【LINE】相手に通知されてバレる? 実験機能「トークキャプチャ」の使い方 スクショせずにメッセージを保存・共有できる便利ワザが登場

2018-05-31 19:40
記事タイトルとURLをコピーする

【LINE】相手に通知されてバレる? 実験機能「トークキャプチャ」の使い方 スクショせずにメッセージを保存・共有できる便利ワザが登場

正式リリース前の新機能を実験的に試せる「LINE Labs(ラインラボ)」がiOS版LINEに追加されています(最新バージョン8.7.0で利用可能)。

試せる新機能の第一弾として登場したのが、トーク画面をキャプチャできる「トークキャプチャ」機能。本記事では、トークキャプチャ機能の特長と使い方を解説します。

検証したLINEのバージョン:iOS版8.7.0

LINEのトークキャプチャ機能はどこが便利なのか?

トーク画面のスクリーンショットを撮影して保存・共有した経験があるユーザーは少なくないでしょう。たしかに、スクリーンショットは手軽に利用できるため、トーク画面を画像化するのが容易です。しかし、トーク画面内の特定の部分だけを保存するのが難しかったり、一画面に収まりきらない長いトークを保存するためには何枚もスクショを撮らなければならなかったりと、欠点も多々あります。

iPhoneでスクリーンショットを撮る方法まとめ──無音撮影、ページ全体が撮れるアプリ、できない時の対処法まで

一方、トークキャプチャ機能では一定の範囲のメッセージをまとめてキャプチャできるので、ひとつのメッセージだけを保存したり、一画面に収まらないトークを一枚の画像として保存したりすることができます。スクリーンショットを使う場合の欠点をかなり解消されているわけです。それだけでなく、メッセージのプロフィールアイコンや名前を隠す機能や、キャプチャ画像を他のトークに送信できる機能も備わっています。「今までどおり、スクショで十分」と言わずに、一度試してみる価値はあります。

トークキャプチャ機能の使い方

トークキャプチャの基本

LINE Labs:トークキャプチャ機能

トーク画面をキャプチャするには、メッセージ(以下、メッセージAとする)を長押しすると表示されるメニューで[キャプチャ]をタップしたあと、キャプチャしたいトークの範囲を決定します(事前にLINE Labs画面でトークキャプチャ機能を有効化しておく必要あり)。

LINE Labs:トークキャプチャ機能

まず、メッセージAをタップして[キャプチャ]を選択した時点で、メッセージAだけがキャプチャ範囲に含まれた状態になります。メッセージAだけをキャプチャしたいのであれば、この段階で[完了]をタップしてください。

LINE Labs:トークキャプチャ機能

次に、キャプチャ画像を[他のトークに送信]するか、[端末に保存]するかを選択します。他のトークに送信すると、通常の画像と同様にメッセージ送信されます。

LINE Labs:トークキャプチャ機能

キャプチャした画像を別の友だちのトークルームに送信してみた

キャプチャ範囲を拡大するには

LINE Labs:トークキャプチャ機能 LINE Labs:トークキャプチャ機能

キャプチャ範囲を拡大したい場合、メッセージAをタップして[キャプチャ]を選択したあと、他のメッセージ(以下、メッセージBとする)をタップします。ここでタップすべきは、キャプチャしたい範囲の最初か最後のメッセージです。というのも、先ほどタップしたメッセージAとメッセージBに挟まれた範囲がキャプチャ対象となるためです。

さらに範囲を拡大させるには、キャプチャ範囲に含めたい別のメッセージをタップします。

LINE Labs:トークキャプチャ機能

「こんにちはー!」というメッセージをタップしてキャプチャ範囲を拡大

このときトーク画面を上下にスクロールして別のメッセージをタップすれば、画面に収まりきらないような縦に長いキャプチャ画像を保存することも可能です。

LINE Labs:トークキャプチャ機能

スクリーンショット画像から作成するのは面倒な縦長の画像でも簡単に作れる

キャプチャ範囲を縮小するには

LINE Labs:トークキャプチャ機能

キャプチャ範囲を縮小したい場合、明るくなっている部分のメッセージをタップし、そのメッセージを[開始位置]にするのか[終了位置]にするのかを選択します。効果は以下のとおりです。

  • [開始位置]を選ぶ:そのメッセージより上の部分が暗くなってキャプチャ範囲から外れる
    LINE Labs:トークキャプチャ機能
  • [終了位置]を選ぶ:そのメッセージより下の部分が暗くなってキャプチャ範囲から外れる
    LINE Labs:トークキャプチャ機能

メッセージのプロフィールアイコンや名前は隠せる

LINE Labs:トークキャプチャ機能

メッセージのプロフィールアイコンと名前を隠せる

キャプチャ時には、メッセージのプロフィールアイコンや名前を隠すオプションも用意されています。[情報を隠す]をタップするだけです。一度隠したとしても、[情報を表示]をタップすれば隠されていない状態に戻せます。

【疑問】LINEのトーク画面のスクショ撮影・トークキャプチャは相手に通知されるのか?

LINEのトーク画面をスクリーンショット撮影したり、トークキャプチャ機能によってキャプチャしたりすると、何らかの形で相手に通知されることはあるのでしょうか。

結論から言えば、スクショ撮影やトークキャプチャをおこなったところで、相手側に通知されることは一切ありません。「自分の行動がバレてしまうかも」と不安に感じていたユーザーは、今のところは安心しておいても大丈夫でしょう。

もっとも、インスタグラムの一部機能のように、スクリーンショットを撮影すると相手に通知されるような機能がLINEに実装されないとも限りません。今後のアップデート内容には注意が必要です。

【最新】インスタグラムで相手を検索するとバレるのか? 足跡がわかる機能の仕様や閲覧履歴を確認できるアプリの有無について徹底解説

LINE Labsで新機能を有効化する方法

LINE Labs LINE Labs

左:「設定」画面右:トークキャプチャを有効化

LINE Labsに追加された新機能を有効化するには、「友だち」タブの設定アイコン(歯車)をタップして、「設定」画面にある[LINE Labs]を選択し、各機能のスイッチをオンに切り替えるだけです。

なお、LINE Labsで試せる機能は実験用のものであるため、予告なしで削除されることもあります。