今から始める「メルカリ」──招待コードで300ポイントを入手できる会員登録の手順とプロフィール設定の方法を解説

2016-09-18 20:14

メルカリを始める

3000万ダウンロードを超えたフリマアプリ「メルカリ」。すでに累計出品数2.5億品を達成し、1日に50万品以上が出品、1万円以上を売り上げたユーザー数は177万人にのぼるといいます(2016年5月末時点)。

本記事では、メルカリアプリでの会員登録とプロフィール設定の方法を解説します。

招待コード:SQDNBX(エス・キュー・ディー・エヌ・ビー・エックス)

メルカリで会員登録する方法

ここではiPhone版メルカリでアカウントを新規作成する方法を説明します。Android版でも手順はほぼ同じです。

PC版で会員登録する方法はアプリ版と全く異なるため、ここでは省略します(登録時に住所やクレジットカード情報の入力が必要)。

1アプリをインストールして起動する

まず、メルカリのアプリをスマホにインストールします。インストールが終わったら、アプリを起動してください。

無事に起動すると、メルカリに関する説明が表示されます。簡単に確認しておきましょう。

メルカリ:最初の説明

[次へ]をタップしていくか、左にスワイプしていく。

2会員登録の方法を選ぶ

メルカリでは、FacebookアカウントかGoogleアカウント(Gmailアドレス)によるログイン、メールアドレス登録の3種類から会員登録の方法を選択できます。本記事ではメールアドレス登録によって会員登録をおこなうこととしますが、FacebookかGoogleのアカウントを保有しているなら、そちらを使用したログイン(ソーシャルログイン)の方が手軽かもしれません。

メルカリ:アカウント作成は3つの方法が用意されている

Facebook/Google/メールアドレスの3択。

3ニックネームとメールアドレス、パスワード、招待コードを入力する

ここではメールアドレスによる新規登録をおこないます。ニックネームとメールアドレス、パスワードを入力し、[会員登録]をタップします。

メルカリ:ニックネーム、メールアドレス、パスワードを登録する

「会員登録」画面

招待コードの入力

この時点でメルカリユーザーである友だちがいれば、招待コードを教えてもらい、「招待コード(任意)」欄に入力することをおすすめします。メルカリのポイントを相互に300ポイント(300円相当)獲得できるからです。

ポイント獲得時の通知では「招待によりポイントを獲得しました」としか表示されないため、何らかの個人情報がお互いにバレるようなことは一切ありません。

周囲にメルカリユーザーがいない場合に備えて、筆者の招待コード(赤字部分)を再掲しておきます。招待コードを入力できるのは最初の会員登録時だけです。

招待コード:SQDNBX(エス・キュー・ディー・エヌ・ビー・エックス)

なお、App StoreやGoogle Playのレビュー欄で多数紹介されている招待コードを使用しても問題ありません。

4携帯電話の番号を入力する

「電話番号の確認」画面に移動するので、本人確認のため携帯電話の番号を入力し、[次へ]をタップします。

メルカリ:携帯電話のSMSで認証する

不正行為を防止するため、電話番号による確認が必要とされている。

5確認ダイアログが表示されるので[送る]をタップする

確認ダイアログが表示されます。電話番号が間違っていないかを確認した上で[送る]をタップします。

メルカリ:確認ダイアログで「送る」をタップする

6認証番号を入力する

SMS(ショートメッセージ)で届いた4桁の認証番号を入力し、[認証して完了]をタップします。発行された認証番号の有効期限は30分となっています。

メルカリ:SMSで認証番号が届く

何らかの理由で認証番号が届かない場合、電話で認証番号を確認したり、認証番号を再送したりすることもできる。

6プッシュ通知を許可する

認証が完了するとメルカリのホーム画面に移動し、プッシュ通知に関する確認ダイアログが表示されます。基本的には[OK]をタップしておけばよいでしょう。もし通知が気になるなら、あとでオフにできます。

メルカリ:プッシュ通知の許可

重要な通知を見逃さないように[OK]を選んだほうが無難だ。

このとき、登録メールアドレス宛に件名「【メルカリ】会員登録完了」のメールが届いているので、念のため確認しておきましょう。

プロフィール設定の方法

新規会員登録を済ませた時点では、自分のプロフィールで設定されている情報はニックネームのみとなっています。

当然のことながら、ほぼデフォルトの状態では信頼できる売り手・買い手とはみなされづらいでしょう。このことは取引相手の立場で想像すると明白です。

したがって、自分のプロフィールはきちんと設定しておく必要があります。

1自分のプロフィールをタップする

画面左上のメニューアイコンをタップするとメニューがスライド表示されるので、最上部にある自分のプロフィールをタップします。

メルカリ:プロフィール画面を表示する方法

2[プロフィール編集]をタップする

自分のプロフィール画面に移動したら、右上のメニューアイコンをタップし、[プロフィール編集]をタップします。

メルカリ:プロフィールを編集する

3プロフィールを編集する

「プロフィールの設定」画面に移動し、現在のプロフィール情報が表示されます。

メルカリ:プロフィール画像、ニックネーム、自己紹介

この「プロフィールの設定」画面は、メニューの[設定]→[プロフィール]からも表示できる。

この画面で、ニックネームと自己紹介、プロフィール画像を入力・変更します。

ニックネームを変更する

ニックネームの欄をタップし、好きな名前に変更します。

メルカリ:ニックネームを入力・変更する

ニックネームは、全角・半角問わず20文字まで入力可能。

ニックネームは他のメルカリユーザーが最初に目にする重要な情報。そのため、基本の名前にプラスして「セール中」や「購入前コメ不要」など、さまざまな追加情報を入力しておくユーザーが多いようです。

自己紹介を入力する

自己紹介の欄をタップし、自己紹介文を入力します(1000文字まで入力可能)。

メルカリ:プロフィールの自己紹介を入力

自己紹介ではメルカリでの売買の方針を明文化しておくとよい。

自己紹介はニックネーム以上に重要なアピールポイントになります。実際に売買する相手がどのような人間なのか、どういった商品を取り扱っているのかなど、取引する上で必ず参考にされる部分です。とはいえ、最初から完璧な自己紹介を完成させるのは無理な話です。メルカリを使っていくなかで、他のユーザーがどのように自己紹介しているかをチェックしてみるとよいでしょう。

なお、自己紹介は誰でも読むことができるので、本名や住所、電話番号などの個人情報を安易に入力しないようにしてください。

プロフィール画像を変更する

丸いプロフィール画像をタップすると、メルカリ内でカメラが起動し、その場でプロフィール画像を撮影できます(インカメラとアウトカメラの切り替え、フラッシュの有無を選択可能)。

端末内の写真を使用したい場合、左下の写真ボタンをタップすれば写真アプリから好きな画像を選べます。

メルカリ:プロフィール画像

写真を撮影ないし選択すると、写真を加工できる画面に移動します。編集を終えたら右上の[完了]をタップします。

メルカリ:プロフィール写真編集

プロフィール画像は相手に強い印象を与える。納得の行くまで加工しよう。

メルカリでは写真加工にAdobe傘下の画像編集サービス「aviary」を利用しているため、フィルタ加工などのさまざまな編集機能を使ってオシャレなプロフィール画像を仕上げられます。

4[変更する]をタップする

プロフィールを設定したら[変更する]をタップします。これでプロフィール編集が完了しました。

メルカリ:プロフィールを変更する

5変更後のプロフィールを確認する

プロフィール編集を終えると、自分のプロフィール画面に移動します。変更が反映されているかを確認しておきましょう。

メルカリ:プロフィール

自分のプロフィール画面