圧倒的な迫力のベゼルレスデザイン、「Galaxy S8」をレビュー【ドコモ・au 2017年夏モデル】

2017-06-14 18:01

圧倒的な迫力のベゼルレスデザインで注目、「Galaxy S8」をレビュー【ドコモ・au スマホ 2017年夏モデル】

Samsungのフラグシップモデル「Galaxy S8」シリーズが発売されました。額縁をギリギリまで細くし、本体サイズに対して画面を極端に大きく設計したデザインには圧倒されます。さらに大画面の「Galaxy S8+」も同時に登場しています。

Galaxy S8シリーズは、NTTドコモとauからリリースされているキャリアのみで購入可能な機種です。最近はSIMフリースマホが人気ですが、キャリアでしか手に入らない上位モデルのAndroidスマホもやはり魅力的です。本記事では「Galaxy S8」についてレビューします。

カメラが注目の「Xperia XZs」をレビュー

ハイパフォーマンスなIGZO液晶が魅力、「AQUOS R」をレビュー

コンパクトなのに圧倒的な大画面デザイン

スマホでは狭額縁のデザインが流行中です。実は、テレビやパソコンなどにも同様に流行しており、画面をできる限り大きく配置した設計がトレンドになっています。

これまでのスマホは左右の額縁(ベゼル)を狭くしたモデルが主流でしたが、Galaxy S8は上下の額縁も狭くしています。写真をご覧いただくとわかるように、従来のスマホとは一線を画するデザインで、画面がとても大きく新鮮に感じます。

本体サイズは高さ149×幅68×厚さ8mmとコンパクトなのに、ディスプレイサイズは5.8インチもあります。ちなみに、iPhone 7は138.3×67.1×7.1mmです。比較すると横幅はほとんど変わりませんが、代わりに高さは1cmほど長くなっています。この程度のサイズ差で、iPhone 7の4.7インチに対して、Galaxy S8は5.8インチもの大画面ディスプレイを搭載しています。

また、かなりコンパクトなHUAWEI P9(145×70.9×6.95mm)と比べても、遜色のないサイズであることがわかります。HUAWEI P9はディスプレイが5.2インチなので、やはりディスプレイサイズには大きな差があります。

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

左のHUAWEI P9と比較すると、やや縦長ながら画面が極端に大きなことがわかる

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

HUAWEI P9と重ねた状態。サイズ感はほとんど変わらないが、Galaxy S8のほうが大画面だ

美しい有機ELディスプレイ、細長い画面も新しい

Galaxy S8は前モデルのGalaxy S7 edgeなどと同様、画面の左右がアールを描いた独特の形状をしています。「エッジスクリーン」と呼ばれる、Galaxy Sシリーズの特徴的なディスプレイです。

また単に狭額縁なだけでなく、ディスプレイの縦横比が従来のスマホと違っています。一般的なスマホは縦横比が16対9になりますが、Galaxy S8は18.5対9とより細長く、この縦横比によってスリムな大画面を実現できているわけです。

ブラウザなどでより広いエリアが表示できるほか、Android 7.0からサポートされている2画面を同時表示できるマルチウィンドウ機能も使いやすくなっています。ただし、アプリによっては画面に無駄なスペースが表示されます。4対3など従来の縦横比の写真を表示しても、無駄なスペースができてしまいます。

ディスプレイは液晶ではなく、有機EL(QHD+ Super AMOLED)を採用しています。発色の良さやくっきりさ、黒の締まりなどは液晶と比較にならないほどきれいです。斜めから見てもほとんど暗さを感じないのが素晴らしいところ。これからの高級スマホは、多くが有機ELを採用するはずです。

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

ディスプレイの左右がアールを描く、お馴染みのエッジスクリーンを採用している

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

斜めから見ると、奥のGalaxy S8のほうが明るいことがわかる

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

縦長のディスプレイは、画面を2つ表示するマルチウィンドウで便利に利用できる

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

左のHUAWEI P9と比べると、表示エリアの差が明確だ

すばらしい質感の本体で満足して使い続けられる

本体の質感はとても上質で、背面は前モデルと同様にガラス製です。特殊なミラー仕上げで、キラキラと美しく光を反射します。ただし、かなり滑りやすいので、持ち歩きには注意が必要です。本体サイドの金属も質感と仕上げがよく、満足して使い続けられるはずです。

指紋センサーは背面に設置されており、左手で持つと人差し指の位置になります。右手で持つ人も、本体がさほど大きくないので無理なく指が届くでしょう。充電などに利用するコネクターには、最新のUSB Type-Cを採用しています。また、オーディオはハイレゾに対応し、AKGブランドのイヤホンが付属します。

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

背面は特殊なミラー仕上げのガラスとなっている

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

角度を変えると光の反射が変化して表情が変わる

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

本体側面の金属の仕上げも完成度が高く、ケースにしまうのが残念なほど

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

ケーブルはUSB Type-Cで接続する

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

ホームボタンは物理ボタンでなくソフトウェア(画面内に感圧センサー対応のホームボタンを配置)なのでカスタマイズも可能

カメラは十分なクオリティ、暗所撮影やセルフィに優れる

メインのカメラは12.2メガピクセルで、F1.7の明るいレンズを採用しています。また、インカメラも8メガピクセルで、同じくF1.7と明るく、さらにオートフォーカスを搭載しています。Galaxyシリーズでは初搭載のインカメラオートフォーカスですが、素早く顔を認識し、ピントを合わせてくれるので重宝します。

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

カメラはほとんど出っ張りを感じさせず、デザイン性に優れている

iPhone 7 Plusとカメラの画質を比較してみましたが、どちらも十分に美しく、誰しもが満足できるはずです。暗い場面で撮影した写真を比較すると、若干Galaxy S8のほうが美しく感じました。逆に被写界深度エフェクトは、iPhoneのほうが自然に仕上がっています。いわゆる自撮りは、オートフォーカスを搭載したGalaxy S8が写しやすいと感じるでしょう。

どちらのカメラも120点を付けられます。ここまで来ると、もはやカメラの画質の進化では買い換えの動機になりにくいかもしれません。

Galaxy S8 ドコモ au レビュー AndroidスマホGalaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

左:Galaxy S8で撮影、右:iPhone 7で撮影。暗いシーンでの撮影は、Galaxy S8のほうが美しい色合いで撮れた

Galaxy S8 ドコモ au レビュー AndroidスマホGalaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

左:Galaxy S8で撮影、右:iPhone 7で撮影。明るい公園で撮影した写真は、どちらも十分に美しく大満足

Galaxy S8 ドコモ au レビュー AndroidスマホGalaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

左:Galaxy S8で撮影、右:iPhone 7で撮影。被写界深度エフェクトで撮影すると、iPhoneのほうが自然にぼけている印象

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

Galaxy S8の画面の縦横比に合わせると、こんなに細長い写真を撮ることもできる

Galaxy S8 ドコモ au レビュー AndroidスマホGalaxy S8 ドコモ au レビュー AndroidスマホGalaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

Galaxy S8はマニュアルでの撮影が可能なので、同じシーンでもこれだけ明るさを変えられる

トップクラスの性能と充実のセキュリティ機能

総合的な性能を測定するベンチマーク(Antutu)を計測してみましたが、スコアは文句なしで、Androidスマートフォンの中では1、2を争うほどです。iPhone 7にはやや及びませんが、それでも十分以上の成績と言えるでしょう。この性能なら2~3年は満足して使えます。ストレージも64GBなので余裕があります。

感心したのがセキュリティ関連の機能です。一般的な指紋センサーに加え、顔認証、虹彩認証を搭載します。虹彩とは、瞳のパターンを認識する仕組みです。もはや指で触れる必要すらなく、顔を向けるだけでログインできるのはとても楽です。

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

セキュリティは顔、指紋、虹彩と3つの認証方法に対応している

Galaxy S8 ドコモ au レビュー Androidスマホ

ベンチマークも大満足のスコアに

まとめ

Galaxy S8は2017年夏モデルでは間違いなく注目の1台ですが、より大画面のGalaxy S8+に比べると、バッテリー容量が少なくなる点(S8:3000mAh、S8+:3500mAh)だけが残念です。なお、NTTドコモのモデルでは、Galaxy S8+のみがPREMIUM 4G(最大788Mbps)の通信に対応しています。大きさが気にならない人には、Galaxy S8+もおすすめです。

防水、テレビ(ワンセグ/フルセグ)、おサイフケータイのいわゆる三種の神器にも対応しているので、現在利用中のスマホからも安心して乗り換えられます。価格はドコモモデルの一括払いで9万3960円と高価ですが(auモデルでは一括9万720円)、ディスプレイや性能を考えれば、その価値は十分にあるといえるでしょう。

※価格やスペックなどの詳細はこちら

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

構成・文:戸田覚

編集:アプリオ編集部