモ/dTVセット割/年間視聴パスなど】

2018-04-11 18:08

どれがおトク? DAZN(ダゾーン)の料金プランと注意点【for ドコモ/dTVセット割/年間視聴パスなど】

年間7500以上ものスポーツ中継はじめ、見逃し配信や選手インタビューといった関連番組など、豊富なオリジナルコンテンツを配信する「DAZN(ダゾーン)」。スポーツ観戦には欠かせない存在となってきていますが、実は料金プランが複数あり、どれに加入すればおトクなのか、全体像や選び方がわかりにくいところがあります。

そこで本記事では、現在DAZNで提供されている料金プランや支払い方法、無料体験などの情報を整理してまとめました。

どれがおすすめ? 定額制の動画配信(見放題)サービスの比較と選び方

DAZN(ダゾーン)とは

DAZNは、イギリスを拠点とするパフォーム・グループが2016年に立ち上げた動画配信サービスです。サッカーや野球、テニス、バスケットボール、格闘技、F1をはじめ、多様なジャンルのスポーツ中継に特化し、国内外130以上のリーグ戦など年間7500以上の試合をライブ配信しています(もちろん見逃し配信もあり)。

なかでも充実しているのが、サッカー中継の配信です。2017年にJ1・J2・J3の放映権を独占し、Jリーグのリーグ戦を配信できるのはDAZNのみとなっています。これに加え、欧州サッカー5大リーグのすべて(プレミアリーグ、ブンデスリーガ、ラ・リーガ、セリエA、リーグアン)を配信。少なくとも国内でサッカーを見るなら不可欠といえるサービスになっています。

DAZN 料金

プロ野球コンテンツについても大幅に強化。サービス終了となるスポナビライブからのコンテンツ承継もあり、2018年シーズンから11球団の全主催試合、つまり巨人の主催試合以外はすべて配信されるようになりました。

対応端末はiPhone、iPad、Androidスマホ・タブレット、Amazon Fire タブレットをはじめ、Fire TV(Stick)、Chromecast、Apple TV、PlayStation等ゲーム機でのテレビ視聴、各種スマートテレビと幅広くカバーしています。

DAZNの料金体系と支払い方法

これだけのプログラムをそろえながら、視聴料金は定額で個別課金のコンテンツは一切なしというのも魅力です。料金プランは大きく「DAZN」と「DAZN for docomo」の2種類に分けられます。また、他サービスとのセット割や、特殊な割引プランも用意されます。

プラン 料金
DAZN 月額1750円
DAZN for docomo(ドコモ利用者向け) 月額980円
 DAZN+dTV 月額1280円 ※1
 DAZN+dTV+dTVチャンネル 月額1760円 ※2
 DAZN+ひかりTV for docomo 月額3280円 ※3
DAZN年間視聴パス 年額1万9250円(実質11カ月分の料金) ※4
スポナビライブからの特別割引プラン 月額980円

※1:ドコモの回線契約がない場合は月額2050円
※2:ドコモの回線契約がない場合は月額3030円
※3:ドコモ利用者でひかりTVの2年割適用時の料金。通常は月額4280円。ドコモ回線契約がない場合は月額5550円
※4:原則、各Jリーグクラブのシーズンパス購入者やファンクラブ会員向けに指定期間のみの販売

基本プラン「DAZN」

基本プランとなるのが月額1750円(税別)の「DAZN」です。支払い方法にはクレジット(デビッド)カード、Apple IDまたはAmazonアカウント、DAZNチケット払いの3種類があります。

2016年当時はカード支払いのみでしたが、その後iTunesアカウント、Amazonアカウントでの登録が可能になり、それに準じた支払い方法(銀行振込やコンビニ決済など)も選べるようになりました。ただし、iTunesアカウントで登録した場合は、Appleの金額設定に関する規定により月額1760円(税別)になる点に注意しましょう。

さらに2018年2月19日から、新たに「DAZNチケット」が導入されました。このチケットは全国のコンビニで購入できます。チケットに記載された専用コードをDAZN上で入力することで、支払いがおこなわれるという仕組みになっています。

詳しくはこちら

NTTドコモ利用者向け「DAZN for docomo」

DAZN 料金

月額980円(税別)のプラン「DAZN for docomo」もあります。これは、NTTドコモ利用者(FOMAもしくはXiの契約とdアカウントが必要)に限り、おトクにDAZNを利用できるプランです。

ドコモユーザーがこれを知らずにDAZNの基本プランに登録すると、毎月770円も損をすることになりますから特に注意してください。支払いは、毎月のドコモの携帯電話料金にDAZN利用料として980円(税別)が加算される形でおこなわれます。

詳しくはこちら

その他の割引プラン(セット割・年間視聴パス等)

DAZNでは、月額料金がお得になる特別割引プランがあります。もちろん誰もが利用できるわけではなく、他のサービスに加入するなど特別な条件がありますので、以下で紹介します。

DAZN+dTV/dTVチャンネル/ひかりTVとのセット割

DAZNへの加入時に、動画配信サービスの「dTV」や「dTVチャンネル」、「ひかりTV」にも加入すると、お得なセット割引が適用されます。

DAZN 料金

DAZNとdTV、またはDAZNとひかりTVのいずれかのセットプランに加入すると、月額200円が割引されます。またDAZNとdTVとdTVチャンネルのセットプランに加入すれば、月額500円お得になります。

このプランを利用すると、たとえばドコモ利用者がDAZNとdTVを利用しても月額1280円。これはDAZNの基本プラン1750円よりも安価ですから、スポーツだけでなく、映画やドラマ、アニメなどのコンテンツも見たいというドコモ利用者にとっては、非常に魅力的な内容といえるでしょう。

NTTドコモ

DAZN年間視聴パス

Jリーグクラブが販売する「年間視聴パス」を利用すると、11カ月分の料金(1万9250円・税別)で12カ月間、DAZNを視聴できます。ただしDAZN for docomo契約者、または支払いでAppleアカウントの利用者は、年間視聴パスの対象外となります。

DAZN年間視聴パスについて - DAZN

年間視聴パスは、各Jリーグクラブの窓口(オンラインショップなど)で指定された販売期間に購入することになります。原則、シーズンパス購入者やファンクラブ会員向けとなり、売上の一部はクラブの強化費に充てられます。購入者特典として、クラブ指定の店舗で使えるクーポン券やオリジナルグッズがもらえます。

スポナビライブからの特別割引プラン

ソフトバンクが提供している「スポナビライブ」の利用者がDAZNへとスムーズに移行できるよう支援するプランです。

DAZNと同様のスポーツ中継を配信してきたスポナビライブは2018年2月13日に新規申込の受付を終了し、5月31日にサービスを停止することになりました。これに伴い、現在スポナビライブの月額プランを利用中の人に限って、月額980円でDAZNを利用できるというプランが提供されています。

なお、プロ野球などスポナビライブで提供されてきたコンテンツ(一部を除く)はDAZNで視聴できるようになります。ソフトバンクから届くメールに記載のアクセスコードを適用することにより、特別割引プランでの登録がおこなえます(詳細は下記参照)。

スポナビライブからDAZNへ移行されるお客様へ - DAZN

DAZNの無料体験(期間)と注意点

DAZN 料金

DAZNとDAZN for docomoには、初回限定で利用できる31日間の無料お試しキャンペーンがあります。たとえば2018年5月1日に登録すると、5月31日まではすべてのコンテンツを無料で視聴できます。6月1日に初めて課金され、その後も解約しない限り毎月同額を支払うという仕組みになっています。

もちろん、31日以内に退会手続きをすれば料金は一切請求されません。さらに、無料期間の途中で退会しても残りの期間もそのまま視聴できるため、退会忘れが心配な人は先に手続きだけしておいても、安心して丸々1カ月の無料体験を試せます。

無料体験はこちら
無料体験はこちら