PC版LINEでPDFやExcelなどのファイルを送信する方法

2017-02-04 3:16

PC版LINEでWordやExcelなどのファイルを送信する方法

PC版のLINEのPC版とAndroid版では、トークにおいて写真や動画など以外にも、WordやExcel、PowerPoint、PDFといった文書ファイルを送信できます。

方法は簡単。PC版LINEでファイルを送りたい相手とのトークを開いたら、メッセージ入力欄の上にあるクリップボタンをクリックします。

するとファイル選択画面が開くので、送りたいファイルを選んで[開く]をクリックします。ファイルはDropboxやOneDriveなどクラウドストレージ上のものも扱えます。

LINE PC ファイル送信

トークではこのような形で送信されます。

プッシュ通知や既読機能のあるLINEで送ることで、資料を早く、確実に相手に届けたい時に活用できそうです。

スマホ版LINEでもファイル閲覧や共有が可能

送られてきたファイルは、PC版はもちろん、スマートフォン版LINEでも受け取ることができます。ただし、閲覧・保存には有効期間(7日間)があることと、フィーチャーフォン版LINEで受信した場合はファイル閲覧できない点に注意が必要です。

LINE PC ファイル送信

トーク画面上にあるファイルの吹き出しをタップすると、[共有][ビューワーを起動][Keepに保存][削除]のメニューが表示されます(Android版の場合)。[ビューワーを起動]では、スマホに対応アプリがインストールされていれば、ファイルを閲覧することが可能です。

また、閲覧できなくても[共有]からメール添付したり、オンラインストレージ等へ共有することにより、ファイルの保存もできます(iPhone版では端末本体に直接保存できませんが、たいていの文書ファイルの閲覧が可能です)。