LINEで写真を加工・編集して送信する方法【完全ガイド】

2017-08-23 6:22

LINEで写真を加工・編集して送信する方法【完全ガイド】

LINEの写真加工といえば、光の加減や色味、もしくは写真の向きしか変えることができず、今ひとつ物足りないと感じていた人は少なくないでしょう。

そんな不満をバージョン7.3.0アップデートが一気に解消。充実した機能が追加され、幅広い編集を楽しめるようになりました。

今回は新しく追加された機能を含めて、LINEで写真を加工・編集して送信する方法を解説します。

LINE、カメラ機能を大幅アップグレード B612の人気フィルターや動画の編集などに対応

LINEで写真を加工・編集する基本手順

写真加工の流れ

LINE:トークルーム

まず、写真を送信したい友だちとのトークルームを開き、メッセージ入力欄の左にある[+]をタップします。

LINE:写真加工LINE:写真加工

直近に撮影した写真は、メニュー上部に表示されるサムネイル(横にスワイプすれば過去の写真に遡れる)から選択すると手軽。[写真/動画]をタップすれば、端末に保存されている画像や動画の一覧を参照できます。これらの中から加工したい画像を選択しましょう。

LINE:写真加工

a:フィルター、b:トリミング、c:落書き、d:テキスト(文字入れ)

任意の写真をタップすると、編集画面が開きます。編集画面の下部にあるアイコンは、左から「フィルター」「トリミング」「落書き」「テキスト(文字入れ)」を意味します。いずれかのアイコンをタップすれば、写真を加工できます。

写真を加工した後、右下にある[送信]をタップすると、友だちに加工した写真を送信できます。ここまでが写真の加工・編集から送信までの基本的な手順となります。

LINEで写真を高画質のまま送る方法、受信した画像はオリジナルサイズで保存可能

複数の写真を個別に加工して一括送信できる

複数の写真を送信する場合、一部または全部の写真を加工して送ることができます。

この点、写真の「複数選択」と「加工」は独立した過程となっています。つまり、以下のいずれの手順でも複数の写真を加工して一括送信できるわけです。

  • 写真を複数選択した後で、選択した写真の一部または全部を加工し、まとめて送信する
  • 複数の写真を加工し、その一部または全部を選択して送信する

LINEで加工した写真を複数選択して送信

キラキラした編集アイコンが付いている写真が加工済み写真。加工した写真でも選択しなければ送信されない。

選択・送信しなかった写真に加えた編集は、選択した写真の送信後に取り消されます。写真の複数選択の方法については下記記事で解説しています。

LINEで複数の写真を好きな順に並べて一括送信する方法【トーク/タイムライン】

なお、複数の写真にまとめて同じ加工を適用することはできません。

LINEで加工した写真を複数選択してGIFアニメを作成

【上級テクニック】個別に加工して複数選択し、GIFアニメを作成することもできる

写真を加工しても元画像は変化しない

今回解説している方法で写真を加工しても、その加工は端末内の写真に反映されないので、オリジナルの元画像が変化することはありません。あくまでもトークルームに投稿する写真を加工する機能に過ぎないためです。

加工後の写真を端末内に保存しておきたければ、トークルームに送信した後でトークルームに表示されている写真をタップし、ダウンロードアイコンをタップします。ただし、後述するGIFアニメーション画像に関しては例外で、作成時に端末内かLINE Keepに画像を保存できるようになっています。

LINEのKeep(キープ)機能の使い方──写真・動画・ファイル等の保存方法と見方、消し方などを解説

保存できない? LINEで受信した写真や動画の保存期限とバックアップ方法

写真にフィルターをかける

「フィルター」はコントラストの強弱を調整したり、色味を変化させたり、雰囲気をレトロに仕上げたりするなど、素人でも簡単に写真の見た目を加工できる機能です。

LINE:写真のフィルター加工

編集画面で「フィルター」アイコンをタップし、好みのフィルターをタップすれば、フィルターが適用されます。2017年8月現在、フィルターは15種類。画面に表示されていないフィルターは、フィルターの一覧を左右にスライドすれば表示されます。

写真をトリミングする/回転させる

トリミング(切り抜き)

「トリミング」は、写真の切り抜き(クロップ)をおこなえる機能です。

LINE:写真のトリミング

切り抜きの縦横比は、デフォルトで[カスタム]が選択されています。[カスタム]では、四隅にある緑の枠をドラッグして、切り抜く範囲・縦横比を決めていきます。写真はドラッグ操作で自由に動かせるだけでなく、ピンチ操作で拡大・縮小させられます。

そのほか[カスタム]以外に標準で用意されている縦横比は、[元の写真](元の写真の比率)と正方形の[1:1]、[3:4](横長画像)もしくは[4:3](縦長画像)、[9:16](横長画像)もしくは[16:9](縦長画像)の4パターンです。

トリミングをやり直したい場合は、画面上部にある[リセット]をタップ。右上の[完了]をタップすれば、加工作業が確定します。[キャンセル]をタップすると、最初の編集画面に戻ります。

回転

「横向きに撮影したと思っていた写真が縦向きで撮影されてしまっていた」といった事故は珍しくありません。そんなときは、写真全体を回転させて修正するとよいでしょう。

LINE:写真の回転

iOS版LINE

iOS版LINEでは、「トリミング」の1機能として「回転」機能を利用できます。左端の回転アイコンをタップするごとに、写真が反時計回りに90度ずつ回転します。

Android版LINE:写真の回転

Android版LINE

Android版LINEの場合、「回転」は「トリミング」機能に統合されていません。矢印アイコンをタップするごとに、写真が反時計回りに90度ずつ回転します。

写真に落書きする・モザイクを入れる

落書きする

LINE:落書き

写真にフリーハンドの落書きをするにはペンアイコンをタップします。

LINE:落書きLINE:落書き

描き込める線の色は20種類あります。カラーアイコンを、左右にスワイプして選択します。1番左のアイコンをタップすると、写真に描き込む線の太さを5段階で調節できます。

LINE:落書き

落書きは、「1本指」でおこないます。「細かい部分に線を描き込みたい」という場合は、ピンチ操作で写真を拡大します。拡大した写真を動かすときは、「2本指」でドラッグする必要があります。このとき「1本指」で操作してしまうと、意図せず線が描き込まれてしまうので注意してください。

LINE:落書きLINE:落書き

描き込みが気に入らないのであれば、画面上部の矢印アイコンをタップするだけで、ひとつ前の状態に順に戻せます。

右上の[完了]をタップすれば、描き込んだ落書きが確定します。

モザイクを入れる

LINEアプリのiPhone版(バージョン7.15.0以降)では、写真にモザイクを入れることが可能になりました。

LINE 写真 モザイクLINE 写真 モザイク

写真編集画面でペンアイコンをタップした上で、透過アイコンを選択。落書きと同様で、1本指でなぞった部分をモザイクでぼかす加工がおこなえます。

細かい部分は、2本指でピンチアウトして写真を拡大して範囲を指定できます。編集が済んだら、右上の[完了]をタップ。

LINE 写真 モザイク

元の編集画面に戻り、モザイク加工が反映されたプレビューが確認できます。

写真にテキストを入れる(文字入れ)

LINE:テキスト(文字入れ)

写真に文字を書き入れたい時には「テキスト(文字入れ)」を表す[T]アイコンをタップします。

LINE:テキスト(文字入れ)LINE:テキスト(文字入れ)

文字の色は落書き機能と同じく、20種類あります。文字色は文字の入力途中でも変更可能。入力文字が確定したら、右上の[完了]をタップし、写真に挿入します。いったん挿入した文字を変更するには、文字部分をタップしてください。

LINE:テキスト(文字入れ)

テキストは編集画面上のドラッグ操作によって自由に動かせるだけでなく、ピンチ操作で大きさと傾きを変えられます(文字入力画面では動かせません)。写真の拡大・縮小もピンチ操作でおこないますが、テキスト全体が大きい場合だと背景の写真ではなくテキストが選択されてしまうケースがあるので要注意です。

LINE:テキスト(文字入れ)

テキストを削除するには、編集画面でテキストを動かし、画面下部に表示されているゴミ箱アイコンに移動させるだけです。
 

複数の写真からGIFアニメーションを作成する

LINE:アニメGIF作成

写真選択画面で複数の写真を選択すると、左下の[GIF]が選択できるようになります。これをタップすると、選んだ順に写真が切り替わっていくGIFアニメーションを作成できます。

まず[GIF]をタップし、作成画面に移動します。

LINE:アニメGIF作成

GIF作成画面では、初期設定でのGIFアニメがループ再生される

ここで左側の縦横比を変更するボタンをタップすると、画像の縦横比を[オリジナル]か[1:1]のいずれかに変更できます。右側のスピード変更ボタンでは、画像切り替えの速さを変えられます。速さは[1倍]を基準にして[2倍][3倍]と[-2倍][-3倍]の5段階が用意されています。

GIFアニメが完成したら、[送信]をタップしてトークに投稿しましょう。作成したGIFアニメは、送信前に左下のダウンロードアイコンをタップして端末に保存することができるほか、送信後にトークルームから保存することもできます。

LINEでGIFアニメを作成・送信・保存する方法、トークで複数写真のコマ動画を送れる