機能で違いアリ、乗換案内アプリ比較:Yahoo!乗換案内 vs ジョルダン乗換案内 vs 駅探(Android)

2016-09-25 5:37

乗換案内 アプリ

お出かけや旅行で、電車やバスなどの交通機関を利用する際に役立つのが乗換案内アプリです。

始発、終電の時刻もすぐに検索できたり、遅延情報もリアルタイムで確認できたりと、どんどん利便性が高くなっているアプリですが、数ある乗換検索アプリの中からどれを使用すればいいか迷ってはいませんか。

今回は「Yahoo!乗換案内」、「乗換案内(ジョルダン)」、「駅探」の3本を利用し、各アプリの見た目、機能面の違いを比較します。

無料でも便利に使える、乗換案内アプリおすすめ5選

検索画面と検索結果のUIを比較

出発駅と到着駅を入力して検索を行う点は各アプリとも同じですが、検索のしやすさと、検索結果が見やすくわかりやすいことが、アプリを使いやすいと感じるポイントだと考えます。ここでは、各アプリの検索画面と、検索結果を比較します。

検索画面のUIを比較

Yahoo!乗換案内

乗換検索アプリ

「Yahoo!乗換案内」の検索画面は音声検索も可能な、すっきりとしたUIです。左の画面で「標準」の項目を押すと、乗換時間を変更することができます。

初めて利用する駅の場合、「少しゆっくり」を選択しておけば、余裕を持って乗換をすることができると思います。

乗換案内

乗換検索アプリ

「乗換案内」の検索画面では「出発時刻」と「到着時刻」を指定する検索のほか、「始発」と「終電」はタップするだけで簡単に調べることができます。

時刻検索では現在時刻のほかに「+5分」と「-5分」ボタンが配置されており、スムーズな時刻設定が可能です。

駅探

乗換検索アプリ

「駅探」はシンプルで大きな文字が特徴的な検索画面です。現在時刻のほか、検索ボタンすぐ上のジョグダイヤルを回して切り替えることで「始発」「終電」を調べることもできます。

検索結果の見た目の違いを比較

Yahoo!乗換案内

乗換検索アプリ

「Yahoo!乗換案内」の検索結果には「時間順」にルートが表示され、「乗換回数順」と「料金順」に並び替え可能です。また、1本前と1本後の結果もワンタップで調べることができます。

ルート表示では「番線」が明記されているので、初めて訪れる駅でも安心して移動することができると思います。

乗換案内

乗換検索アプリ

「乗換案内」の検索結果では、オススメのルートが表示されます。矢印ボタンをタップすると、他のルートも表示できます。

ルートには路線情報と番線も表示されており、画面を下までスクロールすると、1本前、1本後の電車も検索することが可能です。

駅探

乗換検索アプリ

「駅探」の検索結果ではルートが表示され、切符、ICカードを利用した際の料金をタップひとつで切り替えて確認することができます。

画面を左右にスライドすると、ルートの切り替えも素早くすることができます。路線情報のほか、番線の情報もチェックできます。

運行情報の違いを比較

電車、バスの時刻と乗換を検索して計画的に移動しようとしても、交通機関の乱れによって思い通りにいかないこともあるでしょう。各アプリは運行情報もさっと確認することが可能ですが、その違いを比較します。

Yahoo!乗換案内

乗換検索アプリ

「Yahoo!乗換案内」は左上のメニューボタンをタップして「運行情報」をタップします。遅延等がある路線には、マークが表示されます。

乗換検索アプリ

よく利用する路線はプッシュ通知で受け取るようにすれば便利です。

乗換検索アプリ

リアルタイム検索結果では、ユーザー投稿による路線情報も確認可能です。

乗換案内

乗換検索アプリ

「乗換案内」では、トップメニューの「運行情報」をタップするだけで、運行情報を確認することができます。

鉄道、空路、航路が1画面にわかりやすく表示されます。

乗換検索アプリ

「ライブ」をタップするとユーザー投稿による路線情報も確認が可能です。

乗換検索アプリ

「運行状況・混雑度を投稿する」をタップすると、自ら投稿することも可能です。

駅探

乗換検索アプリ

「駅探」ではトップメニューの「運行情報」をタップすると運行情報の確認が可能で、周辺の路線を自動的に検索してくれます。エリア別で検索することも可能です。

乗換検索アプリ

確認したい路線をタップすると、運行情報とユーザー投稿による路線情報が1画面で表示されます。

運行情報の注意

各アプリの運行情報は、鉄道、空路、航路の運行情報がまとめて確認可能な「乗換案内(ジョルダン)」が一歩リードという印象です。

ユーザー投稿では詳細な路線情報が投稿されていることもありますが、あくまでユーザーによる情報なので参考程度に留めておくといいでしょう。各鉄道、バス会社の公式ページも合わせて確認し、効果的に運行情報機能の利用したほうがよさそうです。

機能面での違いを比較

ここまでは、乗換案内アプリのメインでもある乗換検索と、運行情報の違いを比較してきましたが、見た目と操作の違いはあるものの、どれもあまり差がないといった印象です。ここからは各アプリ独自の機能について比較していきます。

Yahoo!乗換案内

乗換検索アプリ

「Yahoo!乗換案内」には、毎日の通勤や通学に便利な「通勤タイマー」機能が搭載されています。

こちらは「通勤タイマー」アプリとして単体でリリースされていたものが、「Yahoo!乗換案内」とひとつになり搭載されたものです。

乗換検索アプリ

自宅の最寄駅と通勤、通学先の最寄駅を設定しておけば、電車の発車時刻がカウントダウンされます。

電車発車までの時間を任意にアラーム設定もできるので、毎日の通勤、通学に役立つこと間違いなしです。

乗換案内

乗換検索アプリ

「乗換案内」は、様々な施設で利用可能なクーポンを発行することが可能です。

乗換検索をした際、検索結果と一緒に周辺の施設、店舗で利用可能なクーポンが表示される場合と、トップメニューの「その他」→「ジョルダンクーポン」の順番にタップすることで、クーポンの発行が可能です。

旅行前に訪れる予定の場所のクーポンを探すと便利でしょう。

駅探

乗換検索アプリ

「駅探」はリポート機能を利用してユーザー同士による路線情報の共有に優れている点が特徴で、他にも始発、終電等の情報をLINEに投稿できることはもちろん、Twitterアカウントと連携して到着時刻を共有することも可能です。

これらは乗換検索結果画面の右上に表示されているメニューをタップし、共有ボタンをタップすることで、行うことができます。

乗換検索アプリ

メインメニューからリポートを選択すると、ユーザー投稿による路線情報が20件表示されます。お出かけの際に最寄駅の情報があるかもしれなので、参考にしてみましょう。

乗換検索アプリ

Twitterアカウントと連携すると、駅への到着時刻をTwitterへ投稿して伝えることも可能です。

まとめ

様々な乗換案内アプリがリリースされていて、目についたものを何気なくダウンロードして利用していることと思いますが、今回比較した各アプリは、機能面でそれぞれオリジナリティがありました。

通勤タイマーが搭載された「Yahoo!乗換案内」、様々なクーポンが発行可能な「乗換案内(ジョルダン)」、SNS感覚で豊富なコミュニケーション手段を用いて路線情報の共有が可能な「駅探」。ライフスタイルに合ったものを選択するといいでしょう。