LINEのピン機能で特定トークをリスト上部に固定配置する方法、既存の順番並び替え機能との関係はどうなる?

2017-01-29 19:55

LINEのピン機能

iPhone版LINEには、特定のトークを上部に固定できるピン機能を実装されています。これにより、トークリスト上でトークを並び替える手段が増えました。このピン機能はAndroid版LINEだと未提供の状況が続いていますが、いつ実装されるかについては明らかでありません。

追記(2017年5月31日):Android版でもピン機能が実装されました。

LINEがアップデート、8つの新機能と変更点(iOS/Android バージョン6.4.0)

ここでは、ピン機能を使って、特定のトークをトークリスト上部に固定して配置する方法を解説します。合わせて、従来から存在したトークの順番を並び替える機能との関係についても検証してみます。

特定トークをトークリスト上部に固定配置する方法

ピン機能の使い方は、その存在を知ってさえいれば非常に簡単です。

最初にトークリスト上でリスト上部に固定配置したいトークを右にスワイプすると、ピンボタンと通知オン/オフボタンが現れます。

LINEのトークを右スワイプしてピンボタンを表示する

トークを右スワイプするとピンボタンが現れる。

あとはピンボタンをタップすれば、トークがリスト上部にピン留めされます。ピン留めの状態によって、このピンボタンの表示は変化します。

LINE ピンボタン

左:タップすればピン留めできる状態右:タップすればピン留めを解除できる状態

ピン留めしたトークは、左の丸いアイコンに青いピンマークが付くので一目瞭然です。

LINE ピンマーク

トークリストのアイコン右下に表示される青いピンマーク。

頻繁に開くトークをピン機能で固定表示しておけば、迷わず目的のトークを探し出すことができます。

ピン機能と並び替え機能との関係

トークリスト上でトークの順番を変えられるのは、新登場のピン機能だけではありません。以前から並び替え機能が提供されているからです。並び替え機能を使うと、[受信時間]か[未読メッセージ]の有無、[お気に入り]の有無でトークをソートできます。

LINEトークの並び替え基準

となると、特定のトークをピン留めした上で、さらに並び替え機能によって並び替えると、優先される基準は何になるのかが気になるところです。

たとえば、「(1)複数のトークをピン留めした上で(2)お気に入り順に並び替える」と、どのような順番でトークが並ぶようになるのでしょうか? 以下、この設例を検証してみます。

1. 複数のトークをピン留め

まず(1)複数のトークをピン留めします。

当然ですが、ピン留めされたトーク群は、ピン留めされていないトーク群より必ず上部に表示されます(そうでなければピン機能の存在価値はありません)。どのように並び替えようとも、この順番は変わりません。

LINEトークをピン留め(受信時間順)

ピン留めされている3つのトークが上に表示される。

2. トークをお気に入り順に並び替え

次に、ピン留めされているトークの友だちをお気に入りに追加します。これでトークが(2)お気に入り順に並び替えられるはずです。

実際に確かめてみると、ピン留めされたトークの中でお気に入りに追加されているトークが上部に表示されます。つまり、ピン留めされたトーク群もしくはピン留めされていないトーク群の中で、並び替え基準(受信時間・未読メッセージ・お気に入り)に従って並び替えられるということです。

LINEトークをピン留め(お気に入り順)

お気に入りの友だちとのトークが優先されて上部に表示される。ピン留めされていない下部のトークではお気に入りトークが上に表示されるようになった。お気に入りではないがピン留めされているトークは、ピン留めされていないがお気に入りであるトークよりも優先されている。

3. 同一条件下では受信時間順に並ぶ

最後に、ピン留めされていて、かつ、お気に入りに追加されているトーク群の並び方を確認します。

下記画像を見れば分かるとおり、受信時間が最近であるトークの方が上部に並べられています。よって、同一条件下での並び替え基準は受信時間が近い順になっているということです。

LINEトークをピン留め(お気に入り順)

上の2つのトークを比べると、「昨日」より「18:07」の方が上に表示されている。

まとめ

というわけで、ピン留めと並び替えの関係で優先されるのは、最優先がピン、次いでお気に入りや未読メッセージといった並び替え基準、最後に受信時間ということになります。

したがって、どうしても最上部に表示しておきたい友だちとのトークがある場合は、そのトークの友だちをお気に入りにした上で、トーク並び替え基準で「お気に入り」を選択し、そのトークをピン留めすればよいわけです。

これらの仕組みを理解しておけば、トークリストをできるだけ思い通りの順番で並び替えられるはずです。