山﨑賢人×門脇麦、腹黒ホストと謎のキス女が辿る運命のループ──ドラマ『トドメの接吻』

2018-02-09 19:29
記事タイトルとURLをコピーする

山﨑賢人×門脇麦、腹黒ホストと謎のキス女が辿る運命のループ──ドラマ『トドメの接吻』

身体はそのままで、意識だけが時間を超えるタイムリープ。ある日の会話や出来事が同じように繰り返されるとしたら。あなたは何をして、そして何をせずに過ごしますか。

「キスなんて所詮ただの道具だ。偽りの愛を振りまいて俺は成り上がる」。愛にコンプレックスをもつ、自他ともに認める「クズ」の歌舞伎町No.1ホスト。金と権力の亡者がタイムリープできるチャンスを手に入れたら、一体どこを目指すのか。死のキスに孤独な運命を託した、ある男の生と死の物語が幕を開けました。

ドラマ『トドメの接吻』は、金が命の狡猾なホストが、キスで相手をタイムリープさせてしまう能力をもった女と出会い、「死のループ」に巻き込まれるラブ・サスペンスです。

女を金づるとしか思っていない主人公・旺太郎が社長令嬢に狙いを定めた夜、突然現れた真っ赤な口紅の女。まさかの強引なキスで急死した彼を待っていたのは、なんと7日前の世界でした。

山﨑賢人×門脇麦、腹黒ホストと謎のキス女が辿る運命のループ──ドラマ『トドメの接吻』

「あいつのキスは使える」と、したたかな旺太郎が描く、タイムリープを利用した自分に有利な形勢図。そこまでして成り上がろうとする彼には、忘れられない悲しい過去がありました。その過去と思いもよらぬ形で絡んでくる、日本トップ企業の相続問題。特殊な能力をもつ女・宰子と、タイムリープの鍵を握るストリートミュージシャン・春海の謎。単独でドラマになりそうな幾つものストーリーが折り重なる贅沢な展開を、山﨑賢人、門脇麦、菅田将暉、新田真剣佑らの若手注目俳優陣が盛り上げます。

何といっても気になるのは、文句なしの爽やかイケメン・山﨑賢人が演じるホスト。クセがなく誠実そうな彼の雰囲気が、旺太郎の「クズ」は「クズ」でも「事情を抱えたクズ」さ加減を上手く表しています。「愛なんか捨ててしまえばいくらでも幸せになれる」と酷いことを繰り返す姿も、逆に「どうせなら頑張れ!」と思わされてしまうのが妙味。

謎のキス女・宰子を演じる門脇麦も最初こそ不気味ですが、殺しのキスに隠された事情が明らかになるにつれ、どんどん愛おしく感じられます。手を動かさず直立不動でちょこちょこ走る姿や、「あ、あ、あなた…」ともごもご話すかと思いきや急に雄弁になるところ、しっかりした意志を持ちながら旺太郎の押しに何気に弱いところなど、この独特なキャラクターは彼女じゃないと表現できないかも、と思わせるあたりがさすがです。

「好きも嫌いもない。キスの契約だ」。成り上がるために怖い程どんどん人を巻き込んでいく旺太郎。SF、謎解きサスペンス、人間ドラマ、ラブストーリー、いずれの要素も盛り込んだ、とにかく続きが気になるドラマです。

動画配信サービスHulu(フールー)では、『トドメの接吻』の全話が見放題です(2018年8月1日時点)。

宰子のキスの力で金と権力を狙う旺太郎、彼を待ち受ける運命とは

山﨑賢人×門脇麦、腹黒ホストと謎のキス女が辿る運命のループ──ドラマ『トドメの接吻』

堂島旺太郎・源氏名「エイト」は、歌舞伎町のホストクラブ『ナルキッソス』で人気No.1のホスト。顧客の職業や資産をリスト化し、効率よく金をむさぼり取る正真正銘の「クズ」ですが、実は雑居ビルの一室に一人で暮らし、12年前の幼少期に起こったある事故を理由に、稼いだお金が自分の手元には残らない寂しい生活を送っていました。

そんなある日、店に国内屈指のホテル王・並樹グループの社長令嬢・美尊(新木優子)が来店します。資産100億を超えるとも言われる社長のお嬢様を前に、最高の金づるを捕まえたとばかり気合が入る旺太郎。ところが店のトイレに突然現れた不気味な女(門脇麦)に、「あ、あなた、死ぬ」と無理矢理キスをされ、痙攣・呼吸困難・吐血の挙句に死んでしまいます。

しかし、目を覚ました彼の前にあったのは、7日前と全く同じ世界。動揺する旺太郎を前に繰り広げられる、記憶通りの会話や出来事。現実を軌道修正し、上手く令嬢に近づこうとする旺太郎の元に、またしても不気味な「キス女」が現れ、何度もキスされて7日前に戻ってしまう無限ループに巻き込まれます。

後輩の和馬(志尊淳)にボディーガードを依頼し、3度目のループでやっとキスを免れた旺太郎。並樹家が主催する乗馬倶楽部のパーティに紛れ込み、美尊が気乗りのしない見合いに躊躇していることを知った彼は、再び現れたキス女によるタイムリープを利用して、大胆な方法で見合いを阻止します。「もう嘘つくのやめなよ。自分の気持ちに嘘ついたって虚しいだけじゃない」。そう告げる旺太郎に少しずつ関心を抱き始める美尊。「100億ちゃん」は意外と簡単に落とせるかも……と思う旺太郎を、乗馬倶楽部のメンバーや美尊の兄・尊氏(新田真剣佑)らが警戒します。そして再び現れたキス女は旺太郎に「あなた、狙われてる。カ……」と告げますが。

なぜ旺太郎は執拗に狙われるのか。キス女・宰子の正体とは。並樹家に隠された驚くべき秘密と旺太郎との関係は。「キスの契約」は果たして旺太郎の運命をどう変えていくのでしょうか。

山﨑賢人×門脇麦、腹黒ホストと謎のキス女が辿る運命のループ──ドラマ『トドメの接吻』

「まあ、キス女にそんな力があったら、エイトを殺しに来るってゆうより、助けたことになるもんな。過去に戻れるなんて、夢だよなぁ~」と、要所要所で旺太郎に助言する、ほぼ浮浪者のストリートミュージシャン・春海を菅田将暉が好演。なかなか明かされない物語の謎を知るキーパーソンで、スピーディな展開のドラマにグッと深みをもたせる演技力は必見です。

宮沢氷魚、佐野勇斗ら人気急上昇中の顔ぶれが脇を固める贅沢なキャスティング。菅田将暉が歌うエンディングテーマ「さよならエレジー」が妙にハマる、興奮と切なさと笑いに溢れた内容凝縮の濃厚サスペンスです。

おすすめの動画配信サービスの比較と選び方